白物家電ブログ

最新生活家電で暮らしをもっと快適に!

エアコン

実は知らない店員も多い!?エアコンの正しい選び方 基礎編 

更新日:

エアコン選びのポイントは省エネ?暖房?チェックするポイントは?

家電の中でも特にエアコン選びを難しく感じている方も多いのではないでしょうか。それもそのはず、エアコンは価格も高い上に場合によっては何台も取り付けないといけないこともありますからね。

省エネ性能と本体価格のどちらを優先したらいいかお悩みの方も多いかと思います。

加えて
▶︎暖房性能は?
▶︎どんな機能があるのか?
▶︎フィルター掃除や清潔機能は?
▶︎お部屋ごとにどう予算を配分するか?
▶︎取り付け工事はどうなるのか?

などなど、考えなくてはいけないことがとっても多いですよね。

多くの方は家電店の店員さんに相談しながら選ぶのではないかと思いますが、それだと店員さんの意見がかなり大きく影響してしまいますよね。

それがエアコンに詳しい店員さんならいいんですが、実はエアコン専門の店員さんって意外と少ないんですね。やはり季節での需要の変動が大きいので、エアコンの専門でいられるスタッフは限られてしまうわけですね。

特に夏場はエアコン売り場がとても混み合いますからスタッフ総動員で案内したりするのですが、それだと普段はあまりエアコンに慣れ親しんでいないスタッフも加わることになります。

どの人がエアコンの専門スタッフかなんて見た目ではわかりませんよね。それなら自分である程度の知識をつけて、自分のお家にぴったりの機種を選べたら良いと思いませんか?

ということで本日はエアコンの選び方を基本から解説したいと思います。

基本の解説が長くなっています。おすすめ品紹介だけ見たい方はスキップ機能をお使いください。

▼おすすめ機種紹介までスキップ▼

 

ステップ1
基本中の基本 畳数の見方は?

エアコン選びで一番重要といってもいいのが対応畳数の見方です。

例としてパナソニックのXシリーズを見てみましょう。

パナソニック 超省エネ(高級)モデル
冷房時主に10畳 CS−X288C

こちらの機種はカタログやメーカーページを見ると”冷房時主に10畳用”と説明があります。

果たしてそのまま10畳のお部屋につけて問題ないのでしょうか?

次に能力(エアコンのパワー)表を詳しく見てみましょう。

この機種は冷房のときに8~12畳くらいの部屋で使うのに適しているかと言うと、実はそうではないんです。

これが最初の落とし穴というか、エアコン用語のようなものです。

この表の正しい見方は

木造(平屋・南向き・和室)の場合
冷房8畳 暖房8畳

鉄筋(南向き・中層階・洋室)の場合
冷蔵12畳 暖房10畳
となります。

簡単にまとめると
▶︎戸建て・普通のアパート→左の小さい数字
▶︎鉄筋コンクリートのマンション・団地→右の大きい数字
がそれぞれ対応の畳数となります。

つまり、冷房時主に10畳の機種は戸建てに取り付けする場合、冷暖房ともに8畳対応ということになります。

紛らわしいかもしれませんが、メーカーのカタログも家電店のチラシも全てこのルールで書いています。ぜひ覚えておいて下さい。

ちなみにこれは東京を基準とした対応の畳数です。もっと暑い地域では冷房を、寒い地域では暖房のパワーが足りるように、1ランク大きめのサイズにするといいですね。

 

ステップ2
暖房はつかうのか?省エネと暖房の関係性

同じ対応畳数のモデルでも、機種によって大幅にパワーは違う!

エアコンの畳数を決める際にもうひとつ考えていただきたいのが暖房機能のことです。

実は暖房機能を使う・使わないによって選ぶべき畳数、選ぶべき性能ががらっと変わってきます。

「使うかもしれないけど決まってないなぁ・・」という方も多いでしょうが、これは前もってはっきりと決めておいたほうが良いです。

なぜなら、残念なことに暖房を使おうと思って購入していないエアコンの暖房機能はあまり実用的ではないからです。

「エアコンの暖房を使ってみたけどぜんぜん温まらなかった」そんな経験をしたことがある方も多いかと思います。

 

エアコンの暖房が物足りない原因は・・

 「エアコンが古いから効かないのかなぁ」なんて思った方もいるでしょう。

確かにそれはあるのかも知れませんが、もっと決定的な原因は”暖房を使う予定でエアコンを選んでいない”ことにあります。

冷房基準でサイズを選んでいる

先ほどの主に10畳用のエアコンの話に戻ります。

CS-X288Cは先ほどの説明に照らし合わせて考えると、戸建て住宅の場合冷房・暖房ともに対応は8畳です。

ですが、冷房だけを考えた場合は地域にもよりますが10畳の部屋で使っても大体問題なく冷えてしまいます。エアコンは暖房よりも冷房の方が得意なんですね。

ですが、暖房はあくまで8畳の対応と考えていただいた方が良いと思います。。暖房は苦手ですからきちんと適応したサイズを選んでおかないとパワー不足になりがちなんですね。

なるべく予算を抑えたいという気持ちは当然あるかと思いますが、予算を重視しすぎてギリギリサイズを選んでしまうのは逆にもったいない選び方になってしまうかもしません。

冬に「暖房は物足りないな・・」とならないためにも暖房を使う・使わないはしっかり決めておきましょう。

暖房が得意なエアコンとは?

エアコンの対応畳数をしっかり選べばそれで暖房も安心かというと、残念ながらそうとも言い切れません。エアコンには暖房が得意な機種とそうでない機種があるので、その点もチェックしておかないといけません。

エアコンの暖房のパワーは実は省エネ性と大きく関係しています。

詳しくはこちらのページで解説していますが、簡単におさらいしておきましょう。

意外に思う方も多いかもしれませんが、エアコンは電気代の安い省エネ型の機種ほど暖房のパワーが強いです。逆じゃないですよ。

電気代が高い機種は、簡単に言えば電気を使うのが下手なので暖房のパワーが不足しやすいです。エアコンは気温が低いと効率が下がる特性があるので、特に暖房は性能の差が顕著に出てしまうんですね。

省エネ性能や暖房が得意かをチェックするためのポイントは2つあります。

 ①省エネ性マークや省エネ基準達成率

▼省エネ基準達成率メーカーさんのカタログやwebサイトではこのように省エネ基準達成率が表記されています。

省エネ基準達成率が100%未満は発売自体できないので、家電店で見かけることはまずありません。基準が改定された直後だったり、アウトレットなどの古い品でなければ100%は必ず達成していることになります。

省エネ基準達成率は
▶︎エアコンの容量(サイズ)
▶︎室内機の寸法
▶︎その他機能
などによって変わりますので同じ容量同士で比べるのが基本となります。

▼省エネ性マーク
省エネ基準達成率を多段階で評価してものが省エネ性マークです。家電店などで見かけたことがあるかもしれませんね。

★マークが多いほど省エネになります。★1つは省エネ基準達成率が100%未満を表すので発売できませんから、実質★2つが最低ラインとなります。

暖房が得意なエアコンとは概ね星が4つか5つあるモデルと思っていただければOKです。
 

 ②低温暖房能力

もう一つのチェックポイントは低温暖房能力です。

低温暖房能力とは外気温が2度の時に発揮できる暖房のパワーのことです。先ほどの能力表をもう一度みてみましょう。

この右下の数値が低温暖房能力です。何度か書いているように、エアコンは気温が下がるほど効率が下がってしまうものです。この機種の場合、最大では7.1kwの暖房能力があるものの、外気温が2度の時では5.6kwまでパワーが低下してしまいます。

ちなみになんですが、能力の欄に書いてあるkwは消費電力のことではなく、冷房なら室内から取り除ける熱の量を、暖房なら室内に供給できる熱の量を表しています。昔はカロリーで表していたのですが、その方がイメージしやすいかもしれないですね。(消費電力のWの方が電気代に関係する数値ですが、ここだけみても省エネ性が高いかはわかりません。)

当然低温暖房能力の数値が高いほど暖房のパワーがあるということになるんですが、数値だけみてもどれくらいの暖かさかわからないですね。

そこで、省エネ性が低い機種(暖房が苦手)と省エネ性が高い機種(暖房も得意)を比べてみましょう。サイズは寝室やリビングに取り付けることの多い10畳用で比べてみます。

まずは星2つのお手頃機種の例です。

三菱 MSZ−GE2818

★2つで低温暖房能力3.5

次は暖房も得意な省エネ機種の例です。

三菱 MSZ−ZW2818

星5つで低温暖房能力5.4kw

このように同じ10畳用でも1.5倍程度もパワーに開きがあります。せっかくなのでもう一つ比べてみますと・・


2つ小さいサイズ
省エネ機種の6畳用
MSZ−ZW2218

星4つで低温暖房能力4.1kw

暖房が得意な順に並べると・・
1位 省エネ型10畳用 5.4kw
2位 省エネ型6畳用 4.1kw
3位 お手頃10畳用 3.5kw
このようになり、お手頃価格の10畳モデルは、省エネモデルで2サイズダウンした6畳用のパワーにも満たないことがわかります。これでは冬本番の時にパワー不足のなるのも仕方ないですよね。

このように省エネ性と暖房の性能は連動して高くなります。ですから、エアコン暖房をお考えの方は必然的に省エネ性が高い機種が候補となるんですね。(寒冷地仕様には例外もあります。)

とはいえ、暖房の得意な省エネ型は本体の価格も高くなってしまいます。

①暖房もエアコンで賄う
②他の暖房と併用する
③暖房はエアコン以外を使う
どのパターンにするかを考えてから省エネ性の高い機種にするかどうかを考えていただければ良いかと思います。

▶︎電気で暖房するならエアコンが圧勝

ちなみにエアコンと電気暖房の併用は無理ではないですが、電気の使いすぎになる可能性が高くなります。エアコンと併用するなら電気以外の灯油やガスの暖房が好ましいですね。灯油やガスを避けるなら、電気を使う暖房の中ではエアコンがダントツで効率が良いのでエアコンに予算を集中した方が良いかと思います。

電気暖房は電気を熱に変えることで部屋を温めています。つまり、電気を使った分しか暖かくできません。

それに対して、エアコンは少ない電気でコンプレッサーを動かし、空気中の熱を集めることで部屋を温めているので、電気暖房の何倍も効率よく電気を使うことができます。

 

ステップ3
機能を知ってグレードを選ぶ

エアコンは性能や機能によりおおまかに
シンプルモデル
 付加機能モデル
③自動お掃除付きモデル
④準省エネモデル
超省エネモデル
の5つのグレードに分ける事ができ、大まかな機能や性能の傾向があります。

グレードごとの違いを見る前に、どんな部分に注目したら良いのかを簡単にみておきましょう。

目玉機能

▶︎三菱のムーブアイ
▶︎日立の凍結洗浄
▶︎富士通のデュアルブラスター
▶︎ダイキンの加湿機能
などなど

メーカーの象徴となるような特別な機能も、価格帯によって差がついていたり、採用されていなかったりすることがあります。

「どのメーカーにするか?」はみなさん悩むところではないかと思います。せっかくならそのメーカーの魅力がしっかり入った機種を選んでいただくと満足度が高くなるのではないかと思います。 

メーカーごとの特徴はこちらの記事で紹介しています。

メーカー比較前編(三菱・パナソニック・日立)

メーカー比較後編(富士通・ダイキン・シャープ・東芝)

 

省エネ性能と暖房能力 

繰り返しになりますが、エアコンの暖房は省エネ性が高い機種ほど効きがよくなります。

いくら省エネ化が進んでいるとは言っても、エアコンで使う電気は家庭内で大きな割合を占めています。

▶︎使用頻度が高い場合
▶︎エアコンをメイン暖房にする場合
こういった時には省エネ多段階評価で星4つ以上の機種がおすすめとなります。

▼よくある質問

省エネ型の高級機普通の性能のお手頃機種はトータルでどちらがお得になるのかという質問をよくいただきます。

使用頻度や時間・暖房の使用の有無・住宅環境にもよるのですが、省エネ型を購入したからと言って必ずしもコストが安く済むとは限りません。

先ほど例で登場した機種の場合
▶︎MSZ−ZW2818(★5)
年間電気代の目安17,000円

▶︎MSZ−GE2818(★2)
年間電気代の目安26,100円

このように、1年で約9,000円が電気代の差として生まれます。エアコンの設計上の使用年数、いわゆる寿命は10年ですから、その通り使ったとして90,000円が電気代の差となります。90,000円の差なら本体が高くても省エネ型を選んだ方がトータルコストは安くなりそうですね。

電気代の目安は夏に3ヶ月ち冬に3ヶ月の合計半年間、1日18時間運転した場合の数値となっています。これよりも使用時間が短ければ電気代の差はもっと小さくなる可能性もあり、お手頃な機種を買った方が一見トータルコストが安くなるように感じるかもしれません。

ですが、金額だけで判断するのは少しもったいないのではないかと思います。高級機種とお手頃機種では暖房のパワーはもちろん、様々な快適機能や清潔機能にも違いがあるからですね。

トータルコストを考える時は本体と電気代の金額だけでなく、性能や機能などの充実度を含めて考えて頂くのが良いのではないかと思います。

具体的な違いの例はこの後三菱を例にして紹介しています。

 

フィルター自動お手入れ

フィルターの自動お手入れとは、室内機に吸い込んだ空気からホコリを取り除くためのプレフィルターに付着したホコリを自動的に除去してくれる機能です。

プレフィルターが目詰まりしてしまうと運転効率は大幅に悪くなってしまうので、フィルターのお手入れはとても重要なことなんです。

もちろん自分でお手入れしても良いのですが、どんなにマメな人でも週に1回程度のお手入れになるかと思います。1年に1回なんていう方も多いかもしれません。

自動お手入れ機能があれば毎日ホコリを取り除いてくれるわけですから、常に本来の性能が発揮できるようになります。”もったいない使い方”をしないためにもフィルター自動お手入れがある機種を選ぶことをおすすめします。

フィルター自動お手入れには2種類あり、
①ダストボックス式
②屋外排出式
があります。ダストボックス式は本体の内部にホコリをためておき、1年に一度程度の頻度でゴミ捨てを行います。現在の主流はダストボックス式となっています。

屋外排出方式はパナソニックの一部の機種(WX・X・AX・EX)でのみ採用されています。自動お掃除で取れたホコリをパイプを通じて屋外に排出します。ホコリを排出するパイプが必要な分、他の機種よりも配管が増えるため隠蔽配管などでは取り付けできないこともあります。

 

防汚コーティングなどの清潔機能

エアコンから出てくる風からニオイがしたり、汚れていたらいやですよね。そうならないためにも室内機の内部は清潔に保ちたいものです。

残念ながらエアコンの内部(通風路やファン・熱交換器など)は自分では掃除するのはとても難しいです。ですから定期的に業者さんに洗浄を依頼するのが望ましいです。

と言っても、なかなか頻繁に行うのは難しいですよね。ですから汚れやニオイの付着を防ぐような加工がされている機種がおすすめです。

三菱のハイブリッドナノコーティングや日立の凍結洗浄が有名ですが、これらもグレードによって内容に差があるのであらかじめチェックしておきましょう。
 

除湿機能 

どのエアコンにも除湿機能はついているものですが、実は2種類の方式があるんです。

①弱冷房除湿
一般的なエアコンに搭載されている除湿はこちらですね。室内機内部が冷たくなっているので結露が起こり、これを屋外に排出することで除湿しています。

室内機の中が冷たくなっていれば除湿はできるので、普通の冷房でも除湿効果を得ることができます。設定温度に近づける運転を”冷房”と呼んで、弱運転で固定した冷房を”除湿”と呼んでいるだけなんです。

弱冷房除湿は電気代が安いメリットがある反面、運転内容は冷房と同じなので肌寒く感じる場合もあります。特に梅雨時期などのそれほど気温が上がっていない時に使うと寒くなりやすいデメリットがあります。

②再熱除湿
室内機内部を冷やして結露させるのは一緒なんですが、風を部屋に送る前に温め直して室温の低下を防ぐのが再熱除湿です。暖房のような暖かい風ではなく室温程度のぬるい風が出てきます。

肌寒くならないメリットがありますが、エアコン内部で冷房と暖房を同時に使っているようなものなので弱冷房除湿よりも電気代が高くなります。

再熱除湿は一部の高級機に採用されており、弱冷房除湿と再熱除湿を切り替えることが可能となっています。

▶︎除湿をよく使う
▶︎除湿でも肌寒くて困った経験がある
という方には再熱除湿搭載機種がおすすめです。
 

電源は100V・200Vどちらがいい?

エアコンには100Vの電源を使用するものと200Vの電源を使用するものがあります。

エアコンの対応畳数によって使用される電圧は次のように分かれます。
例外はありますが、3.6kwまでは100Vで、4.0kwは混在、5.6kw以上は200Vを使用する機種が大半を閉めます。

リビング用のエアコンを選ぶときに100V機種か200V機種かで悩む方もいらっしゃるかと思いますが、基本的には200Vがおすすめです。

▼200Vのメリット①最大出力が大きい
電力(W)=電圧(V)×電流(A)ですから、電圧が100Vから200Vに2倍になれば使うとのできる電気も2倍になります。

例えば、100V20Aのエアコンでは100×20=2000ワットまで取り出すことができ、200V20Aのエアコンでは4000ワットまで使うことができるということになります。

使える電力が大きいほど最大パワーが大きくなり、素早くお部屋を冷やしたり温めたりできるようになります。一時的に電気を多く使いますが、ハイパワーでスピディーに設定温度で近づけ、あとは維持するだけにした方が結果的に電気代が安くなる場合も多いです。

車でいえば最高時速が違うようなものですね。最高で時速100キロしか出せない車と時速200キロ出せる車で、どちらで高速道路を走るのが楽かをイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。

時速100キロが上限の車では常にフルパワー付近で走らないといけなくなりますよね。そうなると常にエンジンの回転数が高い状態になってしまい、燃費も悪化しますし音も大きくなります。最高で時速200キロ出せる車なら加速もスムーズですし、一度スピードに乗って仕舞えばあとは少しのアクセルで維持できますよね。エアコンも同じで、余力がある方が快適に使うことができるんです。

▼メリット②アンペア使用量を抑制
また、電力の使用量をボルトとアンペアに分散することで使用するアンペアを抑えることができます。

例えば2000Wの電力が必要になる条件でエアコンを運転した場合、100V機種なら20アンペア使いますが、200V機種なら100アンペアで済みますよね。

家族向け物件だとだいたい40〜60アンペアで契約している方が多いかと思いますが、エアコン1台で20アンペアを使ってしまっては他の家電の使用に差し支えが出るかもしれませんよね。

こういった理由から、取り付けが可能であれば200V機種がおすすめです。

ただし200V電源はどの家庭にでも引き込まれているわけではないので事前にチェックが必要になります。コンセントの差込口自体は100Vになっていなくても、分電盤まで200Vが来ていれば比較的簡単な工事で200Vを利用することが可能です。電気工事士の資格は必要な工事ですが、特に電力会社に連絡することなく200Vに切り替え可能です。

分電盤に100Vしか来ていない場合は、戸建てなら電柱から引き込みが可能ですが高額な工事代金がかかりますので100V機種から選ぶ方が大半です。賃貸の場合は1家庭だけ200Vに変更することはできないので、基本的にそのまま100Vで使うことになります。

 

以上がエアコンのチェックで注目するべき主なポイントとなります。次は価格帯別に機能や性能の違いの例を見ていきましょう。

 

グレードごとの大まかな特徴

機能の説明は別のページで行いますので、ここではまず省エネ性能・暖房性能・特色・清潔性・フィルター掃除に注目してグレードごとの違いをを見ていきましょう。

シンプルモデル

▶︎省エネ性は基準ギリギリ
▶︎フィルター自動掃除なし

昔ながらの特別な機能のないエアコンです。メーカーによってはイオンだったりセンサーだったりがついている場合もあります。予算優先のモデルとなります。

例 シンプルモデル
三菱 MSZ−GE2818

▶︎省エネ基準達成率 100%
▶︎低温暖房能力 3.5KW
▶︎特徴 フロアアイ(床のみ)
▶︎防汚加工なし
▶︎フィルター自動掃除なし

省エネ達成率は本当に発売基準ギリギリの100%となります。

三菱エアコンの代名詞とも言えるムーブアイもなく、床面の温度だけを計測するフロアアイが搭載されています。

自動掃除もハイブリッドナノコーティングも採用されていませんので、清潔性としても旧来のエアコン同様となってしまいます。

全体的に見て、これくらいの機能であれば別に三菱じゃ無くてもいいかも・・となりやすいグレードかもしれません。

 

付加機能モデル

▶︎省エネ性は基準ギリギリ
▶︎フィルター自動掃除なし
▶︎シンプルモデルに少し機能を加えたグレード

省エネ性や暖房性能など性能的にシンプルモデルと差が少なく、メーカーによっては用意されていないこともあるグレードとなります。

例 付加機能モデル
三菱 MSZ−S2818

▶︎省エネ基準達成率 100%
▶︎低温暖房能力 3.5KW
▶︎目玉機能 ムーブアイ
▶︎防汚加工 ファンのみ
▶︎フィルター自動掃除なし

シンプルモデルではフロアアイ搭載でしたが、こちらはムーブアイと三菱の目玉機能がしっかりと搭載されています。

防汚加工のハイブリッドナノコーティングもファンのみですが採用されています。スタイリッシュなデザインということもありモダンインテリアの寝室に相性の良い機種となっています。

 

フィルター自動掃除機種

▶︎省エネ性・暖房能力ともにシンプルモデル並
▶︎フィルター掃除は搭載している

価格を抑えつつもフィルター自動掃除機能は欲しいという時に適したモデルです。省エネ性や暖房の能力は高くありませんが、寝室や子供部屋など使用時間が短いお部屋用に選ばれることが多いグレードとなっています。

例 フィルター自動掃除モデル
三菱 MSZ−L2818

▶︎省エネ基準達成率 101%
▶︎低温暖房能力3.6kw

▶︎ムーブアイ(中精度・前方のみ)
▶︎ファンのみ1箇所が防汚加工
▶︎フィルター掃除あり

省エネ基準達成率はシンプルモデルや付加機能モデルとほとんど同等ではありますが、フィルター自動掃除がついていることで効率の良い運転を行うことができるようになります。そういった点では結果的に少し省エネになることが期待できるグレードとなっています。

 

準省エネ機種

▶︎省エネ性能はこれまでよりぐっと上がる
▶︎暖房性能も実用的

性能としては全体の中間から上位にかけての位置づけとなります。価格が超省エネモデルに近い事もあり、「ここまできたら超省エネにしておこう」となる場合が多いです。売り場でもやや影が薄いグレードかもしれません。
 

例 準省エネ機種
三菱 MSZ−X2817

▶︎省エネ基準達成率 115%
▶︎低温暖房能力 5.0kw

▶︎特徴 ムーブアイ極(高精細・前方のみ)
▶︎通風路/ファンの2箇所が防汚加工
▶︎フィルター自動掃除あり

これまでの機種の省エネ基準達成率が100パーセントギリギリの星2つだったのに対し、ここでようやく星4つまで省エネ性がアップします。

ムーブアイも高精細な”極"センサーになり、手先足先の温度を感知することが可能です。体の温度を細かく測ることで、人の快適は保ったまま無駄な電気代は使わない運転が可能となります。

ハイブリッドナノコーティングはファンに加え熱交換器にも施されています。電気代も気になるし暖房も使いたいけど、少しでも本体価格を抑えたいと言った時に候補になるグレードかと思います。

ですが、先ほども書いたようにここまできたら超省エネグレードまでアップさせた方がお得感があるように感じます。

 

①超省エネ機種

▶︎省エネ性能が高い(主に省エネ性能で★4つ以上)
▶︎暖房も得意
▶︎自動で省エネしてくれる(エアコン自体が賢い)
▶︎清潔機能にも力が入っている

メーカーの顔となる代表機種で、そのメーカーの魅力が詰まったグレードです。主にリビング用ですが、その高い清潔性・快適性から寝室につける方も多いです。

例 超省エネモデル
三菱 MSZ−ZW2818

▶︎省エネ基準達成率 124%
▶︎低温暖房能力5.4kw

▶︎特徴 360度ムーブアイMIRAI(高精細・全体)
▶︎通風路/ファン/熱交換器の3箇所が防汚加工
▶︎フィルター自動掃除あり

フロアアイ→ムーブアイ→ムーブアイ極→ムーブアイMIRAIとさらに性能がアップします。

これまでのエアコンは室温の変化に対して後出しで運転内容を決めていましたが、ムーブアイMIRAIはAIで気温の変化を予測しながら運転する画期的な機能です。

また、MSZ−X2818のムーブアイ極はエアコン前方だけのセンサーエリアだったのに対して、こちらは水平方向に360度回転して温度を計測します。

これによりエアコン側面や背面に窓があっても、日射や冷気を遮るような送風も可能となりお部屋を効率よく快適に保つことができます。

清潔機能としても”ハイブリッドナノコーティング”が通風路・ファン・熱交換器に施されています。ファンと熱交換器はエアコンの内部にあり、自分でお手入れすることができない部分となっています。さらに、風がたくさん通るため汚れが付着しやすい通風路にも加工がされています。

 

お部屋別おすすめ機種

最後にお部屋の広さに合わせたおすすめ機種を紹介させていただきます。

ワイドリビングやLDKにおすすめ

リビングは家族が一緒に過ごす大切な空間ですね。使用頻度や時間も長くなるのではないかと思います。それならやはりおすすめは超省エネ型となります。きちんと適応畳数を合わせていただければメインの暖房としての活躍も期待できるグレードとなっています。

また、合計20畳程度のお部屋用のモデルではお買い得モデルのラインナップ自体がないこともしばしばあります。ということで、広いリビングやLDKでお使いの場合は必然的に超省エネ型が候補となります。

おすすめ①パワフル広々快適
富士通 Xシリーズ

▼例 4.0kw AS−X40H2

デュアルブラスターと呼ばれるサイドのファンが特徴の機種となっています。

デュアルブラスターには・・
▶︎風を広くどどける
▶︎冷房の時には冷気と室内空気を混ぜながら冷やすことで、冷房が直接体に当たる不快感を抑える
▶︎暖房の時には温風が足元に止まるように抑え込む
と言った役割があります。

LDKや続き間をムラを抑えて空調したい場合におすすめで
▶︎ダイニングとリビング両方快適にしたい
▶︎リビングのどこにいても快適にしたい
▶︎家族みんなが快適な空間が良い
といった、家族がそろった時に魅力を発揮する機種となっています。また、特に女性の方には室内での気温差に敏感な方も多いようです。一部分だけ暖いとか涼しいというのが苦手な方や、冷房の風が苦手な方にもおすすめの機種となっています。

また、今年のモデルからは業界初の熱交換器加熱除菌機能を搭載しています。室内機内部に結露した水滴を使って汚れを流すのはどのエアコンも共通ですが、こちらの機種では熱交換器と水滴を加熱することでお湯にしてカビ菌や汚れ・ニオイなどを除去しています。
 

おすすめ②省エネとバランス
三菱 Zシリーズ

▼例 4.0kw MSZ−ZW4018S

三菱といえば高性能温度センサーのムーブアイが最大の魅力ですね。

ムーブアイは・・
▶︎人の温度を細かく測ることで快適さをキープ
▶︎快適さは保ったまま余分な電気代をカット
と、もともとの省エネ性の高さに加え、さらなる省エネを目指すための機能となっています。

さらにZシリーズに搭載のムーブアイMIRAIは室温の変化を先読して運転を調節と、快適キープ機能が更に強化されています。従来のエアコンでは室温の変化に後追いで運転の強度を調節していましたら、先読み運転はとても画期的な機能といえます。

また、ムーブアイMIRAIは非常に高精細で、人の手先足先の温度まで測定することが可能です。これにより設定温度はもちろん、人の体感気温に合わせた運転が可能となっています。他のメーカーにも室温測定センサーを搭載した機種はありますが、エリア別の温度感知であって人の手のような細かなパーツの温度までは読み取れないんですね。そこがムーブアイの凄さなんです。

家族団欒の時にはもちろんですが、
▶︎一人で使うことも多い
▶︎ムダな電気代を減らしたい
と言った時にもおすすめの機種となっています。また、ムーブアイがあることで風を当てたり避けたりする設定も可能となっています。

帰宅時やお風呂上りに涼みたいお父さんは風当て、風に当たりたくないお母さんは風避けなど、シーンに合わせた使い方も可能となっています。一人一人に優しいエアコンと言えるかもしれません。

汚れの付着を防ぐハイブリッドナノコーティングもファン・通風路・熱交換器の3箇所に施されています。特にファンや熱交換器は通常では手が届かない部分ですから、清潔に保つ加工がされているのは心強いですね。

また、三菱の場合はフラップ(風の吹き出し口の羽)を工具無しで外すことができるようになっています。これにより、フラップ自体はもちろん通風路まで手を入れて拭き掃除することが可能となっています。汚れ防止の加工も大切ですが、少し手をかけることで更に清潔に保てることも見逃せないポイントとなっています。
 

おすすめ③続き間に強い
日立Xシリーズ

▼例 4.0kw RAS−X40H2

温度だけでなく、人の位置や間取りをセンシングする”くらしカメラ”と、一歩進んだ清潔機能の凍結洗浄が魅力の機種となっています。

くらしカメラは・・
▶︎人の位置や活動量
▶︎テーブルやキッチンカウンターなどの障害物
▶︎お部屋の間取り
などいろいろな項目をセンシングし、吹き出し口良にある6枚の羽根と組み合わせることで効率の良い気流を実現させています。

温度繊細ーは三菱ムーブアイほど高精細ではないものの、間取りやモノのセンサーがあることで空間を認識することが得意な機種となっています。

▶︎続き間があって、ふすまを開けてる時も閉めている時もある
▶︎家具やカウンターなど障害物が多い
こんな時に魅力を発揮する機種となっています。部屋の形状を感知する間取りセンサーは日立ならではの魅力ですね。

もともと内部ステンレス構造で汚れに強いメーカーでしたが、今年のXシリーズでは凍結洗浄が搭載され更に清潔性がアップしています。

室内機内部の熱交換器に霜をつけることで、氷で汚れを吸着し、とかして一気に汚れを洗い流す仕組みになっています。

三菱Zシリーズ、富士通Xシリーズともに内部防汚加工はされていますが、これらはあくまで汚れの付着を抑制する内容となっています。それに対し、汚れを霜でからめとって落とすという点では日立が一歩リードしている感じがしますね。

日立伝統のステンレス内部構造もしっかり採用されています。ステンレスは静電気が起こりにくく、ホコリの付着を抑えることが期待できます。また、キッチンや調理器具にも採用されているように、ステンレスは汚れに強い素材なんです。通風路やフラップなど風通りの多い箇所がステンレスになっています。

以上がリビングにおすすめの機種となっています。

大人数でお部屋全体→富士通
少人数で個別に快適→三菱
が得意で、その中間が日立と言ったイメージです。どれが優れているというわけではないので、使い方に合わせてお選びいただければ良いかと思います。

それぞれのもっと細かな紹介はメーカー比較記事をご覧ください。
エアコン比較前編 三菱・日立・パナソニック

エアコン比較後編 富士通・ダイキン・シャープ・東芝

 

居間や寝室におすすめ


次は独立したリビングや寝室におすすめの機種を紹介させていただきます。

▶︎暖房もエアコンメインで
▶︎寝る間もエアコンをつける
▶︎予算よりも質重視
こういった場合は上記と変わらず超省エネグレードがおすすめとなりますが、10畳くらいまでの広さで予算を抑えた機種も紹介したいと思います。

おすすめ①省エネ性と価格のバランス
日立 E・ELシリーズ

▼例 2.8kw RAS−E28H

省エネ性多段階評価★★★
省エネ基準達成率108%

上位モデルの日立Xシリーズと比べると
▶︎凍結洗浄なし
▶︎くらしカメラは画像センサーのみ
とパワーダウンしてしまう部分もあるのですが、内部ステンレス構造は健在ですし、省エネ性も普通のフィルター掃除モデルより少し高めになっています。上位モデル同様に再熱除湿を搭載しているのも嬉しいポイントですね。

予算はなるべく抑えつつも
▶︎省エネも少しは気になる
▶︎暖房も使うかも
▶︎除湿で肌寒くなるのが嫌だ

こんな時におすすめの機種となっています。最近のエアコンは”省エネで高価”と”スタンダードでお手頃価格”のどちらか極端になりがちな中、こういった少しお手頃で少し省エネといった機種は貴重ではないかと思います。

熱交換器凍結洗浄こそはありませんが、ステンレス内部構造はしっかりと採用されています。
 

おすすめ②高性能シンプル機能
パナソニック AXシリーズ


今年から新設のAXシリーズは高い省エネ性を持ちつつも、機能は控えめにすることで本体価格を抑えたグレードとなっています。

センサーは人がいる・いないを判断するような簡易的なものですが、消し忘れ防止としては効果が見込めるかと思います。

パナソニックの魅力であるナノイーXはしっかり搭載していますし、自動お掃除も屋外排出式となっています。

▶︎機能はシンプルでもいいけど電気代は抑えたい
▶︎お部屋のニオイや菌にも効果があるといいな

▶︎出すとボックスの手入れも面倒だな
こんな場合におすすめの機種となっています。

発売から間もないこともあり超省エネグレードとの価格差があまりない場合もありますが、今後の価格の変化に注目の機種となっています。

熱交換器には親水コーティングがされています。親水コーティングとは撥水の逆で、水と結びつきやすくなる加工のことです。熱交換器と汚れの間に水が入り込むことで汚れを浮かせて洗い流しています。車のコーティングでも採用されていることもあるので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

 

おすすめ③ムーブアイ搭載
三菱 Lシリーズ

▼例 2.8kw MSZ−L2818

更に予算重視で選ぶならムーブアイ搭載のこちらがおすすめとなります。

省エネ性こそシンプルモデル並になってしまいますが、ムーブアイはやはり優秀です。

▶︎居間なら無駄を抑えた運転
▶︎寝室なら夜でもセンシング
日立のくらしカメラは画像を使うのに対し、ムーブアイは温度を計測しているため暗い寝室でもしっかりと快適をキープしてくれます。寝冷えで困った経験がある方におすすめしたいモデルとなっています。
 

以上が居間や寝室におすすめの機種となります。

▶︎省エネや暖房も重視するならパナソニックAXシリーズ
▶︎予算を優先するなら三菱Lシリーズ
▶︎予算と省エネのバランスを取るなら日立
こういった選び方で良いかと思います。

 

子供部屋におすすめ

 子供部屋に取り付けの場合は、フィルター自動掃除をつけるかつけないかで悩む方が多いかと思います。

基礎知識のパートでも書いたように、個人的にはフィルター自動お手入れがあるに越したことはないかと思うのですが、予算次第でシンプルグレードも候補になるかと思います。

エアコンは1家に何台もつけないといけないことも多いですから、予算の配分を考える必要がありますよね。そこで両方のパターンでおすすめ品を紹介させていただきたいと思います。

フィルター自動掃除あり
三菱Lシリーズ

▼例 2.2kw MSZ−L2218

先ほども登場した三菱Lシリーズです。魅力も同じなので省略しますが、おすすめポイントはやはりムーブアイです。
 

フィルター自動掃除あり
富士通 Dシリーズ

センサー機能をはじめ、機能自体は比較的シンプルな内容となっています。その分価格もお得になっていることが多いので、予算は抑えつつもフィルター自動掃除付きモデルを探すなら候補になる機種ではないかと思います。

電気集塵式の空気清浄を搭載していることが魅力となっています。
 

フィルター自動掃除なし
富士通 Cシリーズ

▼例 2.2kw AS−C22H

フィルター自動掃除なしのモデルではメーカーごとの差が少ないので、その時の価格で決めても良いかと思います。同じくらいの価格でどうしても悩んだ時は参考になるかもしれません。

お買い得シンプルモデルの定番といえばパナソニックのFシリーズも思い浮かびますが、あちらはリモコンで左右の風向の調節ができません。富士通CシリーズはOKなので、居場所によって風向きを変えたいという方におすすめとなります。

逆に風向きが気にならなくて、価格もパナソニックのFシリーズが安ければそちらでも良いかと思います。
 

フィルター自動掃除なし
三菱 GEシリーズ

三菱の中では一番手頃なグレードですが、それでも温度センサーがついているのが三菱の強みですね。

このGEシリーズではムーブアイではなく、床面の温度を見張るフロアアイ搭載となっています。ムーブアイのように人の体感温度を測定することはできませんが、お部屋の天井付近と床面付近では大きな温度差があることも多く、人のいる場所に近い温度を測ることができると言うメリットがあります。

通常エアコンは室内機に取り入れた空気の温度を測定することで設定温度に達したかを判断しています。ですから、天井付近が設定温度に達すると運転を弱めてしまうんですね。特に暖房の時には暖気が上昇してしまうので、足元がまだまだ寒かったりします。こういった時に役立つのがフロアアイと言うわけです。

子供部屋におすすめの機種は以上となります。
フィルター掃除をつけるかどうかで結構価格が変わってきます。逆にフィルター掃除あり同士・なし同士を比べた時の差はそれほとありませので、価格で決めても良いかもしれませんね。

複数台をまとめ買いする場合は、量販店によっては同一メーカーだと割引になることもあります。そういう場合はリビング用を選んで、寝室や子供部屋は同じメーカーで合わせるといった選び方でも良いと思います。

 

エアコンの選び方 基礎編まとめ

  • エアコンの対応畳数は結構分かりにくいので、表の見方をしっかり覚えましょう
  • 暖房を使う・使わないは最初に決めておきましょう
  • エアコンは性能によって大きく4つのグレードに分けられる
  • 省エネ性能が高い=暖房性能も高いので出来るだけ★マークが多いものを選びましょう
  • 取り付けする部屋によってどれくらいのグレードにするか見当をつけましょう

以上エアコンの選び方基礎編でした。

※エアコンのお問い合わせの専用ページを作りました。
エアコン専用質問ページ
エアコンのお問い合わせが多く、コメント欄が長くなってきましたので専用ページを作りました。
ぜひこちらをご利用ください。

トップページへ戻る

-エアコン
-

Copyright© 白物家電ブログ , 2018 All Rights Reserved.