エアコン 買ってはいけないシリーズ

【家電店の中の人が答える】買ってはいけないエアコンメーカーはどこだ!?

なんだかちょっと大げさなタイトルなんですが、なぜかこのブログには

「買ってはいけないエアコンメーカー」

というキーワードで見に来てもらう方が多いようです。

 

特別そういったことを書いているわけでもないんですけどね・・。

店頭にいる時だって、「買わない方がいいやつありますか?」なんて聞かれたことないですし・・。

でも、そういった検索ワードで調べる方は結構いらっしゃるようです。

面と向かってだと聞きにくいのかもしれませんね。

そんなわけで本日は買ってはいけないエアコンメーカーについて私なりにお答えしてみたいと思います。

あくまで私、たった1人の考えということでご覧いただければと思います。

エアコンおすすめ動画

 

買ってはいけないエアコンメーカー

エアコンメーカーといえば・・

三菱

日立

パナソニック

ダイキン

東芝

シャープ

富士通ゼネラル

このあたりが有名どころですね。加えてコロナあたりも多くの家電店で扱いがあります。
 

この中で考えるなら・・

買ってはいけないというか、おすすめしたくないようなメーカーは特にないです。

どこでも別に問題ありません。長らくエアコンを作ってきているメーカーですからね。
 

エアコンメーカーは他にいくつもありますが、そもそも見かけることがそれほどないはずです。

そういった意味では最初からお買い物の候補から外すべきメーカーっていうのはないです。

 

あえて挙げるなら
作り始めて間もないメーカー

そんな中であえて「うーん・・」っていうメーカーをあげるとすれば、ここ数年ちょっとずつ出てきているアイリスオーヤマやハイセンスですかね。

あとはニトリとかヤマダ電機オリジナルとかも薦めずらい気持ちがあります。

メーカーどうこうっていうよりは、作り始めてすぐのメーカーはちょっと・・っていう感じですね。

まぁ、エアコンでアイリスオーヤマとか、ハイセンスっていうイメージもないでしょうから、候補に入れている方はごく少数ではないかと思います。

アイリスは某大手家電量販店では、取扱い初めて数年で取扱い中止になりましたね。

その後復活したみたいですけど・・。

まぁ、不具合もかなり多かったみたいなので、当然の成り行きかと思います。

やっぱりエアコンみたいな構造が複雑なものは、長く作っている有名メーカーが安心かと思います。

 

他のメーカーはどうなの?

さて、おすすめしたくないメーカーの話は終わっちゃったんですけど、

「大手のメーカーなら全部おすすめか?」と聞かれれば、やっぱりそうでもないというのが正直なところです。

そこで、メーカーごとに注意が必要なモデルをあげていきたいと思います。

何か問題があるっていうわけではないので誤解しないでくださいね。

場合によってはもったいないかも・・っていうくらいのお話です。

ダイキン

トップクラスに人気のメーカーですが、実はダイキンが一番審議が必要なメーカーですね。

というのも、全グレード通して、他のメーカーよりも価格が高いからです。

で、その分内容がいいならいんですけど、スペック的には他メーカーの同等品と比べ、特別優れているという感じでもないです。

悪い訳じゃないんですけど、性能の割に高いなぁって感じます。

特に悩ましいのが、知名度も高いうるさらシリーズですかね。

Rシリーズ(うるさらX)
AN40ZRP

エアコンでは珍しい、加湿機能と換気機能がついているシリーズです。

「加湿器の代わりになる」みたいに期待が大きすぎるパターンが多いのが困りものです。

加湿器の代わりになるほどのパワーはないかなぁって思います。あと、電気代が驚くほど高いですね。

換気もないよりはあった方が便利だとは思うんですけど、換気量は少なめです。

加湿にしても、換気にしても中級クラスのモデルのちょっとした便利機能でついているなら嬉しいんですが、残念ながら一番の高級モデルにだけついている機能なんですよね。

一番高いモデルを買って、付くのがちょっとした加湿とか換気、それでいて価格はエアコン全体で見てもトップクラスということで、購入は慎重に考えてもらえればと思います。

 

三菱

Xシリーズ
MSZ-X4022DS

代表モデルのZシリーズに迫るくらい性能は良いのですが、その分値段もZシリーズと近くなりがちですね。

人気は圧倒的にZシリーズの方が高く、価格競争も激しいです。

それだけに、Zシリーズの方が割安なケースが多いんですよね。

性能は決して悪くないんですけど、「これならあと少し足してZにした方がお得じゃない」ってなりやすいモデルです。

まぁ、言い方はきついかもしれませんが、中途半端な印象です。

ほとんど売れるのを見かけることはありません。

予算は絶対〇〇円以内とかのパターンならあるかもしれないですけどね・・。

 

日立

寒冷地EKシリーズ

こちらは寒冷地シリーズのメガ暖白くまくんです。

これも三菱Xと同じで、そこそこいいんですけど、割安感がない感じなんですよね。

少し予算を足せば人気の高いXKシリーズにできますからね。

ある意味気の毒なポジションのグレードです。

 

パナソニック

以前、パナソニックのエアコンでは自動排出フィルター自動お掃除のせいで取り付けができないケースがちょこちょこありました。

今のXシリーズ・EXシリーズは、自動排出とダストボックスを切り替えできるようになったので、そう言った心配はなくなりました。

あえていうならFシリーズですかね。

パナソニック Fシリーズ

パナソニックの一番シンプルなグレードです。

最近は一番下のグレードでもちょっとした特徴みたいな機能があったりするものですが、こちらは驚くほどプレーンなスペックですね。

まぁ、そういうのを求めているケースで、なおかつ他のモデルよりも安いならいいと思うんですけど、他のメーカーより高い場合には選ぶ理由はないかなぁって思います。

 

東芝

かつては結構人気があったんですけど、今はあんまり力を入れている感じがないですね。

注目度は低めだと思いますが、一応1モデルあげておこうかと思います。

DTシリーズ

東芝の中ではトップグレードなんですけど、他のメーカーで言うなら2番手、3番手くらいの性能です。

まぁ、その分相応に価格も下がるので、寝室とか私室なら結構いいんじゃないかと思います。

ただ、トップグレードっていう肩書きには合わない感じですかね。

まぁ、2023年は本来の最上位のDRシリーズが復活するので、本来のポジションに落ち着くかと思います。

あと、東芝は空気清浄機能がウリになっていますね。

これもダイキンの加湿と同様に過度の期待は禁物です。

上位グレードであったとしても、空気清浄機と競えるほどの能力はないです。

ただ、、ダイキンと違って割安感のある価格で販売されていることが多いので、ダイキンの加湿のような後ろめたいイメージはないですかね。

 

シャープ

シャープもそれほど微妙な立ち位置のモデルはないです。

程度は違うとはいえ、どれもプラズマクラスターがついていますし、何よりも全グレード無線LAN内臓(2018年以降発売モデルなら)というのは好印象です。

これもあえて挙げるならですが、J-Hシリーズですかね。

P-Hシリーズ
AY-P22H

メーカー表記では"ハイグレードモデル"っていう位置づけにはなっているんですけど、ハイグレードなのはプラズマクラスターの部分なんですね。

省エネ性とか暖房能力はシンプルモデルと同じです。

なので、プラズマクラスターに期待して選ぶならいいのですが、ハイグレードという響きに電気代や冷暖房の高性能を期待してしまうのはNGです。

 

 

富士通

Hシリーズ

こちらも三菱Xとか、日立EKなどと同じで、

性能はちょっといいけど、それ以上に価格が高いっていう不遇ポジションシリーズです。

少し足してにZとかXにすることをおすすめします。

 

以上、

買ってはいけないエアコンメーカーと、メーカー別の注意が必要なモデル紹介でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

▼トップページへ戻る

-エアコン, 買ってはいけないシリーズ

Copyright© 白物家電ブログ , 2022 All Rights Reserved.