白物家電ブログ

最新生活家電で暮らしをもっと快適に!

洗濯機

【人気の洗濯機を一挙解説】縦型・ドラム式洗濯機のおすすめランキングと選び方の基準

投稿日:

ドラム・縦型我が家にはどっちがいいの?メーカー選びのポイントは?

洗濯機は毎日使ってよく知っているような気がしていても、いざ新しく買うとなるとなかなか決められないものですよね。

それもそのはず・・洗濯機には2万円くらいのものもあれば30万円くらいするものもありますし、メーカーもいろいろ、さらに縦型・ドラム式の形状の違いや乾燥機能の有無になど種類がたくさんありますからね。

「メーカーはどこがおすすめ?」
「そろそろドラム式にするべき?」
「乾燥付きも気になる!」
「節水や電気代に違いはあるの?」
みなさんそれぞれ悩んでいるポイントがあるのではないかと思います。

そこで本日は縦型・ドラム式など
▶︎どの種類にしたらいいか
▶︎それぞれの種類ごとの選び方の要点
▶︎メーカーごとの特徴とメーカー選びの基準
このあたりを中心にお話させていただきたいと思います。

メーカーごとの機能・特徴をまとめたページは他にもあるので、今回はその特徴を知った上でどうやって機種を絞っていくかの基準を多めに書いていきたいと思います。

「スペックや特徴はわかったけど、結局我が家にはどれがぴったりなの?」
そんな時に役立つページにしたいと考えています。

洗濯機全般について解説・紹介しているため本文がとても長くなっています。基礎は知っている・種類は決まっているという方は目次機能をご利用ください。

1ページ目 洗濯機の基礎知識とドラム式のおすすめランキング
2ページ目 縦型洗濯乾燥機の選び方とおすすめランキング
3ページ目 縦型洗濯機の選び方とおすすめランキング

洗濯機の基本

洗濯機には大まかに次のように区分けすることができます。

①ドラム式(斜めドラム)

⭕️大容量の洗濯・乾燥
⭕️上質でさらに低コストなヒートポンプ式もある
⭕️節水性が高い

❌お手頃モデルも出てきたとはいえ価格は一番高い
❌本体が大きく設置性が低い
❌縦型とは少し違った注意も必要

ドラム式のメリットは、"多くの衣類"を"少ないお水"で洗"って”さらに”乾かせる”ことにあります。

ドラム式洗濯機には節水のイメージを持つ方も多いかと思いますが、節水の効果だけで効果な本体代金を回収できるわけではありません。

大きな洗濯槽を活かした大容量の乾燥機能を使ってこそドラム式の魅力がすべて発揮されると言って良いでしょう。乾燥時の電気代が安く、熱による衣類の縮みの少ないヒートポンプ式乾燥はドラム式でのみ採用している機種が存在します。

ランニングコストや注意点についてはドラム式の紹介の時に改めて詳しくお話したいと思います。
 

②縦型洗濯乾燥機

⭕️使い慣れた形状と洗濯方法
⭕️ドラム式に比べコンパクトで設置性が高い
⭕️ドラム式よりも価格は安い

❌すべてヒーター式なので乾燥コストが高く、痛みや縮みが大きい
❌お手頃品では水冷除湿が搭載されていないことも・・

洗濯機と言えば、この上にフタが開くタイプに慣れ親しんでいる方も多いでしょう。好みにもよりますが、衣類の出し入れはこちらの方がしやすいと言った意見も多いです。フタを開けるスペースを余分に取る必要もないですし、本体も普通の洗濯機のサイズとさほど変わらないので設置性も高いです。

反面、乾燥方式はすべての機種が熱風が吹き出るヒーター式を採用しており、衣類の痛みや縮みは出やすくなってしまいます。

また、洗濯槽の底の部分に衣類がたまりやすいので乾燥の効率はよくありません。ドラム式に比べると乾燥容量は小さく、乾燥時間も長めの傾向です。ヒートポンプ採用のドラム式に比べると電気代も高めになります。

乾燥頻度が比較的低い方や縮みが気にならない運動着・タオル類の乾燥が多い方にとっては使い慣れた縦型形状で乾燥もできることが魅力です。
  

③縦型洗濯機
⭕️高い洗浄力
⭕️使い慣れた形状
⭕️この中では一番安価

❌温水などの特別な洗浄はできない
❌ノンインバーターだと音が大きく洗い方もイマイチ

乾燥がついていない普通の洗濯機はインバーター搭載機種と非搭載機種の2つに分けることができます。

インバーター搭載タイプであれば高い洗浄力を持っており、高価なドラム式や縦型洗濯乾燥機にも見劣りすることはありませんし、それなりに節水にもなっています。

価格としては2〜3倍ほど違うのに洗浄力は同じ程度が見込めるのなら、お得な選び方と言えるかもしれませんね。

さらに安価なノンインバーター機種は音が大きいなどのデメリットはあるものの、購入のコストを抑えたい時には候補になりますね。使い方や条件次第ではそれほどデメリットを感じずに使えることもあります。

インバーターって?

洗濯機選びの時に出てくる"インバーター”という言葉ですが、あまり聞きなれないという方もいらっしゃるかと思います。

簡単に言うと”電気が流れる量を調節する装置”なのですが、洗濯機においてはモーターの回転数を調節するのに使われています。

コンセントから流れてくる電気はほぼ一定ですから、そのままモーターに流せば同じ速度で回転し続けますよね。ですが、洗濯機は洗い・すすぎ・脱水と洗濯槽の回転速度を変えながら運転する必要があります。

そこで活躍するするのがインバーターというわけですね。必要な分だけモーターを回転させることで”静かに”・”上手に”洗濯をすることができるようになります。

インバーターを搭載していない機種ではフル回転→オフを繰り返すことで洗濯槽の回転数を調節しているのですが、回すたびに全開にするので音が大きくなるのも当然ですね。

車で例えるなら、アクセルベタ踏み→離すを繰り返しているようなものです。音が大きくて乗り心地が悪いのは想像できますよね。”アクセルを必要な分だけ踏む”ということが”インバーター”と思っていただければイメージとしてはOKです。

インバーターは多くの機種に採用されていますが、縦型洗濯機の一部(主に6kg以下)では非搭載のものもあります。インバーター搭載機種と非搭載機種では性能に大きな開きがありますので、別々の種類と考えていただいた方が良いかもしれません。

種類を決めるには・・

これまでの説明してきましたようにドラム式・縦型洗濯乾燥機・洗濯機、どの種類を選べば良いかは乾燥を使うかと、その頻度を考えればOKということです。

本体価格とランニングコストを踏まえた上でのお得な選び方の目安は・・
▶︎週に3回以上利用→ヒートポンプ式
▶︎週に1〜2回程度→ヒーター式ドラム
▶︎困った時だけ時々→縦型洗濯乾燥
乾燥機能を使う頻度に合わせてこのように選んでいただくのがおすすめです。

とはいえ、ヒートポンプ式の質の良い乾燥は大きな魅力です。

近年では、その利点の多さからドラム式ではヒートポンプ採用の割合が高くなってきています。おかげでお手頃価格の機種も増えてきましたね。ドラム式で選ぶならあえて種類の少ないヒーター式から選ぶ必要はないかもしれません。

容量の選び方

一般的な洗濯物の量は大人1人で1日に約1.5kgと言われています。

つまり、
▶︎4人家族なら1日で6kg
▶︎2人なら2日で6kg
これくらいの洗濯物が出ることになります。

加えて、お家で毛布を洗う際のおすすめ容量は7kg以上です。容量ギリギリいっぱいで洗うと余計な振動が出たり、それほど心配がないとは言え洗いムラが出る恐れもあります。

「少しゆとりを持って選ぶと良い」と言う話を聞いたことがある方も多いでしょう。ということで、総合的に考えると家族で使うなら7kg以上の容量の洗濯機がおすすめとなります。

さらに近年ではまとめ洗いの需要が高まっており、縦型なら8kgが、ドラム式なら10kg以上の物が主力サイズとなっています。まとめて洗えば手間もお水も節約できますからね。

乾燥を使う場合は乾燥容量もチェック!!

ドラム式や縦型洗濯乾燥機を選ぶ場合は乾燥容量を基準にサイズを選ぶことが重要です。

例えば、
▶︎家族4人
▶︎忙しい時や天気が悪い時は洗った分をすべて乾燥にかけたい
こういった場合には、洗濯量=乾燥量となりますよね。

先ほど書いたように4人家族の洗濯物の目安は1日で約6kgですから、その場合は乾燥容量の大きなドラム式が必要になります。

「ウチは共働きだし家事は時短したいな」
「私はマンション派だけど、干すスペースがなぁ」
「花粉や排気ガスが気になるから外に干すのはちょっと・・」

などなど、大容量乾燥を求める方は増えてきているのではないかと思います。みなさんのライフスタイルの変化にフィットしていたからこそ、ドラム式はここまで普及できたのでしょうね。

反対に「洗ったもの全部を乾燥するわけじゃない」とか、「たまにしか乾燥は使わないし、多い時には2回に分けてもいいかな」といった場合には縦型洗濯乾燥機で事足りるかもしれません。
 

乾燥の有無や容量の方針が決まったら、次は種類別にチェックポイントを見ていきましょう。最初はドラム式からです。

ドラム式洗濯機の特徴は?

ドラム式洗濯機から選ぶ時のチェックポイントは主に乾燥方式の違いです。

ドラム式は大容量が魅力とお話してきましが、省エネや節水などランニングコストも気になるところですよね。

せっかくなので
①ヒートポンプドラム式
②ヒータードラム式
③縦型洗濯乾燥機
④縦型洗濯機
この4つで費用を比べて見ましょう。

それぞれ代用的な機種で選んでみました。

このようにランニングコストでは、ヒートポンプ式が圧倒的に有利な結果となります。

と言っても、本体の価格の差も大きいですから必ずしもトータルが安くなるとは限りませんね。

ヒートポンプ式を基準にしてランニングコストを計算すると・・

▼VSヒータードラム
1回の差約37円
月に10回なら370円
月に20回なら740円

洗濯機の寿命7年まで続けると・・
月に370円差なら約31,000円
月に740円差なら約62,000円
これくらいヒートポンプ式よりもコストが高くなります。ヒートポンプ式でも手頃なものであればヒーター式にプラス4〜5万円で手が届きますから、乾燥の頻度次第ではヒートポンプ式がお得になります。

それに、逆転まではしなくても、少し足して上質な乾燥のヒートポンプ式を選ぶことも十分に考えれられますね。

▼VS縦型洗濯乾燥機
1回の差約48円
月に10回なら480円
月に20回なら960円

洗濯機の寿命7年まで続けると・・
月に480円差なら約40,300円
月に960円差なら約80,600円
これくらいヒートポンプ式よりもコストが高くなります。縦型洗濯乾燥機でも大型のものは10万円は超えてきますから、長い目でみればヒートポンプドラムがお得になるかもしれませんね。

ドラム式洗濯機ではヒートポンプ式を採用する機種がぐっと増えましたが、これくらいコストに差がつくなら納得できますね。

ヒートポンプ式とヒーター式の違い

ヒートポンプ式が低コストなことはわかっていただけたかと思いますが、利点はまだ他にもあるんです。

ヒートポンプ式乾燥は・・
除湿機やエアコンと同じように熱交換を利用しています。少ない電気でコンプレッサーを動かし、周囲の空気を熱い部分と冷たい部分に分けるイメージです。

暖かい部分で温風を作り、冷たい部分では湿気を結露させ除湿機のように湿気を取りながら乾燥をしていきます。湿気が少ない状態で乾燥できるので、高温の熱風でなくてもしっかり乾燥できるメリットがあります。

また、洗濯槽内の温度が上がりすぎないので、運転中でも一時停止でドアを開けることができます。

⭕️電気代が安い
⭕️温風で痛みや縮みが少ない
⭕️除湿のための水を使わない
⭕️途中でドアを開けることができる
まとめるとこのような利点があります。
 

ヒーター式乾燥は・・
ヘアドライヤー同様に電気を熱に変えて熱風を作り出します。電気を使った分しか熱風を作れませんから、しっかり乾かすためには電気代がかかります。

また、乾燥のために高温の熱風を使いますので衣類は痛みや縮みが出やすくなります。洗濯槽内も熱くなりますので、一時停止をしても冷めるまでドアはロックされます。

濡れた衣類から大量の湿気が出るのですが、そのままだと乾きにくくなってしまうので除湿をする必要があります。ヒートポンプ式では除湿機が内臓されているようなものでよかったのですが、ヒーター式の場合は同じようにはいきません。

ではどうしているかというと、乾燥時にも水道水を流し続けることで温度差で湿気を結露させ除湿しています。

これを水冷除湿と言います。先ほどの表で、ヒーター式の2機種は乾燥時の方が使用水量が増えていたのはこのためです。

❌電気代が高い
❌高温で縮みやすい
❌水道代が増える
❌冷めるまでドアは開かない
まとめるとこういったデメリットがあります。

最近ではヒータードラム式は減りつつありますので、特別なな理由がない限りはヒートポンプ式がおすすめとなります。

ちなみに、人気の日立は大きく分けるとヒーター式になりますが、ヒートリサイクルと言う独自の仕組みを使うことでヒートポンプ式に迫る省エネ性を実現しています。ヒートポンプよりのヒーターといったところでしょうか。
 

これくらいで基礎はOKですね。それでは実際の機種を見ていきましょう。

ドラム式洗濯機のおすすめランキング

売り上げが良い+私のおすすめを合わせてランキング形式で紹介したいと思います。

ドラム式おすすめ1位
パナソニック NA-VX9800

おすすめポイント

①驚異のスピード洗濯〜乾燥時間が98分でしかも低コスト
②温水洗浄やナノイーXなど豊富な機能と洗濯コース
③洗剤・柔軟剤自動投入&タッチパネルでもっと便利で使いやすい

ドラム式の中でもトップクラスに高価な機種にもかかわらず、充実のスペックで人気の上位をキープしています。

当然、洗濯機で一番重要な洗浄力も申し分ありません。”泡洗浄W"機能で洗剤の力を十分に引き出して汚れをしっかり落とします。ハンドソープやメイク落としでも同じですが、洗剤を泡状にすることで汚れをしっかり吸着し、浮かせて落とすことができるんです。

汚れの多い時や衣替えで長期保管する前には"温水洗浄”機能が役立ちます。水温をあげることで洗剤の効きがよくなるだけでなく、皮脂汚れが落ちやすくなり、さらに高温コースなら除菌効果も見込めてニオイの元もすっきり洗い流すことができます。

洗濯〜乾燥98分のスピード乾燥は、忙しいみなさんの心強い味方となってくれるはずです。お出かけ前や帰宅後の限られた時間で家事をこなすなら、時短は欠かせない要素ですからね。それに、いくら静かになったとはいえ、運転音はやはり気になるものです。早く終わるならそれに越したことはないですよね。

パナソニックならではのナノイーもさらにパワーアップし、ナノイーXが搭載されています。毎回は洗わないスーツやオシャレ着の消臭や、洗濯槽内のカビ対策の効果が高まったわけですね。

NA-VX9800が選ばれる理由はここ!

いろいろな魅力が詰まった機種ですが、みなさんが実際に購入の決め手にしたのはどんなところなんでしょうか。

洗浄力・スピード・清潔性・使いやすさとバランスよく高い基本性能

泡洗浄Wを使ったいつものお洗濯をはじめ、汚れが多い時には温水コース、洗えないものもナノイーで除菌と多彩な機能で様々な洗い物に対応することができます。

洗濯〜乾燥時間も早く、さらにナノイーXで内部も清潔に保てる、タッチパネルと洗剤自動投入で快適と全体を通して非常にハイレベルなスペックが人気の理由となっています。


省エネ&時短で家計も家事も応援

お家にいる時くらいはできればゆっくり過ごしたいものですよね。家事を時短できる家電を求める方も多いはずです。それでさらに節水・省エネにもなるなら売れ行きが良いのも納得です。

デザインもよくメーカーも安心のパナソニック

洗濯機はデザインで選ぶものではないかもしれませんが、頻繁に目に入るものですから気に入ったデザインのものを使いたいですよね。

NA-VX9800はスタイリッシュなデザインなだけでなく、少しレトロ調を取り入れた丸みを帯びたフォルムがなじみがよくていいですよね。

さらにカラータッチパネルを採用しているので、ボタン類が少なくすっきりした印象があります。

パナソニックはヒートポンプ式ドラムのリーダーとしての実績があますから、高額なお買い物でも安心して選ぶことができますね。

「せっかく買うなら良いものを!」
「少しでも家事の手間を減らしたいな」
「ナノイーもタッチパネルも便利そうかも」

こんな時にはNA-VX9800がおすすめです。

 

他のパナソニック機種と比べると・・

パナソニックではこの機種が一番おすすめではあるのですが、他の機種も気になりますよね。せっかくなので他のグレードとも簡単に比べてみましょう。

もう少し予算を抑えるなら・・
NA-VX8800

▼NA-VX9800→VX8800の主な違い
ナノイーX→ナノイーなし
ふんわりジェット乾燥→ジェット乾燥
タッチッパネル→ボタン式

1グレードダウンとは言ってもスピード洗濯・乾燥や温水洗浄機能などはしっかりと採用されています。

ナノイーXがなくなってしまうのでカビ抑制など清潔性は少しダウンしてしまいますが、洗濯槽の自動お手入れ機能は健在です。衣類の除菌・消臭やカビ抑制を使いたい方はVX9800を選びましょう。

乾燥時に強風で衣類のシワを低減する”ジェット乾燥”もVX9800の方が風がワイドに広がり効きは良いですが、シワにならないわけではありませんし、アイロンがけするなら影響はほとんどないかと思います。

タッチパネルではなくなりますが、説明書をしっかり読んで慣れてくればボタン式でもいいですよね。ただ、多数のボタンが配置されるので見た目のすっきり感は少し減るかもしれません。

「多機能よりも基本充実がいいな」
「洗濯槽は自分でも手入れするからナノイーはなくても」
「どうせアイロンかけるし乾燥のシワはそれほど・・」

こんな場合にはVX8800を選んでも良さそうですね。
 

スタンダードな内容でOKなら・・
NA-VX7800

▼NA-VX8800→VX7800の主な違い
温水洗浄あり→なし
洗剤自動投入あり→なし
洗濯容量11kg→10kg
洗濯〜乾燥98分→114分

大きな魅力であった温水洗浄と洗剤の自動投入はなくなってはしまいます。ですが、どちらも従来の洗濯機にはついていなかったものですから、特に問題ないと考える方もいらっしゃるかと思います。

洗濯容量も1kg減ってはしまいますが、11kgの上限近くで毎回洗う方も少ないでしょうからそれほど気になりませんね。洗濯〜乾燥も114分と少し時間が長くなりますが、ドラム式で主流な洗濯〜乾燥時間は160分程度ですから十分に早いと言っていいでしょう。

「特別なコースは使わなそうだなぁ」
「スタンダード性能と言っても今のものよりずっと省エネで時短だね」
「洗剤は使い分けたり、自分で調節したいな」

こんな時にはNA-VX7800がお得ですね。

参考機種
NA-VX3800

一番お買い得なグレードとして用意されているVX3800ですが、このモデルのみ泡洗浄Wではなく従来の泡洗浄となっています。

洗濯機の重要項目である洗浄力を下げると言う選択肢はおすすめとは言い切れないのですが、衣類の汚れがそれほどないご家庭では問題ないでしょう。

VX8800とVX7800はボタン+液晶画面の表示だったのに対して、VX3800はボタン+ランプの表示となっています。馴染みがあって良いかもしれませんが、せっかく本体のデザインがかっこいいのにボタン部分だけ古臭いと少し感じてしまいます。ごちゃっとしていると言うか・・まぁ、好みの問題なので気にならない方も多いでしょう。 

ここまでおすすめ1位のNA-VX9800の紹介と他のグレードとの比較でした。それでは第2位にいってみましょう。
 

ドラム式おすすめ2位
日立 BD−SV110B

おすすめポイント

日立のドラム式はワイドタイプとスリムタイプがあるのですが、BD−SV110Bはスリムタイプの高機能モデルにあたります。スリムモデルとは言っても、ドラム式全体で見れば標準的な寸法と言えます。日立のワイドタイプは幅が特別に大きいので、それに比べてスリムタイプと言う表現にしているようですね。

ビッグドラムが特徴の日立ですからワイドタイプをおすすめしたい気持ちもあるのですが、本体幅が非常に大きく設置性が低いため今回はスリムタイプを一押ししたいと思います。

洗い工程のポイントは”ナイアガラ洗浄"を採用していることです。通常ドラム式洗濯機ではお水が少ない中でさらに衣類を落として叩き洗いしますので、衣類の繊維が寝てしまいそのまま天日干しした場合にゴワつきが残る場合もあります。タオル類なんかは特にそうですね。

お水を増やして洗濯すればゴワつきは低減させることができますが、それではせっかくの節水と言うメリットがなくなってしまいます。そこで日立ではお水をポンプで大量に循環させ、たっぷりのお水で洗っている状況を再現しゴワつきを低減させているんです。

循環ポンプの運転音が加わるので洗い工程の音は少し大きくなりますが、これまでのドラム式の弱点を見事に補った画期的な洗浄方法がこのナイアガラ洗浄というわけです。

パナソニック同様に温水洗浄コースもしっかり搭載しています。着るたびに洗っていても、エリや袖の汚れは少しずつ黄ばんでくることもありますから、定期的に温水洗浄を使っていただくことで黄ばみ予防をしていただく使い方がおすすめです。

乾燥機能で見逃せないポイントは”風アイロン”機能ですね。時速300kwにもなる高速風で衣類を広げ、シワを抑えた仕上がりを実現しています。

風アイロンの人気を受け、近年では他メーカー品であってもシワ低減乾燥機能を備えるものは出てきていますが、やはり元祖の日立が風量が多くおすすめですね。

加えて、お出かけ前に便利な”スチームアイロン”機能も搭載しています。スチームアイロンはその名の通りアイロン代わりに使う機能で、蒸気の力でシワとニオイをとる役割がありシャツ2枚の場合約15分ほどで仕上がります。アイロンのようにピシッとまっすぐになるわけではありませんが、お出かけの準備をしている間に使えるのは便利ですよね。

風アイロンとスチームアイロンは名前が似ていますが、
▶︎風アイロン→濡れた衣類を乾かす時のシワを低減
▶︎スチームアイロン→乾いた衣類のシワをとる
このように別々の役割を持った機能と言うわけです。

このように日立は、これまでの家庭用の衣類乾燥機の
①洗濯時のゴワつき
②乾燥時のシワ
といった悩みを解決するための工夫が施されたメーカーとなっています。
 

2位にした理由

非常に高機能な割りに価格もNA-VX9800よりは手頃と非常にバランスの良い機種ですが、個人的にはやはりヒートポンプが有利かと思い2位としました。

先ほども少し書きましたが、BD−SV110Bはヒートリサイクルと言う独自の乾燥方式を採用しています。モーターなどの機械熱を乾燥に利用することで省エネ性を高めているわけですね。

おかげで洗濯〜乾燥のコストはNA-VX9800と同じ約40円と非常に低コストを実現しています。ですが、時間は165分とVX9800には及びません。

また、BD-SV110Bは空冷除湿と水冷除湿を切り替えることが可能(工場出荷時は空冷)なのですが、
空冷→除湿能力が低く、洗濯機置き場がムシムシする恐れが
水冷→除湿能力は上がるものの、使用水量が増加
このような弱点もあります。

その点ヒートポンプ式なら除湿能力もコストも安定していますから、やはりその点ではヒートポンプがやや有利かと思います。水冷にしたからと言ってコストが急上昇するわけでも無いですけどね・・

(水冷設定時の使用水量の記載がないので不明ですが、だいたい20Lくらい(5円程度)になることが予想されます。月に10回乾燥でも50円程度の差ですので、本体価格の差からすれば小さなものです。)

あとは洗濯時の運転音がやや大きいことが気になる方もいるかもしれませんね。ナイアガラ洗浄用の循環ポンプや風アイロン使用時の掃除機にも似た音は静かとは言えないものかと思います。

細かい点で2位にはなったものの、この価格・ヒーター乾燥にも関わらず高性能機種の代表とも言えるNA-VX9800と競えているだけですごいことなんですけどね。
 

BD−SV110Bが選ばれる理由はここ

高コストパフォーマンス

洗濯・乾燥ともに十分なスペックと目玉機能を備えているにも関わらずNA-VX9800よりもぐっと手の届きやすい価格設定は大きな魅力と言えるでしょう。 

これまでのドラム式の弱点を解決

ドラム式を使ったことがある方の中には、洗濯だけした時のゴワつきや乾燥時のシワに悩まされていた人も多いのではないでしょうか。ゴワつきにはナイアガラ洗浄、シワには風アイロンと心強い機能が備わっています。
 

設置しやすいスリムモデル

最初期の日立ドラムでは幅広モデルしか用意されておらず、機能や性能に魅力を感じていても設置できなくて諦めていた方もいたのではないかと思います。今ではスリムタイプも用意されており、さらにスチームアイロンやナイアガラ洗浄・短時間お洗濯など機能も充実とより一層日立を選びやすい状況になったのではないでしょうか。 

「タオルのゴワつきが心配」
「乾燥のシワを低減できるなら是非」
「音はそんなに気にならないかな」
「日立がこのサイズになるのを待ってた」
機能やスペックを考えると非常にお買い得な価格設定ですね。個人的にはコスパ最高はこの機種ではないかと感じています。

他の日立機種と比べると・・

同じスリムモデルでもう1機種BD−SG100Bと言うお手頃な機種があるのですが、どういった違いがあるのかを簡単に比べておきますね。

風アイロンだけ欲しいなら・・
日立 BD−SG100B

▼BD−SV110B→BD−SG100Bの主な違い
ナイアガラ洗浄あり→なし
温水洗浄あり→なし
ナイアガラすすぎあり→なし
洗濯容量11kg→10kg
風呂水ポンプあり→なし
洗濯時間33分→45分
スチームアイロンあり→なし

洗濯容量の1kgの差はそれほどではありませんし、お風呂の残り湯もご家庭によっては使わないこともあるでしょうからそれは良いとして、せっかく日立なのにナイアガラ洗浄が非搭載なのが残念な点です。洗濯時間45分も気になる方が多いかもしれませんね。

唯一風アイロンは採用されていますので、「機能はシンプルでいいけど乾燥のシワが気になる」と言う場合には良いかもしれません。んー、でもやっぱりナイアガラ洗浄は欲しいとこなんですけどね・・

横幅ワイドモデルについて・・

日立にはこの他に横幅の大きなBD−NX120BとBD−NV110Bと言う機種があります。

洗濯槽は広い方が洗うにしても乾かすにしても有利です。スペースに問題がなければとてもいい機種ではあるのですが、とにかく幅が大きいのが気になるところです。

設置できないとかできても困難と言うことも考えるとBD−SV110Bが安心かなぁと思ってしまいますね。洗濯や乾燥時間が短くなるわけでもないですし・・

BD-NX120Bは業界最大の洗濯容量12kgですし、7kgまで乾燥できるコースもありますからまとめ洗いや大物洗いを重視する方には他に変えが聞かないくらい魅力的な機種ではあるんですけどね・・

BD−NX120Bの解説は別ページでしていますので、よかったら参考にしてください。

関連記事
【選び方がわからない!】ドラム式洗濯機主要3機種の特徴とオススメパターン

「うちもついにドラム式。ところでどのメーカーを選べばいいの?」 ドラム式洗濯機は種類が多いように見えますが、実はたった3機種覚えればいいだけ ...

続きを見る

 

ドラム式 おすすめ3位
東芝 TW−117X6

おすすめポイント

東芝の最高級グレードがこちらです。ヒートポンプ乾燥や低振動設計を備えるなど性能は良い割には手頃な価格なことも多く、手の届く高性能モデルとして人気を集めています。

昨年から採用のウルトラファインバブル洗浄は、目に見えないほど小さな泡を作り、繊維の隙間に入り込むことで洗剤の力をしっかりと衣類の内部に届ける洗い方となっています。

洗剤の力をしっかりと引き出して洗うと言う点ではパナソニックと同じ方向性と言えるかもしれません。もちろん温水洗浄コースもしっかり搭載しています。

いずれにしても近年の高級ドラム式洗濯機はどれも十分な洗浄力を持っています。ですから、洗浄力よりはそれ以外の使い勝手の部分が決め手になることが多いのでは無いかと思います。

乾燥機能で注目するポイントは7kg対応の大容量乾燥です。容量いっぱいまで乾燥すると200分とさすがに少し長めの時間はかかりますが、「洗濯した分量全部を乾燥にかけたい」といった方には頼もしい機種と言えるのではないでしょうか。時間の都合や干し場所の都合で毎回乾燥を使う方もいらっしゃいますからね。

シワ・ゴワつき低減機能もちろん搭載されています。日立の方が風速が早いのかシワはやや少ない印象を受けますが、TW−117X6が乾燥時42dBに対しBD−SV110Bが48dBと乾燥時の運転音も大きめになります。夜間やくつろぎの時間に静かに洗濯から乾燥までを終わらせないたい場合は東芝が向いているようですね。

また、低騒音の実現には振動吸収クッションも貢献しています。脱水開始直後の水を多く含んだ重い状態と水分が抜けてきて軽くなってきた状態、それぞれに合わせてバネの硬さを変えることで振動を抑えるわけですね。おかげで衣類の偏りに強く、脱水のやり直しなどを防ぐことで時間ぴったりに洗濯が終わりやすいといったメリットもあるんです。
 

TW−117X6が選ばれる理由はここ!

日立とはまた違った方向でこれまでのドラム式の悩みを解決するための機能が詰まった機種となっています。

ドラム式の悩みを解決!!

これまでのドラム式の不満でよくあるものとして”洗濯時間が長い・伸びる”ことが挙げられます。ドラム式は少ないお水で叩き洗いするので、縦型のこすり洗いよりも長く時間をかける必要があったわけですね。また、洗濯〜乾燥のトータル時間を短くするため強く脱水を行う必要もあり、回転速度をあげているので衣類の偏りが原因のエラーや注水のやり直しなどが起こることがありました。

TW−117X6は上記の通り洗濯槽を支えるバネの硬さを変えることで、振動を低減しています。偏りエラーや注水仕直しは振動が基準値を超えると起こることなので、振動を抑えることで洗濯時間が延長されることを結果的に防いでくれるわけなんです。もちろん運転音というか、振動音も低い越したことは無いですよね。

洗濯だけの場合も35分とスピーディになっています。ウルトラファインバブルで洗剤の力を引き出すことでしっかりと汚れを落とせるようになってこそ、これくらい短い時間で終わらせることができるということですね。

だいたい10年くらい前のドラム式だと、50〜60分程度の洗濯時間がかかるのが主流でした。しかもエラーや偏りで時間が伸びてしまうこともあるという・・。

「ドラム式を使ってみたけど、時間もかかるし縦型に戻そうかな」という風にお考えになる方もいらっしゃるくらいですから、洗濯時間が短くて、ぴったりに終わるということはとても大事なことだといえますね。

乾燥ダクト自動お手入れ機能もお悩み解決機能として見逃せませんね。乾燥付き洗濯機を使ったことがある方の中には「だんだん乾きが悪くなってきたかも・・」という経験をされた方もいるのでは無いかと思います。

長年の仕様による様々な劣化ももちろん考えられますが、単純に通気口が汚れて風の通りが悪くなっているだけということもあります。乾燥フィルターは手入れしやすくなっているので定期的にホコリをとっていても、風の通り道となるダクト部分はなかなかお手入れしにくいものです。

TW−117X6ならダクト部分の糸くずをお水で洗い流し、目詰まりを予防してくれるわけですね。

このようにドラム式の
▶︎時間が長い
▶︎振動が大きい
▶︎乾燥の効きが徐々に悪くなる
といった悩みを解決する機能が盛り込まれています。「ドラム式を使っていたけどあまり満足度が高くなかったなぁ」という方におすすめしたい1台となっています。
 

幅60cmで置けちゃう大容量

大容量といえば日立のBD−NX120Bが思い浮かびますが、本体幅が非常に大きく設置ができないケースもあるようです。TW−117X6は本体幅60cmとドラム式としては標準的な幅で作られていますので、ドラム式の設置を想定した洗濯機置き場であれば設置率は高くなっています。

乾燥容量も7kgと多くなっていますので、「まとめて洗って乾かしたい」と言った人の味方と言える内容となっています。
 

簡単にまとめると”音と時間”が気になる時におすすめの機種がTW−117X6です。東芝最上位機種ということで全体的に高性能でしかもヒートポンプ式。そしてNA-VX9800よりもだいぶ価格は手頃ですからコスパ・質ともに重視する方におすすめしたい1台となっています。

他の東芝機種と比べると・・

お手頃価格のヒートポンプ式機種TW−117A6も人気がありますね。せっかくなので見比べておきましょう。

ヒートポンプのお買い得品といえば
TW−117A6

▼TW−117X6→TW−117A6の主な違い
ウルトラファインバブル洗浄→ザブーン洗浄
温水コースあり→なし
風呂水ポンプあり→なし

ザブーン洗浄でも洗浄力は問題無いとして、温水コースはいまのトレンドですから抑えておきたいところではあるんですよね。

お子さんの運動着、ワイシャツのエリ・袖の黄ばみ・衣替え前などなど、いつもよりもしっかりと洗いたい場面はきっとみなさんあるはずです。洗浄力を1段アップさせる機能が多くの機種で採用されていることからも需要の高さが伺えますね。

とはいえ、ヒートポンプ式の中ではもっとも手頃な価格帯で、しかも大容量・振動吸収クッションは搭載とお買い得感はとても高い機種となっています。

▶︎汚れが気になる時はクリーニング
▶︎運動着や作業着などの洗い物がでない
▶︎風呂水は使わない
こんな場合はこちらでも十分かもしれません。「乾燥した時の衣類の縮みは気になるけど予算もできるだけ抑えたい」こんな時におすすめの機種となっています。

この他にTW−117V6という機種もあるのですが、X6と価格がそれほど変わらないことが多いようです。それなら最上位機種を選んでおいた方が間違い無いかなーと思います。

 

ドラム式おすすめランキング
おさらい&簡単に比較

ドラム式の紹介はここまでになります。長くなったので簡単におさらいしつつ、他機種と比較しておきましょう。

それぞれ上記とは別の色でリンクを貼っておきますので、どちらがお好みか見比べてみてください。

1位 パナソニック
NA-VX9800

NA-VX9800のおすすめポイント

⭕️スピード洗濯〜乾燥98分
⭕️省エネ・上質なヒートポンプ式乾燥
⭕️温水・ナノイーなど豊富なコース
⭕️カラータッチパネルの使いやすさと大きすぎないサイズ

スピード・低ランニングコスト・機能・サイズやデザインととてもバランスの良い内容となっています。「せっかくなら1番いいものを!」とお考えでしたらこの機種で決まりですね。

他のメーカーと比べると・・

❌内容が良いだけに値段もお高め

他のメーカーと比べても頭一つ抜けて価格が高いですね。それでも人気上位なのが逆にすごいところではあるのですが・・

ヒートポンプの上質な乾燥を取り入れつつももう少し手頃な機種で探すなら、同じパナソニックならNA-VX3800がお得ではあります。ただし、温水コースは無いですし、泡洗浄Wもなくなってしまいます。予算重視な時におすすめですね。

なるべく近い性能でお買い得品を探すという意味なら東芝のTW−117X6がおすすめです。ナノイーやカラータッチパネルはありませんが、温水コースや清潔機能は充実ですね。

日立はヒートポンプでは無いので違った方向性になります。風アイロンやスチームアイロンなどシワ低減に魅力を感じるなら選択肢に入りますね。運転音は大きめですがゴワつきの少ないナイアガラ洗浄もおすすめです。

乾燥をかける場合は衣類に空気が入り、どの機種でもある程度ふっくら仕上がります。乾燥が多いならヒートポンプ、天日干しも多いなら日立のBD−SV110Bといった選び方も良いでしょう。

ヒートポンプ式で予算を下げるなら東芝のTW−117X6がおすすめです。
 

2位 日立
BD−SV110B

BD−SV110Lのおすすめポイント

⭕️ナイアガラ洗浄でゴワつき低減
⭕️風アイロン&スチームアイロンでシワ低減
⭕️高コストパフォーマンス

風アイロンのようなシワ低減機能は日立以外でも採用されていますが、ナイアガラ洗浄は独自性が高い目玉となる機能といって良いかと思います。

ヒートポンプ式乾燥には少し及ばない点もありますが、独自のヒートリサイクルでランニングコストも低く、それでいて価格も手頃とコスパの高い機種となっています。

他のメーカーと比べると・・

❌厳密にはヒートポンプ式では無い

いくら近い性能といっても個人的にはやはりヒートポンプ式がいい気がしてしまいます。理にかなっているというか、やや格上のイメージなんですよね・・。ただの職業病で気になるだけかもしれません。

❌運転音は大きめ
ナイアガラ洗浄はポンプで水を循環、風アイロンは強風を使用と音が大きくなる機能が多めになっています。静かに使いたい場合は向いていないかもしれません。

ということで、近い価格帯でこれらを解消できるのはTW−117X6ですね。天日干しした時のゴワつきや乾燥時のシワが気になるなら日立。音が気になるなら東芝という選び方になりそうですね。

 

おすすめ3位 東芝
TW−117X6

TW−117X6のおすすめポイント

⭕️大容量洗濯&7kg乾燥対応
⭕️低振動で音も時間延長も低減
⭕️乾燥ダクト自動お手入は東芝だけ

最上位モデルということもあり機能は充実しています。その上手の届きやすい価格帯と、もっと評価されてもいい機種なのでは無いかと思っています。

▶︎運転時間が伸びる・長い
▶︎乾燥の効きが悪くなる
▶︎振動が気になる

これまでドラム式を使っていてこういった不満を持っていた方には非常におすすめできる内容となっています。

他のメーカーと比べると・・

❌大容量だけあって奥行きの大きな本体
NA-VX9800やBD−SV110Bとく比べても奥行きがやや大きいことに加え、本体が角張った形状で存在感のあるボディとなっています。角が取れてないデザインと言えばいいでしょうか・・

❌目玉機能があと一歩
低騒音や大容量など基本機能は万全なものの、パナソニックのスピード洗濯乾燥・ナノイー、日立の風アイロン・ナイアガラ洗浄のようなインパクトや独自性の強い機能がもう一つあればなぁと感じることがあります。

気に入った人には最高の機種にはなり得るんですけどね・・。広く好まれる、認知されているという面ではあと少しインパクトが欲しい気がします。

とは言え、低騒音は夜にお洗濯する方や集合住宅にお住いの方には変えの効かない魅力になることもありますね。

ナノイーや洗剤の自動投入・カラータッチパネルなど機能豊富、最新の洗濯機を体験したいならNA-VX9800が満足度が高くなるでしょう。

音が気にならず天日干しも多いならナイアガラ洗浄のBD−SV110Bが同じ価格帯で選ぶことができますね。

長くなりましたがここまでドラム式のおすすめランキングと機種比較でした。

次は縦型洗濯乾燥機部門に移ります。

次のページへ >

▼トップページへ戻る

おすすめ記事

1

ドラム・縦型我が家にはどっちがいいの?メーカー選びのポイントは? 洗濯機は毎日使ってよく知っているような気がしていても、いざ新しく買うとなる ...

2

メーカー別特徴解説と選ぶ基準を紹介!我が家にはどれがベスト? 家電選びのご相談はたくさんいただくのですが、その中でも特に多いのが「エアコンは ...

3

主要全メーカーのお手頃価格エアコンの特徴・選び方を一挙解説! エアコン選びは省エネや暖房の性能・フィルター自動掃除などが注目されることが多い ...

-洗濯機

Copyright© 白物家電ブログ , 2018 All Rights Reserved.