白物家電ブログ

最新生活家電で暮らしをもっと快適に!

暖房器具

【あったかいの?】電気暖房の選び方とオススメ機種

更新日:

灯油なしで使えて便利そうだけど、電気暖房ってどんなもの?

最近の灯油代の値上がりもあって、電気で使える暖房が気になっている方も多いんじゃないかと思います。

「でも、たくさん種類があってどれを選んだらいいの?」

「ちゃんと温まるの?」

そんな疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

そこで本日は、電気暖房の種類の解説とおすすめ品紹介をしたいと思います。

 

 

 

電気暖房の種類

電気暖房は大きく分けて2種類あります。

①温風は出さず人を直接温める系

②空気を温める・温風を出す系

色々な種類をこの2つに当てはめるとこのようになります。

■温風は出さず人を直接温める系■
▶︎ハロゲンヒーター
▶︎カーボンヒーター
▶︎グラファイトヒーター
▶︎シーズヒーター
▶︎コアヒート(コロナ) セラムヒート(ダイキン)
 

これらの特徴は・・

人を直接温めるので即暖性が非常に高く、電源オンですぐに温かさを実感できます。

その代わり、いくらつけてても部屋はほとんど暖まりません。

長時間つけていれば回りの家具や壁・床なども暖まり少し部屋が暖かくなったように感じる場合もあります。本当にふんわりと程度です。

 

■空気を温める・温風を出す系■
▶︎電気ストーブ
▶︎パネルヒーター
▶︎セラミックファンヒーター
▶︎オイルヒーター

これらの特徴は・・

即暖性が非常に低く、部屋が暖まるまで長い時間が必要です。(セラミックヒーターの場合は近くで温風に当たっていればすぐに温かいです)

パワーもあまり無いので、広い部屋だと暖かさを感じられないことがあります。

その代わり、狭い場所で長時間運転すれば部屋が温まります。
 

 

電気代について

電気暖房といえば電気代が気になるという方も多いはずです。

実際に電気代は結構かかりますからね。

そこで「省エネなモデルは?」と探したくなるのも当然ですね。

ところが残念ながら多少の差はあるとして、特別に省エネな電気暖房というのはありません。

形式に違いこそあれ、電気を熱に変換している点で共通で、電気を使った分しか暖かくすることができないんですね。
 

ですが、諦める必要はありません。

"節電"することはできます。

必要な分だけ使うようにして、使う電気自体を減らすことが電気代を抑える上で重要です。

そのためには

▶︎タイマーで消し忘れ防止

▶︎パワー調節で必要な分だけ運転

こういったものが有効です。

特にパワー調節が細かくできるモデルは快適さの面でも、節電の面でも有利です。

このページでは主にコロナの製品が該当します。

 

それでは、種類別にオススメ機種をご紹介していきます。
 

人を直接温める系

ハロゲンヒーター

こういった扇風機のような形のものが多いです。最近はあまり見かけませんね。

カーボン、グラファイトの下位互換と思って頂ければいいです。

オススメというほどの機種も無いので省略します。

ハロゲンランプなので少し明るく光ます。

つまり電気を明るさにも使ってしまっているので、熱効率が下がってしまっているんです。

価格が比較的安いので、会社や集会所など予算を抑えて手軽に暖房を使いたい時には活躍できそうですね。

 

カーボンヒーターのおすすめ3モデル

今電気暖房で一番種類が豊富なのはカーボンヒーターです。

つけるとすぐ温かく(数十秒)体を温めるのに適しています。

速暖性能が高い反面部屋は暖まりませんし、あたっている部分だけ温かいので距離が離れると暖かさはぐっと落ちてしまいます。

活躍シーンとしては一人で部屋にいる時や外から帰ってきてすぐに温まりたい時に便利です。

カーボンヒーター
オススメ①コロナ DH-C918

 

便利な10段階出力調節

こちらの機種は運転の強さを10段階で調節が可能となっています。

電気暖房はどうしても電気代が高いものですが、必要な分だけ使うことで節電できます。

多くの電気暖房は強・弱2段階調節です。

「弱だと物足りないけど、強だと暑い・・」

「消すと寒いけど、弱でも暑い」

こういうことって冷暖房の家電だと起こりやすいですよね。

こんな時でも10段階調節ならちょど良いパワーで運転ができるんです。

快適と節電を兼ね備えた機能と言っていいですね。
 

また、補助暖房としても優秀です。

エアコンの暖房プラス電気暖房という使い方は電気を使いすぎになりやすく、ブレーカーが落ちる心配があります。

そんな中、こちらの機種であれば運転を必要な分だけに絞ることによってエアコンと併用しやすい機種になっています。
 

どこでも手軽に暖房

電気暖房の持ち手部分は本体裏面についていることが多いのですが、こちらの機種では上部に持ち手がついています。

コンセントさえあればすぐに使える電機暖房ですから

▶︎キッチン

▶︎脱衣所

▶︎ソファーの近く

など、いろいろな場所に運んで使うことも多いかと思います。

上向き持ち手採用なので、立ったまま楽に本体を移動することが可能となっています。
 

また、自動首振りも搭載しておりますので、使う人数によって暖房の幅を変えることができるようになっています。

本体がスリムなので、首振りしても邪魔になりにくいのも利点ですね。

 

カーボンヒーター
オススメ②山善 DC−RK094

出力2段階切り替えで首振り機能がついたスタンダードなカーボンヒーターです。

リモコンが付いていて出力切り替え・首振り切り替えできます。

「暑くなってきたし弱に」

「1人になったから首振りは切ろうかな」

こんな時に便利ですね。

無駄を減らして節電がしやすいともいえます。

電源の入り切りはリモコンではできなくなっています。誤作動を防ぐための安全策ですね。

 

カーボンヒーター
オススメ③トヨトミ EH−Q100I

メーカーさんのサイトだと遠赤外線ヒーターという種類になっているんですが、カーボンヒーターに近い特徴なのでここで紹介させていただきます。

首振りもタイマーも無く、出力調節も2段階のシンプルタイプです。

その分値段はお手頃になっていて、暖かさも十分です。

▶︎キッチン

▶︎書斎

など、1人で使い、さらに定位置にいるような時にはこれでも十分ではないでしょうか。

 

グラファイトヒーター

カーボンヒーターとよく似ているのですが、つけると一瞬で温かくなるのが特徴です。

活躍シーンとしてはカーボンヒーターと同じですね。

こちらの方がより早く暖かくなります。

帰宅時など、すぐに温まりたい時に使うのに適しています。

グラファイトヒーター
オススメ品 コイズミ KKS−0987

900W/450Wの2段階調節に首振り運転のついたシンプルなモデルですが、なんと電源オンからの立ち上がり時間はわずか0.2秒となっています。

一刻も早く温まりたい時にはやはりグラファイトが有利ですね。

 

シーズヒーター 2機種

シーズヒーターはカーボンやグラファイトヒーターのようにすぐに温かくなるわけではありません。
全開になるまで大体5分程度かかります。

その代わり、1番体の芯からあたためてくれるので、体に温かさが残りやすいんですね。

暖房の前から離れて台所やトイレに言っても、結構へっちゃらです。

ずっと暖房に当たっている状態で、1人だけならこの1台でも乗り切れるレベルで暖かいです。
 

シーズヒーター
オススメ①コロナ DH−918R

便利で使いやすい設計

DH−C918R同様に出力10段階調節のモデルです。

コアヒートは近くにいると本当に暖かく、ずっとあたっていると暑くなってきます。

それだけに出力調節が細かいのは大きな利点です。

暑すぎず・寒すぎず、そのちょうど良い運転ができるのが10段階調節の良いところですからね。
 
 

パワーモニターで暖かさをお知らせ

その他の機能もDH−C918Rとほぼ共通で、首振りと大型の上向きの持ち手がついています。

さらにこちらにはパワーモニターがついており、運転の状況が一目でわかるようになっています。

▶︎消したつもりがついていた

▶︎今の消費電力ってどれくらいかな

こんな時に役立つ機能となっています。

速暖性があまり高くないので、最初から首振り運転にすると物足りないかもしれません。

体がある程度あったまっていれば、首振りでも大丈夫です。

 

コアヒート(シーズヒーター)

コアヒートは種類ではなくコロナ商品名で、シーズヒータの一種です。

電気暖房では一番オススメできる商品です。

シーズヒーター
オススメ② コロナ DH−1218R

 

私も自室用に1台購入しましたのでヒーターを横向きにした状態の写真を載せておきますね。

横向きにすると二人並んで座ったときにちょうど良い範囲になりますし、ごろんと寝転がったときでも全身をカバーできるのですごく気に入っています。

こちらも出力調節はダイヤル式の10段階。

体が温まってきたあとは1か2位でも充分に温かいですよ。

無駄の少ない運転で電気代も節約しやすく、エアコンと併用がしやすい機種と言えます。

暖かい上にほとんどが運転音がないのでテレビをみたり音楽を聞くときにも邪魔にならないのが大きな利点ですね。

我が家でも大活躍しています。

予算が合うなら一番オススメの機種となります。

以上温風出ない系のご紹介でした。

 

温風出ない系まとめ

温風出ない系で全て共通して言えるのは、「当たってないと意味が無い」です。

補助的に使ってこそ満足できる品物です。
 

これだけで冬をしのぐのはちょっと難しいかもしれません。

1人でずっと同じ場所にいるなら暖かいのですが、やはり部屋はほとんど暖かくなりません。

その点に注意した上でこんな場合におすすめです。

▶︎ハロゲンヒーター

比較的低価格です。使用頻度が低い部屋などの臨時用としてなら。
 

▶︎カーボンヒーター

ハロゲンの次に低価格で体もそこそこ温まります。

期待しすぎなければコスパはいいです。

ちょっとだけ寒いときや、エアコン、ファンヒーターで部屋が暖まるまでの補助に最適です。
 

▶︎グラファイトヒーター

点けたとたんにあったかで、外から帰ってきたときや朝起きたときにすぐ温まりたい場合におすすめです。
 

▶︎シーズヒーター(コアヒート含む)

暖房の前にずっといればかなり温かいです。

全開になるまでは少し時間がかかります。だいたい5分くらいでしょうか。

一人でいて部屋全体を温めるのはもったいないときにオススメです。
 

温風が出る、空気を温める系

電気ストーブ

電熱線のヒーターですね。定番なので使ったことがある方もおおはずです。

価格が安いので良く会社の事務所なんかにその場しのぎ的においてあったりします。

昔ながらの見た目ですね。ヒーター菅がジリジリと暑くなり、少しずつ周囲の空気を温めていきます。

オーブントースターの扉を開いて使っている様なもので、ごくごく近距離ならかなり熱いです。

温風が出るわけではないので本体からの距離が離れると効果がだいぶ薄れてしまいます。

また、本体が熱くなるので、お子さんがいる場合には注意が必要となります。

予算優先で選ぶものなのでオススメ機種は省略します。

 

パネルヒーター

熱い鉄板が置いてあってその周りの空気を温めるといったらいいでしょうか?

ホットプレートを使ってお料理しているときに、周りが少しあたたまるのと同じです。

薄型のモデルが多く、足元などの近距離で長時間使うことを想定された造りになっています。

最高出力が抑えられていて、ゆーっくりと温めていきます。

安全性が高く、長時間使っても熱くならない利点がありますが、その代わりパワーは低く、速暖性も低くなっています。

こういった板状の暖房器具です。

オススメするほど機種が多くないので、機種紹介は省略します。

 

セラミックファンヒーター
オススメ4機種

温風がでて、電気だけで使用できるファンヒーターです。

灯油を使わない分当然パワーは石油ファンヒーターには遠く及びません。

ですが、

▶︎比較的早く温風が出る

▶︎狭い場所で使えば空気も温まる

といった利点があります。

暖かさの目安は

セラミックヒーターとヘアドライヤーはだいたい同じ程度の消費電力となっています。

少し内容は違うのですが、だいたい同じ程度の熱量と考えていただいて問題ないです。

ドライヤーは電源を入れればすぐに温かい風がでますよね。

そして吹き出し口付近はかなり熱い風がでます。

「髪を乾かしてたら汗ばんできた」
こんな経験はありませんでしょうか。

セラミックヒーターでも同じことが言えます。

近くで使えば熱いからと言って、部屋にドライヤー向けてても部屋があったまることは無いですよね。それと同じです。

対応畳数ってなかなか無いんですけど、無理やり当てはめるなら4畳半くらいまででしょうか。

あとは断熱材と気密性で多少前後します。

やはりこれだけで済ますのは厳しい場合も多いです。

ただし、他の電気暖房と違って温風がでますので、お部屋の温め効率はそれなりに良いです。

ワンルームにお住いの学生さんなんかはこれだけで過ごす方もいる様ですね。

 

セラミックファンヒーター
オススメ① シャープ HX-H120

 

 

セラミックファンヒーター
オススメ② パナソニック DS−FKX1205

 

どちらも
▶︎加湿機能
▶︎イオン機能
がついています。

シャープが1200wでパナソニックが1250wですが、実感できるほどの差はないかもしれません。

パナソニックは人センサー搭載で、本体周囲から人がいなくなると自動で運転offになる設定も可能となっています。

 

加湿機能やイオン機能がいらない場合は

セラミックファンヒーター
オススメ③ パナソニック DS−FS1200

出力調節とタイマーのみのシンプル操作の機種です。

コンパクトな本体ながら1120wのハイパワーモデルとなっています。

置き場所がなかなか取れないなぁという時におすすめの機種となっています。

足元用なんかにはちょうど良いように思います。

 

▼少しでも効率がいいものお探しならこちら

セラミックファンヒーター
オススメ④ ダイソン HP03

暖房の出力自体は上の3機種とそんなに変わりませんが、風を遠くまで飛ばすのは得意なモデルです。

部屋全体とはいかなくても1〜2m位先まで温風が届くのは、さすが空力のダイソンといったところですね。

セラミックファンヒーターで一番効率がいい機種でしょう。

とはいえ価格はお高めです。

価格ほどに暖かいかと聞かれると返答に困りますが、やはり独自の魅力はありますよね。

▼ダイソンホットアンドクールリンク購入しました。
使用レビューはこちらから

 

▼その他のセラミックヒーターの選び方とオススメ品をまとめました。

オイルヒーター

パネルヒーターの集合体と思って頂ければいいでしょうか?

熱いオイルが循環して熱せられた鉄板が何枚もならんでいます。

熱い鉄板と鉄板の間の空気が温められて、部屋の空気を徐々に温めていきます。

即暖性は低いもののオイルヒーターはそれ自体が熱を蓄えるので、持続性には優れています。

これがオイルヒーターと他の電気暖房の違いですね。

電気だけでお部屋の暖房となれば一番現実的な種類になるかと思います。

ただし、暖かさはファンヒーター→エアコン→→→オイルヒーターくらいになります。

▼エアコン

電気でコンプレッサーを動かし、効率よく空気中の熱を集める
 

▼オイルヒーター

電気を熱に変え、オイルを温める
 

この様に、電気で使う暖房でも仕組みが全然違うのですね。

もちろんエアコンの方がずっと効率が良いです。

ただ、エアコンは工事が必要なので、取り付けが難しい場合もあります。

そんな時にはオイルヒーターが候補になりますでしょうか。

オイルヒーター
オススメ機種 デロンギ RHJ75V0915

Xフィンという表面積の大きな放熱板を採用することで、空気を温める効率をよくしています。

また、放熱板と放熱板の隙間が細いので、安全性も高くなっています。

小さなお子さんのいるご家庭におすすめの機種となっています。

▶︎オイルヒーターのメリット

・運転音が静か

・空気の汚れや乾燥が少ない

・時間をかければそこそこ温まる

機種によってはフィン(鉄板)の側面も触ってすぐにやけどするほどの高温にならないので安全性も高いですね。

小さなお子さんがいるお家には向いているかと思います。ゆっくり優しく温める暖房器具と言えます。

▶︎オイルヒーターのデメリット

・電気代が高い

・温まるのには時間がかかる

・広い部屋には効果が薄い

1500wで利用した場合の1時間当たりの電気代は約40円です。

だからと言ってパワーを弱めて使ったり、使う時間を短くすると暖かさが感じずらい品物です。

メーカーさんの記載だとオススメ10畳程度までとなっていますが、時間を書けないとなかなか暖まらないと思います。

 

電気だけで頑張るなら

どうしてもエアコンも灯油も使えない場合はオイルヒーターが一番ですが、その場合は電気代のことは諦めるしかないというのが正直な意見です。

エアコンや灯油といった効率の良い手段を避けているのである程度は仕方ないかと思います。

▼電気代は・・

1500wで使用時の1時間あたりの電気代は約40円です。

1日8時間で約320円
 ↓
一ヶ月で約10,000円
 ↓
冬の3ヶ月で30.000円

これくらいの目安になります。

魅力も多いのですが、期待が大きいと「思っていたのと違う」ってなりやすいかもしれないです。

以上温風が出る、空気を温める電気暖房のご紹介でした。

 

まとめ

上記の温風、空気を温める系の共通点は即暖性が低いことです。

パワーはエアコン、灯油には遠く及ばびません。

パワーではなく、手軽さや価格が魅力の製品と言えます。

それを踏まえた上でこんな場合にオススメです。
 

▶︎電気ストーブ・パネルヒーター

ごく近い距離で使うならこちらが手頃です。足元だけ温めたい場合に近くにおいておくとほんのりあったかいです。
 

▶︎セラミックファンヒーター

普段あまり使わない部屋など、エアコンも石油ファンヒーターも無い場所で使うのに適しています。

温風がでるので、台所や脱衣所などの狭い空間で締め切っていれば暖めることが出来ます。
 

▶︎オイルヒーター

エアコンが取り付けできない・灯油も使えない。そんなときに頼れるのはもうオイルヒーターしかありません

正しく理解すればそれなりに良い品物なんですが、価格が高いせいで過度の期待を寄せる人が多い印象です。

これで済むならもっと普及しているはずというのが本音です。

 

個人的オススメランキング

▲おすすめ度:高

10 灯油、省エネ型エアコン
9
8 普通のエアコン(畳数適正)
   コアヒート(機械の目の前、部屋じゃなくて自分の温かさ)
7 普通のエアコン(暖房は使わないつもりで買った場合)
   カーボンヒーター(機械の目の前、部屋じゃなくて自分の温かさ)
6 (超えられない壁)
5 オイルヒーター
4 (超えられない壁)
3 コアヒート(機械の目の前にいない場合)
   セラミックファンヒーター
2 カーボンヒーター (機械の目の前にいない場合)
1 電気ストーブ パネルヒーター

▼ おすすめ度:低

最後に電気代の目安

電気暖房はどれも電気代は高9、節電したい場合は使う量を減らすしかないです。置き場所や断熱性を高める工夫が必要ですね。

消費電力ごとの電気代は次のようになります。

1500w 1時間約40円 8時間約320円 1ヶ月約1万円
1200w 1時間約32円 8時間約260円 1ヶ月約8000円
1000w 1時間約27円 8時間約220円 1ヶ月約6500円
800w   1時間約21円 8時間約170円 1ヶ月約5000円
600w   1時間約16円 8時間約130円 1ヶ月約4000円

大体こんな感じです。ご希望の機種の消費電力に当てはめてみてください。

さて、いかがでしたでしょうか?

電気暖房特集。正しく理解して快適な生活をお送り下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

▼トップページへ戻る

おすすめ記事

1

洗濯機の種類にはどんなものがある!? 最新の洗濯機事情を一挙紹介? 年々進化・多様化している洗濯機。 たくさんの機種から選べるのはありがたい ...

2

人気のコードレスを比較! 2018年はコードレス掃除機の重要なターニングポイント!! 年々進化し、種類も増えているコードレスクリーナー。 「 ...

3

エアコン選びは難しいもので、家電の中でも最難関のカテゴリーと言えるかもしれません。 メーカーごとの機能・特徴や種類・サイズが豊富ということは ...

-暖房器具

Copyright© 白物家電ブログ , 2018 All Rights Reserved.