白物家電ブログ

最新生活家電で暮らしをもっと快適に!

エアコン

実は知らない店員も多い!?エアコンの正しい選び方 基礎編 

更新日:

家電店の店員も意外と知らない正しいエアコンの選び方は?

今年も暑い季節がやってきましたね。エアコンが大活躍する季節です。

「電気代が安くなるっていうし、そろそろ買い替えかなぁ」
「壊れちゃったから急いで買い換えなきゃ!」

そんな方も多いでしょう。
そこで、家電店にエアコンを探しに行くと、ズラーーーっとたくさんのエアコンが並んでいるわけです。

「種類多すぎ・・どうやって選んだらいいの?」
そんな風に思うのも無理はありません。見た目が同じ様なものがたくさん並んでる上に、値段はピンからキリまであるんですから。

そこで仕方なく近くの店員さんにどれがいいのかを聞いてみるわけですよ。
こうなっちゃうと後はもう店員の言いなりですよね。
でも、それって信じていいんでしょうか?
自分で選べたらいいなと思いませんか?

そこで本日はエアコンの選び方を1から解説したいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス336

ステップ1
基本中の基本 畳数の見方

エアコン選びで一番重要といってもいいのが対応畳数の見方です。

例としてパナソニックのXシリーズを見てみましょう。

こちらの機種はカタログやメーカーページを見ると”冷房時主に10畳用”と説明があります。

ですが、これはあくまで目安というか”エアコン用語”なんです。そのまま鵜呑みにしないほうが良い言葉です。

次に能力(エアコンのパワー)を詳しく見てみましょう。

この表がエアコンの能力の解説です。

”畳数のめやす”の部分を詳しく見てみると
冷房時 8~12畳
暖房時 8~10畳
と書いてありますね。

つまりこの機種は冷房のときに8~12畳くらいの部屋でつかうといいわけ
・・・ではありません

これが最初の落とし穴というか、これもエアコン用語ですね。

この表の正しい見方は

木造(平屋・南向き・和室)の場合
冷房8畳 暖房8畳

鉄筋(南向き・中層階・洋室)の場合
冷蔵12畳 暖房10畳
となります。

簡単にまとめると
戸建て・普通のアパート→左の小さい数字
鉄筋コンクリートのマンション・団地→右の大きい数字
がそれぞれ対応の畳数となります。

つまり、冷房時主に10畳の機種は戸建てに取り付けする場合、冷暖房ともに8畳対応ということになります。
分かりづらいですよね。でも、メーカーのカタログも家電店のチラシも全てこのルールで書いていますので、ぜひ覚えて置いてください。

ちなみにこれは東京を基準とした対応の畳数です。
もっと暑い地域では冷房を、寒い地域では暖房のパワーが足りるように、1ランク大きめのサイズにするといいですね。

 

ステップ2
これが難しい 暖房はつかうのか?

”同じ対応畳数でも、機種によって大幅にパワーは違う!”
エアコンの畳数を決める際にもうひとつ考えていただきたいのが暖房機能のことです。
実は暖房機能を使う・使わないによって選ぶべき畳数、選ぶべき性能ががらっと変わってきます。

「使うかもしれないけど決まってないなぁ・・」という方も多いでしょうが、これは前もってはっきりと決めておいたほうが良いです。

なぜなら、残念なことに暖房を使おうと思って購入していないエアコンの暖房機能は使い物になりません。

「エアコンの暖房を使ってみたけどぜんぜん温まらなかった」
そんな経験をしたことがある方も多いかと思います。

”エアコンの暖房が物足りない原因は・・”
「エアコンが古いから効かないのかなぁ」なんて思った方もいるでしょう。
確かにそれはあるのかも知れませんが、もっと決定的な原因は”暖房を使う予定でエアコンを選んでいない”ことにあります。

先ほどの主に10畳用のエアコンの話に戻ります。
CS-285CXRは先ほどの説明に照らし合わせて考えると、戸建て住宅の場合冷房・暖房ともに対応は8畳です。

しかし冷房だけを考えた場合、地域にもよりますが10畳の部屋で使っても大体問題なく冷えてしまいます。

そうすると
売る側はより売りやすい、冷房だけでぎりぎりのサイズをすすめ
買う側はより買いやすい、冷房だけでぎりぎりのサイズを選んでしまうわけです。

暖房の使用も考慮してワンサイズ大きい機種をオススメすると、当然価格が上がります。
そのせいで、商談が長引いたり、価格交渉が長引いたり、はたまた成約できなかったりするぐらいなら、暖房は効かなくてもいいから売ってしまおうという販売員は結構います。

こうして”冷房は問題ないけど、暖房が効かないエアコン”が出来上がります。
最近ではエアコンで暖房を使う方も非常に多くなってきていますので、暖房を使う予定があるかをきちんと聞く店員が大半です。

でも、だんだんこれから暑くなってくるにつれ、つい店員も冷房基準でサイズを選びがちになってきます。
ですからぜひ暖房を使う・使わないを決めてからサイズや性能を考えるようにしていただきたいんです。

ステップ3
グレードを決める

エアコンは性能によりおおまかに上・中・下のランクに分けることができます。
下という言い方はあまり良くない気もしますが、分かりやすさ優先のためにこうします。

それぞれの特徴は

上ランク(超省エネ機種)
・省エネ性能が高い(主に省エネ性能で★4つ以上)
・暖房が得意
・自動で省エネしてくれる(エアコン自体が賢い)

中ランク(準省エネ機種)
・省エネ性能は下のランクより少し良いくらい(主に省エネ性能で★3つ)
・暖房性能は機種によって差が有る
・ちょっとした省エネ機能がある

下ランク(ボトム機種)
・省エネ性能は販売可能な基準ギリギリ(省エネ性能★2つ)
・暖房機能は一応付いているだけといった感じ
・自動省エネは無いか、あってもおまけ程度(自分でリモコンで調節してねってこと)

カッコ内の超省エネとかボトムというのは家電店やメーカーさんが使う言い方です。
接客中に使う人もいるので一応頭に入れておいて下さい。

省エネ性能の★マーク解説

エアコンの省エネ性能を分かりやすく比較する為に省エネラベリング性能というものが有ります。
経済産業省、資源エネルギー庁が統一したルールを定め低増すので、どのメーカーも同じ基準で性能を比較することが出来ます。
省エネ性能の良し悪しは5段階の★マークで表されています。

 

例えばこれがCS-X287Cの省エネラベルです。
Xシリーズはパナソニックの上ランクモデルですので、5点満点の評価になっています。

この★マークが多いほど省エネ性が高い機種ということになります。
そして、省エネ性が高い機種は暖房性能も良く、快適性が高いです。

つまり
省エネ=暖房能力が高い=快適性が高い=星が多い
ということです。

理由を説明するとながーくなってしまうのでまた次に機会にしたいと思います。
そういうものだと思ってもらえると助かります。

ちなみに星1つの機種はありません。発売してはいけない決まりになっています。
つまり実質は星2つが最低で、星5つが最高ということになります。

これまでの説明でいくと「星5つのエアコンを選んでおけば間違いなし」ということになるんですが、なかなかその通りには行きません。
なぜなら、当然5つ星の機種は価格も高いからですね。

そこで、お部屋別に選び方の例をご紹介しておきます。

ーリビングー
迷わず上ランク機種です。リビングはその家の中でも一番広く、一番いる時間が長い場所です。
暖房を使うならゆとりを持ったサイズを選びましょう。

ー寝室ー
ここは意見が分かれるところですね。
暖房を使う・快適性を求める→上ランク
自動フィルター掃除と少しの省エネ性を求める→中ランク
価格重視→下ランク

ー子供部屋ー
多く方は予算優先で選びます。
価格重視→下ランク
フィルター自動掃除機能を付けるつけないあたりが迷いどころかもしれません。

 

エアコンの選び方 基礎編まとめ

・エアコンの対応畳数は結構分かりにくいので、表の見方をしっかり覚えましょう

・暖房を使う・使わないは最初に決めておきましょう

・エアコンは省エネ性能によって大きく上・中・下のランクに分けられます

・省エネ性能が高い=性能もよいので出来るだけ★マークが多いものを選びましょう

・取り付けする部屋によってどれくらいのランクにするか検討をつけましょう

以上エアコンの選び方基礎編でした。
これだけ分かっても実際にどれを選んだらよいかは分かりませんね?
まだまだエアコンシリーズは続きます。
次回 暖房機能についてまとめました

夏だけじゃもったいない!暖房にも使えるエアコンの選び方。

エアコンの能力の見方をさらに詳しく解説!これをきちんと理解している店員は意外と少ない! さて、エアコンの選び方第2弾です。 前回は基本中の基 ...

続きを見る

※エアコンのお問い合わせの専用ページを作りました。
エアコン専用質問ページ
エアコンのお問い合わせが多く、コメント欄が長くなってきましたので専用ページを作りました。
ぜひこちらをご利用ください。

アドセンス336

アドセンス336

-エアコン
-

Copyright© 白物家電ブログ , 2017 AllRights Reserved.