掃除機 買ってはいけないシリーズ

【買ってはいけない掃除機】現役販売員が選ぶ!内心おすすめしたくない掃除機メーカーは?

「安くて良さそうのことが書いてある掃除機を見つけたんだけど、これって本当にいいの?」

掃除機ってコードレスも出てきて、本当に数が多くなりましたよね。

しかもどれも「軽くてよく吸う」みたいにいいことばっかり書いてあったりするわけです。

となると、余計に選ぶのが難しくなっちゃいますよね。

ということで、本日は

▶︎店員が内心おすすめするにはちょっと厳しいと思っている掃除機

をテーマに、普段いいことばっかり書いてある商品のリアルな部分をお伝えしちゃおうかと思います。

あまり包まずにダメなところを書いています。

そういうのを気にせず楽しくお買い物したい方はブラウザバックをしてください。

スポンサーリンク

おすすめしないメーカー

おすすめしないメーカーはズバリ・・

アイリスオーヤマ

マキタ

この2つです。

順番に理由を書いていきますね。

ちなみにちゃんと全部店頭で試しています。

アイリスオーヤマ

買ってはいけないシリーズでは皆勤賞のアイリスオーヤマです。

相変わらずセオリー無視の不可解な商品に思えます。

本当に掃除機のことを知っている人が考えたのか不思議で仕方ないです。あくまで個人的に意見ですけどね・・。

売れ行きがいいのはこのあたりでしょうか。

 

下重心・上重心の違いはあるものの、似たような特徴なのでまとめてお話します。

▶︎不可解①
紙パック式

コードレス掃除機ではほとんどの製品でサイクロン式が採用されています。

にもかかわらずこの製品は紙パック式なんですよね。

「フィルターを手入れするよりも、紙パックの方が楽チン」

わかります。わかりますよ。

それはその通りなんですけど、それでも各メーカーが紙パック式にしないのにはちゃんとわけがあるんです。

コードレス掃除機は吸引力は強くありません。

にもかかわらず紙パックにゴミをためていってしまったら、もっと風の通りが悪くなってしまって吸い込みが悪くなってしまいます。

ですから、他のメーカーは面倒なのは承知の上で、手入れすればしっかり吸えるようにサイクロン式で作っていいるんです。
 

▶︎不可解②
紙パックの使い勝手も・・

紙パック式のいいとろこは手入れが楽なこと・捨てる時にホコリが舞いにくいことです。

ですが、このモデルの紙パックはかなり小さいです。

まぁ、本体もスリムですし、もともとメイン掃除機想定じゃないでしょうからこれは仕方ないかもしれません。

でも、紙パックの取り付け方はちょっといかがなものかと思います。

普通の紙パック式ってカートリッジみたいに簡単に付け外しできるじゃないですか。でもこのモデルはリングみたいな部品に紙パックを挟んで、それから本体に装着しないといけないんですね。

ですから、紙パックの付け替えの時にホコリがこぼれたり、舞ったりしてしまいます。

しかもそのリングと紙パックの穴の径があっていないんですね。

ですから、パックを隙間ができないように上手に付けないと、パックとリングの間からホコリが漏れっぱなしみたいなこともあります。
 

不可解③
ハンディモップ付き

「画期的」みたいに感じる方もいるかもしれませんが、掃除機にモップをつけるってどうなんでしょう。

家電メーカーは恥ずかしいからやらないですよね。

というのも、「掃除機だけでは役目を果たせないからモップも使ってね。」っていっているのと同じですからね。

他のメーカーはハンディ掃除機としての使い勝手まで考えて作っているのに、アイリスオーヤマはハンディにすらならないですからね。

もちろんハンディモップは便利ですよ。

私もクイックルとかウェーブのハンディモップ使ってます。使い捨てで清潔ですし、楽チンですよね。 

不可解④
軽くてスリムの代償

掃除機の理屈として「軽いとパワーがでない」「スリムだと音が響きやすい」というのは店員ならだいたい知っているくらい当たり前のことです。

それなのにこの掃除機は過度に軽くてスリムです。

結果、"音は立派なのに意外と吸わない"掃除機になっているんですね。

なんでこういうバランスにするんでしょうか。
 

アイリスオーヤマまとめ

まぁ、たくさん書きすぎて批評というより悪口みたいになってしまったんですが、それくらいルール無視の作りなんですよね。

他のメーカーがあえて避けているようなことを平気でやって「画期的」みたいに見せるのは本当にどうなんでしょう。

あくまで個人的な意見ですが、本当におすすめしたくないです。
 

マキタ

マキタはアイリスオーヤマとは違ってすごく良い製品だと思います。

ただ、ちょっと一般家庭で使うには合っていないとは思います。

建物の清掃の仕事をしている方に良く使われているイメージですね。

その用途なら私もマキタが一番良いと思います。

ただ、だからと言ってそれを家に持ち込んでも同じように活躍できるかと言われるとそうではないです。

誤解①
業務用だから良く吸う

業務用って聞くと「ハイパワー」みたいに連想する方もいるかもしれませんが、そうでもないんです。

むしろマキタはパワーはそれほど強くないです。

というのも、ビルとかショッピングモールの床を綺麗にできればそれで役目を果たせるわけです。

そういう場所は大抵ツルツルの床・コンクリートが多く、合っても毛足の短いカーペットくらいです。ゴミの大半は砂やホコリですね。

つまり、本来の使用目的で考えるなら吸引力は別にそれほど高い必要はないんですね。
 

誤解②
家でも大丈夫

「業務で使われているくらいなんだから、家で使うなら十分な性能だろう」こんな風に思っている人もいるかもしれませんね。

ところが実際には、上で書いたように商業施設と一般家庭では床も落ちているゴミの種類も違うわけです。

家庭を掃除する場合、コードレス掃除機ならパワーヘッドは欠かせないポイントです。

ですが、マキタはパワーヘッドでないどころか回転ブラシもないんです。
 

マキタまとめ

なんどもいいますが、清掃員さんみたいな状況で使うならこの上ない掃除機だと思います。

なんというか、業務用に特化しているからこそ、家庭には合わないみたいなことです。

それを無理に家庭に持ち込んで、「コスパ最高」とか「業務用だからすごい」みたいに広まったのが残念です。

 

メーカー品にもありますよ

次は「メーカーとして悪いわけじゃないんだけど、このモデルは・・」って言うモデルを紹介していきますね。
 

パナソニック
MC-BU110J

掃除性能がどうこうってわけじゃないんですけど、充電台から下ろすときだけいまいちなんですよね。

充電台から外れにくく、持ち上げると充電台がくっついてくる

充電台から下ろして床につけてもヘッドが浮いたまま

みたいなケースがちょこちょこあるんです。どちらも手で押さえればいいだけなんですけど、頻発するとイライラしちゃいますね。

 

パナソニック
MC-SBU310J

ダストケースが一番上に配置されているせいか、吸い込んだはずのゴミがパイプの中に残っていることがあります。

で、電源を切ると落ちてくるんですよね。

チリ・ホコリくらいなら軽いので問題ないのですが、米粒くらいの大きさのゴミになると時々厳しいようです。

あと、フィルターがスポンジみたいになっているのも手入れしにくくて好きじゃないです。

生産完了なので見かけることも少なくなりましたが、時々残っているものが特価になっていたりします。気をつけて下さい。
 

シャーク
EVOFLEX

いっとき"ダイソンキラー"として話題になりましたが、予想通り返り討ちにあったようです。

重い重いと言われるダイソンよりもさらにもっと重いですからね。そりゃ人気が出るわけがないです。

ダイソンができないことを可能にするための"Wブラシヘッド"や"折りたたみ構造"が重さの原因となり、結果的に自分の首を絞めてしまったパターンですね。

吸引力自体は強いんですが、ダストケース周りの作りも雑に見えます。本体の蓋を開けるとスポンジのようなフィルターが入っているんですけど、その部屋自体がかなり汚れます。

スペック自体はいいように見えて、ダイソンと戦うための土俵選びにセンスがなかったようですね。

ちなみに「ダイソンの社長が北米から持ってきた」とか、「北米で〇〇万台売れてる」とかも完全な間違いではないものの、ちょっとした誤解があるので鵜呑みにしないで欲しいです。

それと、ハンディのこっちもあんまりおすすめしないです。

スリムな見た目に見合わず吸引力もあって、結構いい部分もあります。

ただ、ダストケース容量がすごく小さいことと、フィルターが外しにくくて、手入れしにくいことが残念です。

形と吸引力はいいのにもったいないです。

 

番外編

ここまでコードレス中心にお話してきましたが、コード付きなどその他のタイプも紹介しておきたいと思います。

アイリスオーヤマのスリムタイプと布団掃除機

 

 

どちらもコード付きなので吸引力が弱いとかそういうのではないんですが、びっくりするほど音が大きいです。

掃除機に限らずこれほど運転音の大きな家電って他に見たことないです。

手に取ったお客様が、スイッチ入れたら音にびっくりして、すぐに電源切ったりするのを見かけるレベルです。

 

まとめ

以上、おすすめしない掃除機の紹介でした。

あくまで個人的な意見です。上記のモデルで満足して使っている方が大勢いることも承知してはおります。

ですが、思っていることを素直に書かせていただきました。

気を悪くしたり、機種選びの邪魔になってしまったりしたら申し訳ありません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

少しでも参考になれば嬉しいです。

▼トップページへ戻る

-掃除機, 買ってはいけないシリーズ

Copyright© 白物家電ブログ , 2020 All Rights Reserved.