テレビ関連 買ってはいけないシリーズ

【買ってはいけないテレビ】リビング向けテレビで店員の評価が低めのモデルを紹介

今のご時世ですと、ネットや通販でテレビの購入を考える方も多いんじゃないかと思います。

でも、通販番組やネット記事ではいいことばっかりいうんですよね。

まぁ、宣伝ですからしょうがないですけど・・。

「このテレビはコスパが高い」

とか

「〇〇のメーカーは安くても性能は良い」

みたいなうたい文句をたくさん見かけると思います。

そんな中で、店員として正直な意見を書いちゃおうというのが、この”買ってはいけない"シリーズです。

このページでは

よく"お買い得"とか"コスパが高い"と言われるモデルと、それよりもちょっと高めのモデルの違いを説明しつつ

私以外のテレビコーナーのスタッフの意見も交えて

紹介して行きたいと思います。
 

はじめに

"買ってはいいけない"と言いつつも、もちろん場合によります。

最初に書いておきたいのですが、

どんな場合でも買ってはいけないテレビって言うのはありません。

ご予算もあるでしょうし、テレビに求めるレベルも人それぞれと思います。

私も、みなさんがみなさん、高性能なモデルを希望するわけではないことは重々承知しています。

寝室や自室に10万円クラスのテレビを買う方は少ないですし、「テレビはそんなに見ないよー」という方もいるかと思います。

ですので、

条件としては、リビングで使うテレビ(メイン使用)の場合

として捉えていただけると助かります。

「高性能じゃなくてもいいけど、あんまりショボいのもやだなぁ」みたいなケースを想定して書いています。

100点満点でいうなら、"60点よりは取れる性能"が希望というイメージですね。

みなさんなんとなく感じているように、テレビは映っているところを見ないと選び辛い家電でもあります。

「高画質ですよ」とか「4Kなんです」といった説明だけ見ると、必要以上に期待が大きくなりやすい家電かもしれません。

例えば

▶︎ネットでコスパが高いと言われる商品を実際に見に来て、実物を見たら「この映りならやっぱやめておこう」ってなる。

▶︎通販番組で買ったテレビの映りがいまいちで、「これってこういうものなんですか?」ってお店に聞きに来る。

といったように、期待と実際のギャップが大きくて、「こんなはずでは・・」ってなることはまぁまぁあります。

他に、「買ったテレビが暗い」「疲れる」「音が聞きにくい」といった相談も多いですね。

そんなケースを避けるために参考にしてもらえればと思います。

 

どのメーカーがいい?

まず最初に気になるのは

「どのメーカーがいいの?」

っていうところじゃないでしょうか。

リビング用として人気があるのは

ソニー(ブラビア) パナソニック(ビエラ)

この2強です。

東芝、シャープも人気がないわけではないですが、まぁ10年前みたいな勢いは全然ないです。

そうはいっても、どのメーカーにも魅力はありますし、注意が必要なこともあります。

例えば、ソニーでもいまいちなやつはいまいちです。

メーカーだけで判断するのは難しいというわけですね。

まぁ、それでも優先順位をつけるなら

同率1位 ソニー・パナソニック

同率2位 東芝・シャープ

3位 LGなどの海外メーカーやヤマダ電機のFUNAIなどの格安メーカー

同じグレードどうしならという条件で、こんな風になります。

ちなみにアイリスオーヤマとか、ホームセンター系のテレビは普通にやめておいた方がいいです。

それならフナイとかLGの方がよっぽどおすすめですね。

やっぱり長く作っているメーカーが安心です。

 

買ってはいけないテレビ

それでは本題に入って、(期待しすぎて)買ってはいけないテレビの紹介をしていきたいと思います。

主に、期待が大きくなりがちで、でも実際はそれほどでもないというモデルですね。

 

有名どころは2機種です。

東芝 Mシリーズ

おすすめ度(10段階) 4
倍速 なし
視野角 狭い
明るさ 十分
ネット動画 対応

⭕️ネット動画対応

⭕️価格は確かに安い

❌正面以外から見たときの色合いの変化が大きい

❌色合いもややクセあり

"コスパ"っていう言葉で紹介されていることが多いテレビと思います。

確かに安いですね。

メーカー的には中位の位置づけなんですかね。

でも、大手メーカーのテレビとしては性能はかなり低めです。

有名ブランドの罠

メーカーも東芝、レグザのブランドで、聞き覚えのある方・使っているという方もいるんじゃないかと思います。

そこが罠というか、10年くらい前だと確かに東芝はよく売れていました。

ですが、今はもう全然勢いはないです。

あと、東芝の中でももちろんピンキリなわけです。

メーカーだけで、「おっ、東芝でこの値段なら安いんじゃない」って判断するのは危険です。

問題は発色と視野角

このモデルの弱点はズバリ"画質"です。

明るさは十分あるんですが、色合いにややクセがあります。

主に肌とか明るい色合いの発色がよくないというか、くすんだ印象なんですね。

あと、大手メーカー品のテレビとしてはかなり視野角が狭いです。

正面からはそれほど違和感ない画面なんですが、斜めに移動するほど、どんどん白くモヤがかった見た目になります。

もともと画面が明るい分、横から見たときの白っぽさがかなり出ちゃうんですよね。

これは、このモデルで採用されているVAパネル全般に当てはまることでもあるのですが、その度合いがとりわけ大きいように感じます。

75インチという大型サイズまでラインナップされているようなシリーズなのに、視野角が狭いというのは大きな弱点じゃないでしょうかね。

常に正面から見るならまぁ実用の範囲でしょうか。

ですが、特に55インチ以上の大型でこの視野角、しかも倍速もないというのはちょっとメインテレビのスペックには足りないかなぁって思います。
 

他のテレビスタッフの声

せっかくなので、私以外の店員から聞いた印象も書いておこうと思います。

店員A「東芝は故障が多い印象があるし、特にお買い得モデルはあんまり・・」

店員B「倍速なくて大型はきついよね」

店員C「実物見て、お客さんがこれでいいっていうならいいんじゃない」

と、こんな感じですね。

全員が否定的というわけではないものの、良い印象はほぼ聞こえてこないです。

こんな場合なら

リビング用としてはやっぱりおすすめしにくい性能ではあるのですが、確かに安いんですよね。

一人暮らしで使うとか、寝室で43インチを使うといった場合であれば、全然問題ない範囲だと思います。

 

シャープ CL1シリーズ

おすすめ度(10段階) 4
倍速 なし
視野角 狭い
明るさ 十分
ネット動画 対応

⭕️数少ない首振り対応スタンド

⭕️アンドロイドOSでネット動画が豊富

❌動作の遅さが気になるという声が多い

❌視野角はやや狭い

一見すると、上位モデルと同じ映像エンジン(画像処理する頭脳的な部分)を搭載し、120スピードと倍速チックなものもついて、しかもアンドロイドでネット連携も得意と、高性能に見えますね。

メーカーのサイトにもハイグレードモデルって書いてありますし。

でも、実際のものを見るとどれも期待には及ばないんですよね。

やっぱり視野角は狭め

視野角は東芝のMシリーズよりは若干いいような気もしますが、やはり正面を外れるほど白っぽさ目立つ印象です。

色合いは前モデルのBL1シリーズから比べるとだいぶよくなりました。

画質面では、東芝のMシリーズよりややいいかなぁと思っています。
 

動作がもっさり

「電源のオンオフとか、チャンネル切り替えの反応が悪いんですけど・・」

シャープのテレビは全体的にこんな問い合わせが多いです。

最近のテレビは多機能ですし、デジタル放送で情報処理も多いですから、ある程度反応が遅いのは仕方ないんですね。

でも、確かにシャープは反応が遅いように感じます。

思わずリモコン連打しちゃいそうになります。
 

他のテレビスタッフの声

さて、こちらのテレビの他の店員の声はどんなものでしょうか。

店員A「アンドロイドの不調が多いからあんまり・・」

店員B「せめて1つ上のCN1シリーズならなぁ」

店員C「去年のBL1シリーズよりはいいんじゃない」

と、前年モデルよりは評価はいいものの、やっぱり優先しておすすめすることはない感じですね。
 

こちらも状況次第では

東芝Mシリーズ同様に、どんな場合もいまいちというわけではありません。

主に1人で使うなら問題ない範囲です。

ネット動画が豊富なこともあり、若い方で一人暮らし用に買って行く方はそれなりにいます。

電源オンオフとか、チャンネル切り替えは動作が遅いですが、ネット動画のアプリが重いといったことはそれほど感じないですし。

また、首振りできるスタンドって今は少ないんですけど、こちらは首振りできるんですよね。

そんなわけで、ネット動画をたくさん使う場合かつ、予算を抑えるなら候補にはなるかなぁと思います。

でも、それならソニーのX8000Hとかでいい気もします・・。

その他の同等レベル品は?

東芝のMシリーズや、シャープのCL1シリーズとよく比較検討されるモデルはこのあたりでしょうか。

ソニーX8000Hシリーズ

おすすめ度(10段階) 5
倍速 なし
視野角 広い
明るさ やや暗め
ネット動画 対応

⭕️IPSパネルで視野角が広い

❌倍速無しなので、動画性能はMやCLと大差無し

❌やや暗めの画面

正面以外から見ても、色あいの変化の少ないIPSパネルというものが使われています。

それゆえに、東芝MやシャープCLのような斜めから見た時の白くモヤがかった見た目にはなりません。

ただし、明るさは落ちてしまいます。

同じソニーでも、人気のX9500Hと比べると明らかに暗いですし、前述のMとかCLと比べてもやや暗い画面です。

単体で見る分にはきになるほどではないかもしれません。

でも、ソニーって言ったら、明るく華やかな映像が支持されているわけですから、そこからは離れた画質になっています。

もちろん、明るいとか暗いっていのは、同じモードどうしで比べた場合です。

設定の差ではなく、実力の差がやっぱりあるんですね。

とはいえ、サブテレビだったらこのモデルが一応一番いいかなぁって思っています。
 

パナソニック HX750

おすすめ度(10段階) 5
倍速 なし
視野角 広い
明るさ 標準
ネット動画 対応

⭕️視野角も広く、暗くない画面

❌販売期間が短かったせいであまり見かけない

ソニーのX8000Hを少し明るして、見やすくしたような画質です。

本当はサブテレビのおすすめ1位はこれなんですが、すでに生産が完了しています。

ほとんど見かけることはないんじゃないかと思います。

シンプルモデルで選ぶならX8000H

もし、大手メーカー品のシンプルモデルで選ぶなら、ソニーのX8000Hがおすすめです。

パナソニックは多分なかなか販売してる家電店はないですが、あればシンプル部門では優秀です。

東芝のMかシャープのCLかで言ったら、なんとも言えないですね。

ネット動画をたくさんみたいならアンドロイドOSのシャープ優先でいいかと思います。

 

フナイ・ハイセンスなどの格安メーカー

10年前はなかったようなメーカーのテレビも最近はよく見かけますよね。

ヤマダ電機独占販売のフナイとか、中国のハイセンスあたりがよく話題に上がりますね。

魅力的な価格のものが多く、気になっている方も多いかと思います。

いろんな所をを少しずつ安く済ませる

格安メーカーはダメではないんですけど、あくまで格安なんですよね。

しっかり手を抜くところは手を抜いて安く仕上げています。

大手の商品よりも、例えば画質とか、音質とか、デザインとか、機能をちょっとずつ下げて、それで価格を抑えているわけです。

大まかにグループ分けすれば、"同等品より安い"ってはなりますが、本当に一緒というわけではないです。

それで良いと捉えるか、物足りないと捉えるかで評価が変わってきます。

安さが魅力

ファーストフードとか、ファストファッションとか、安さを売りにしたお店って結構ありますよね。

あんな感じで、場合によるとしか言えないです。

私だってファーストフード食べますし、ファストファッションで済ませることもあります。

でも、それじゃあ物足りないシーンもあるわけですよね。

もうちょっと予算を足せばいくらかいいものを選べるというのも、他の業種と同じなんです。

なので、「せっかく買うならちょっといい目のが欲しいな」って言う時には向かないですね。

本当に同じ性能で安いならいいんですけど、そうではないので注意が必要です。

格安メーカーの活躍の場

先ほどの画像を見ていただくとわかるように、大手の下位グレードを買うくらいなら、格安系の1つ上のグレードを買った方がお得。みたいなことはよくあります。

まあ、あれはイメージなので、実際はもうちょっと複雑ですけどね。

例えば、先ほど登場した東芝のMシリーズ、シャープのCL1シリーズ。

このあたりは知名度はありますし、なんとなく良い印象を持っている方も多いかと思います。

それに対して、フナイとかハイセンスって言われると「大丈夫かな?」なんて思っちゃうわけですよね。

まぁ、聞き覚えがあるかないかで印象って大きく変わりますからね。

でも、東芝のMシリーズや、シャープのCL1シリーズを買うくらいなら、

フナイでもハイセンスでもいいので、ワングレード倍速ありのモデルを買ってもらう方がよっぽどおすすめです。

 

フナイ FL-49U5030

 

ハイセンス 50U8F

 

このあたりは格安系の中でも、リビング用としてもおすすめできる範囲に収まっています。

こんな風に、格安メーカー系のテレビでも、選び方次第では有力な候補になります。

 

リビング用なら"倍速"は必須!

ここまで、何回か"倍速"というワードを使ってきました。

「倍速ってなんのこと?」って思っていた方も多いかと思います。

ということで、ここからは倍速について簡単にお話していきたいと思います。

倍速は簡単に言えば、ものが動いた時の残像感や滲み感を減らしてくれる機能です。

テレビの映像は、実はパラパラ漫画みたいな、静止画の連続ということはご存知の方も多いと思います。

で、倍速なしだと1秒間に60コマの静止画が表示されています。

倍速なら、その名の通り、120コマになるわけですね。

ソニーのサイトから引用した、倍速有り無しのイメージ図がこちらです。

左が倍速なしで、右が倍速ありですね。

倍速がないと、ものが大きく動いた時に輪郭が滲むというか、残像みたいに見えてしまうわけです。

特に大型画面だと差が出やすいので、できれば49インチ以上はぜひとも倍速モデルを選んでもらえるといいと思います。

あと、倍速に対応してないテレビというのは、基本的に画質はよくないです。

というのも、倍速という基本機能がないのに、他をあれこれ頑張ってもバランスが悪くなってしまうからです。

あくまで、基本があって、応用があるわけですね。

だったら、倍速なしモデルは、画質よりも値段重視で作ろうってメーカーが考えるのも自然な流れです。

そういう点で振り返っても、やっぱり東芝Mシリーズとか、シャープのCL1シリーズはリビングにはおすすめしにくいです。
 

まとめ

ネット上の評価が良い割に、実物はそれほどでもないというモデルを紹介させていただきました。

繰り返しになりますが、どんな場合にも買ってはいけないというテレビはないです。

ただ、思っていたのと違うと言った状況はなるべく避けたいので、正直な意見やスタッフの声を書かせていただきました。

リビング用のテレビは、できる限り倍速があるものを選んでいただきたいと常々思っています。

気を悪くした方がいたら申し訳ありません。

少しでも参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

▼トップページへ戻る

-テレビ関連, 買ってはいけないシリーズ

Copyright© 白物家電ブログ , 2021 All Rights Reserved.