テレビ関連

【フナイのテレビの評価】FUNAIのテレビが安い理由は? 本当におすすめ?

テレビCMでもときおり見かけることのある"FUNAI"というメーカーのテレビ。

「聞きなれないメーカーだけど、安いなぁ・・」

「安くても性能がいいって聞いたけど、本当はどうなんだろう?」

など、知らないメーカーだけに疑問や不安を持っている方もいるかと思います。

そんなわけで、このページでは

フナイのテレビについて

▶︎本当におすすめか?

▶︎他メーカーと比べてどうか?

▶︎おすすめモデルはある? 買わない方がいい?

など、いろいろな疑問に答えていきたいと思います。

よくある質問と回答

Q. フナイはどこのメーカー?
→日本のメーカーです。船井と書きます。

Q. 聞いたことないんだけど・・
→1961年創業の歴史のあるメーカーですが、テレビ自体は製造している時期もしていない時期もあります。

現在はヤマダ電機の独占販売契約となっており、知名度は低めです。

Q. どんなメーカー?
→格安モデルが得意なメーカーです。

Q. どうなの? おすすめ?
→安いのは間違いないですが、性能は大手メーカーの同等レベル品にはやや届いていません。
そういった意味では、優先しておすすめすることは少ないメーカーです。

ただ、価格は魅力ですし、購入のおすすめのパターンもしっかりあります。

Q. 壊れやすいとかないの?
→不良や故障が多い印象はないです。

FUNAIについて

フナイとは・・

現在のブランドロゴは"FUNAI"となっていますが、会社名は船井電気といいます。

日本の会社ですが、他の大手メーカー同様に海外生産品が多くなっています。

1961年スタートの会社ですので歴史はそれなりに長く、ラジオの生産や他社のレコーダーの委託製造を請け負ったりしていた会社です。

テレビに関しては、作っていた時期もあれば、やめていた時期もある会社ですね。

現在はヤマダ電機の独占販売契約となっており、他の家電店での取り扱いはありません。

そのため、知名度自体はそれほど高くないメーカーとなっています。
 

実際どうなの? 性能は?

ヤマダ電機ではかなり強くプッシュしているようですね。

「安いけど、性能はいいんですよ」

とか

「北米では売れてるんですよ」

とか、場合によっては結構強めにアピールされているかと思います。

独占販売なわけですから、フナイを気に入ってもらえれば必然的にヤマダ電機で買ってもらえることになります。

となれば、自然とヤマダ電機はフナイ推しになるわけですね。

もちろん、店の雰囲気や担当者によっても大きな温度差がありますけどね。

 

元は格安モデルが得意

フナイ自体は安く作るのを得意としたメーカーです。

1990年代には激安テレビがよくチラシに出ていたりしましたが、その頃に名前を見かけたことを覚えている方もいるんじゃないかと思います。

大手メーカーは性能競争もしつつ価格競争もしている状況ですが、フナイは性能は控えめにして価格競争で大きくリードするスタイルですね。
 

大手メーカーと比べると・・

価格でリードするスタイルなわけですから、大手のメーカーと比べると

性能控えめ・価格も控えめ

となります。

「大手に遜色ない性能で安いですよ」みたいに言われることもありますが、それはちょっと雑な説明かと思います。

ただ、確かに性能控えめなのをあんまり出さずに作るのは上手な部分もありますね。

ホームセンター系とかよりは全然いい

聴き慣れないメーカーだとは思いますが、テレビメーカーとしてはそこそこの実績があります。

ソニー・パナソニック・東芝・シャープには及びませんが、変なホームセンター系メーカーよりは全然フナイの方がいいかなっていう印象です。

LGやハイセンスと同じくらいのブランド力はあるかなぁと思います。

アイリスオーヤマとかジョワイユとかよりはフナイの方がずっとおすすめです。
 

故障は多い?

不良や故障はどのメーカーもある程度はあります。

故障や不具合の頻度としては普通と言ったところですね。

春先の新生活シーズンにかなりの数が売れていることを考えると、むしろ不良は少ないんじゃないかとも思います。

ソニー・パナソニックには及ばないけど、東芝とかシャープよりは良いかもって思うことはあります。

格安系のメーカーとしては優秀な方じゃないでしょうか。

 

一人暮らしに人気

24インチや32インチは価格の安さのおかげでよく売れているようです。

32インチくらいのサイズまでは、どのメーカーでもそこまで大きな差がつかないですから、フナイも有力な候補じゃないかと思います。

 

フナイの安さの秘密

では、次は具体的な大手メーカーとの違いを見ていきましょう。

「フナイの性能は控えめ」と書いてきていますが、どんなところが控えめなのかピックアップしていきます。

どれも、だいたい同等ランク品と比べた場合・・という条件でお話していきますね。

①画質

グレードごとに見え方の特徴は違うのですが、大手よりも階調表現が苦手だったり、暗かったりするケースが多いです。

例えば、リビングにおすすめの5030シリーズの場合は階調表現が苦手です。

白系統の色がすごく強調されるので、細かい柄が飛んで真っ白になることがあるんですね。

映っている映像次第では、かえってそれでキレイに見えるケースもあるにはあるんですけど、性能上はよくないかなぁっていう印象です。

画質の特徴はまた後半のモデル解説の時に詳しく説明したいと思います。
 

②音質

これも大手メーカーの同等ランクと比べ他場合、やや控えめなスピーカー出力となっているケースが多いです。

音に関しては「聞こえにくい」といった口コミもちらほら見かけますね。
 

③ネット動画関連

ここ数年でテレビのネット動画対応はぐっと進んでいます。

ネット環境があればYouTubeやNetflixなどの動画サービスも、テレビで見ることができるようになっています。

リビング向けモデルはほぼネット動画対応になっているような状況ですね。

フナイの場合も、3330以上のモデルではネット動画に対応となっています。

ですが現状、フナイはNetflixには非対応です。

大手のメーカーは対応しているのに、フナイだけ非対応なんですね。

ネット動画の画質は×

テレビ放送の画質はまぁまだいいとして、ネット動画の画質は確実に大手よりも劣ります。

大手メーカーのネット動画対応テレビは、テレビ放送だけでなく、ネット動画もしっかりと高画質処理しています。

それに対して、フナイはネット動画に関しては高画質処理を行っていません。

ですから、YouTubeなんかを見ると、色合いに違和感があったり、画質が粗く感じたりといった映像になってしまいます。

ネット動画をよく見るという方にはおすすめしないです。
 

④デザイン

最近のテレビは枠の部分が細く目立たないようになっていたり、メタル調でかっこよくなっていたりするモデルが多くなっています。

特にリビング用のテレビはそういった傾向が強いですね。

それに対して、フナイの液晶テレビは枠もやや太く、質感もプラスチック感全開です。

有機ELはさすがに枠が太いとかはないですけど、かっこいい感じではないですかね。

テレビを見ている時はそれほど気にならないかもしれませんが、テレビを消している時はちょっと古めのデザインっていう印象になります。

 

他にも細かいところでコストカットしているように見受けられますが、わかりやすいのはこのあたりですね。
 

フナイの魅力は?

フナイのデメリットみたいなことをたくさん書きましたが、いいところもあります。

一番の魅力はやはりその安さですね。

確かに性能は大手メーカーに及ばない部分もあります。

ですが、そのさじ加減が格安を長くやっているだけあるなぁと思う部分もあるんですね。

いろんなところがちょっとずつ性能の下がっていたとしても、気にしない人が多いラインをちゃんと把握している感じなんですよね。

大手に比べて、

▶︎色の階調がやや出にくいとか

▶︎スピーカーの出力がやや低いとか

▶︎デザインがプラスチック感が強い

といっても、「それくらいの差ならこだわらなくていいかな」ってなりやすい範囲で性能を抑えているわけです。

大手と比べて大きな差にならないように、いろんな部分に分散して性能を抑え、価格をぐっと下げているんですね。

店頭でお客様にいろいろ見比べてもらった時も、

「確かに大手と比べると違いがあるのはわかるけど、これくらいの違いなら安い方がいいな」

ってなるケースはそれなりにあります。

性能は価格相応ですので、「コスパが高い」とは思いませんが、大手とはかぶらないような性能・価格設定ということで、選択肢の幅は広げてくれていると思います。
 

フナイも場合によってはおすすめ

では次は

"フナイがおすすめのパターン"

と、

"フナイじゃない方がいいパターン"

についてお話しておきたいと思います。

おすすめパターン
ワングレード上を狙う

価格の安さを生かして、大手よりも1つ上のグレードを狙う時にはフナイがおすすめです。

ちょっと雑な言い方になりますが、

大手のお手頃モデルを買うくらいなら、フナイの上位モデルを買った方がよっぽどいい

と思うパターンはあります。

▶︎大手の2Kテレビよりフナイの4Kテレビ

▶︎大手の倍速なしよりもフナイの倍速あり

▶︎大手の液晶よりもフナイの有機EL

といったように、予算を大きく変えずに上のグレードを狙う時にはおすすめできます。

お買い得なテレビでよく名前の上がる東芝のMシリーズや、シャープのCL1シリーズを買うくらいならフナイの5030の方がずっとおすすめです。

例えば、「予算10万円で、予算は絶対に変更しない」こんなケースだったら、1番のおすすめはソニーでも東芝でもなく、フナイの49インチの5030ですね。
 

フナイじゃない方がいいパターン

反対におすすめできないパターンもあります。

繰り返しになりますが、大手と同ランク品と比べた場合、価格が下がる分性能もしっかり下がります。

「有名メーカーと同じくらいの性能で、値段が安いですよ」

って言われることもあるかと思いますが、本当に大手と同じと思って買うのはNGです。

大まかにグループわけすれば「同じくらい」っては言えるとしても、「同じ」ではないので注意が必要です。

ましてや、「大手より性能がいい」みたいなのはちょっと無理があると思います。

なので、有名メーカーと同じで価格は安いといった期待をしている場合はおすすめできないです。

 

モデル解説

ではここからはグレードごとに特徴紹介や、大手との比較をしていきたいと思います。

上位グレードから順によく売れるサイズで紹介していきますね。

有機EL 2モデル

フナイの有機ELは2グレードですね。

サイズは55・65の2サイズ展開となっています。リンクは55で掲載しますね。

有機EL
フナイ FE-55U7030

種類 有機EL4K
4Kチューナー 内臓
おすすめ度(10点満点) 9
倍速 あり
スピーカー出力 70W
ネット動画対応 豊富(Netflix除く)
内臓HDD録画 ○(2TB)

おすすめポイント
▶︎有機ELで唯一のHDD録画内臓

▶︎前向き&上向きの60Wスピーカー搭載

フナイの最上位有機ELテレビです。一時期ヤマダ電機のCMでよくやっていましたね。

現在は生産完了しており、在庫がある限りの販売となっています。

録画内臓はこれだけ

有機ELでは唯一のHDDによる録画機能を内臓しています。

容量は2TBとなっており、地デジ番組で約240時間程度の録画になっています。

10年くらい前は録画内臓が流行っていたため、同じように内臓録画機能使いたい時におすすめです。
 

スピーカーもそこそこ 

前向き&上方向のスピーカーが採用されており、合計で70Wの出力になっています。

最上位グレードとしてはやや物足りない部分もありますが、普段使いには十分なスピーカーとなっています。

画質は綺麗だけど・・

有機ELということもあって画質はさすがにキレイですね。

とはいえ、それは液晶も含めたテレビ全体で比べた時の話です。

有機ELだけで他メーカーと比べた時には、最下位レベルかなぁって言う感じですね。

有名メーカーの有機ELが95点〜100点くらいあるとして、90点くらいの画質って言う印象ですね。

キレイなのはもちろんキレイですが、ハイレベルどうしで比べると・・っていう感じです。
 

有名メーカーと比べると

前向き&上方向スピーカーで70Wとなると、パナソニックのTH-55HZ1800(スピーカー80W)が近いスペックですね。

パナソニックはクセの少ないクリアな画質なのに対して、フナイは少し暗くくすんだような発色です。

音質も出力こそ10Wしか違いませんが、明らかにパナソニックの方が芯があってバランスの良い音になっています。

とはいえ、価格差は数万円あるんですかね。

フナイの方が性能は上っていうことはないにしても、価格差を考えれば候補にはなるかなぁという感じです。

まぁ、有機ELを買う方は性能重視の方が多いので、フナイがよく売れるって言うわけではないです。
 

有機EL
FE-55U6030

種類 有機EL4K
4Kチューナー 内臓
おすすめ度(10点満点) 8.5
倍速 あり
スピーカー出力 50W
ネット動画対応 豊富(Netflix除く)
内臓HDD録画

おすすめポイント
▶︎有機ELでも屈指の安さ

1つ上で紹介した7030から上向きスピーカーと内臓HDDをなくしたモデルです。

画質面やネット動画の対応状況は7030と同じです。

内臓HDDと上向きスピーカーという大きな特徴がなくなってはいますが、それだけに驚くほど安いですね。

ソニーの上位液晶と同じくらいの価格で有機ELを買うことができちゃいます。

どっちがいいかは微妙なところではあるんですけど、有機ELのメリハリのある映像が好きな方には良い候補になるかと思います。
 

4K液晶テレビ

4K液晶テレビは4Kチューナー内臓で3グレードと、4Kチューナーなしで1グレードとなっています。
 

4K液晶 5030シリーズ
FE-55U5030

種類 液晶4K
4Kチューナー 内臓
おすすめ度(10点満点) 7
倍速 あり
スピーカー出力 30W(49インチは20W)
ネット動画対応 豊富(Netflix除く)
内臓HDD録画 ○(1TB)

おすすめポイント
▶︎もっとも買いやすい価格の倍速液晶

▶︎内臓HDD録画1TB

しっかり倍速

倍速ありでテレビを探すと、このモデルが一番の候補になるんじゃないでしょうか。

倍速はテレビ選びでもとても重要なポイントです。

詳しくはこちらのページで解説しています。

【実は倍速が最重要】家電店の店員がテレビの"倍速"についてわかりやすく解説

続きを見る

有名メーカーの倍速なしよりは、この5030の方がおすすめです。

ただし、前半で説明したようにネット動画の画質だけはいまいちです。

内臓HDD1TB

レコーダー内臓テレビはパナソニックや三菱にあるんですけど、内臓HDD録画だけ対応って今はフナイしかないんですよね。

レコーダー内臓は値段がかなり高いことを考えると、この価格でHDD内臓はそれなりに魅力になるかと思います。

ただ、他のメーカーでも外付けHDD録画には対応しています。
 

IPSパネルで広視野角

この5030シリーズでは、正面以外から見ても色合いの変化の少ないIPSパネルというものが使われています。

家族みんなでテレビを見る場合や、リビングだけでなく、ダイニングやキッチンからもテレビをみたい場合におすすめです。

お手頃価格のIPSパネルは暗めになることが多いですが、明るさも問題ない程度はありますね。

他のメーカーと比べると

同じIPSパネルで人気のモデルといえば、パナソニックのTH-55HX950ですね。

パナソニックのHX950は発色も明るさもバランスよく、スピーカーも上下で60Wあります。

それに対してフナイ5030は階調表現が苦手です。

明るい色がすごく強調されていて、簡単にいえば白とびしやすいんですね。

音も出力30Wとパナソニックの半分になるわけですから、スペックは敵わない状況です。

価格差が5万円以上あるならフナイも候補になるかもしれませんが、2〜3万円ならパナソニック優先がお得かなぁと思います。
 

4K液晶 3330シリーズ
FL-43U3330

種類 液晶4K
4Kチューナー 内臓
おすすめ度(10点満点) 5
倍速 なし
スピーカー出力 20W
ネット動画対応 豊富(Netflix除く)
内臓HDD録画 -

おすすめポイント
▶︎予算を抑えたネット動画対応モデル

ネット動画は豊富

アンドロイドOS搭載のため、対応するネット動画サービスは豊富(Netflixは非対応)です。

YouTubeやhuluをはじめ、アマゾンプライムビデオ・アベマ・DAZNなど幅広く対応しています。
 

画質は暗め

3330シリーズは55インチと43インチがIPSパネル。50インチはVAパネルが採用されています。

どちらにしてもちょと暗めなので、鮮明さや鮮やかさに欠ける印象があります。

徒輩で、他のメーカーと比べなければ大きくは気にならないレベルじゃないかと思います。

倍速はありませんので、画質がどうこうと言うよりは「値段を抑えてネット動画が見れるテレビ」って思ってもらえるといいかもしれません。
 

他のメーカーと比べると

倍速なしでネット動画対応、さらに予算優先となると東芝MシリーズやシャープCL1シリーズがライバルでしょうか。

東芝Mにしても、シャープのCL1にしても視野角は狭いものの明るさは十分です。

それに対して、フナイ3330の売れ筋である43インチはややくらいものの、視野角は広めになっています。

価格もフナイの方が安い場合が多いと思いますので、十分に候補になるかと思います。
 

4K液晶 3130
FL-43U3130

種類 液晶4K
4Kチューナー 内臓
おすすめ度(10点満点) 4
倍速 なし
スピーカー出力 20W
ネット動画対応 -
内臓HDD録画 -

ポイント
▶︎超シンプル4Kチューナー内臓モデル

4Kチューナー内臓の低価格モデルです。

4Kチューナー内臓の中で1番安いモデルって探すときに候補になるでしょうかね。

画質はかなり暗めで、他のテレビと比べなくても「暗いな」って感じるレベルです。

音も聞こえにくいという口コミがちらほらありますね。

特に、ご家族にご高齢の方がいる場合は、明るさ不足や音の聴きやすさ不足の心配があり、避けた方が無難かと思います。

その他の画質性能も含めて、せっかく4Kチューナーがあってもそれを生かしきれない性能かと思います。

確かに安いのは間違いないんですけど、おすすめはしがたいですね。

売り場での注目度も低く、売れる数も少なめです。
 

4K対応液晶 3030シリーズ
FL-43U3030

種類 液晶4K対応
4Kチューナー -
おすすめ度(10点満点) 3
倍速 なし
スピーカー出力 20W
ネット動画対応 -
内臓HDD録画 -

ポイント
▶︎低価格4K対応

テレビの画面は4Kに対応していますが、4Kチューナーが入っていないため4K放送は受信できません。

4K放送を見るためには別に4Kチューナーを用意する必要があります。

画質も3130同様にかなり暗め、音質も同様となっています。

正直に言ってしまえば、3年前ならいざすらず、今頃なんでこんなモデルを販売しているのかわからないレベルです。

 

4K以外の液晶

主にひとり暮らしや寝室などで使う方が多いカテゴリとなります。

最初の方にも少し書きましたが、4Kじゃないモデルはどのメーカーもそこまで大差ないケースが多いです。

最近はネット動画対応の東芝Vシリーズが売れてはいますが、ネット動画がいらないならフナイも安くて魅力的です。

ネット動画は後からAmazon Fire TVなどで追加することもできますからね。

「新生活で色々必要だし、とりあえずテレビは安く抑えたいな」

みたいなときにおすすめです。

2010シリーズ
FL-32H2010

種類 液晶ハイビジョン
4Kチューナー -
おすすめ度(10点満点) 3
倍速 なし
スピーカー出力 16W
ネット動画対応 -
内臓HDD録画

おすすめポイント
▶︎内臓HDD録画対応

このサイズでも、HDD内臓はフナイくらいしか作っていないですね。

HDD容量は500GB(地デジで約60時間)と少なめですが、HDDも内臓でこの価格はかなり安いかなぁと思います。

おすすめ度は3にしましたが、32インチとしては普通の性能です。

「そんなに録画するわけじゃないけど、ちょっとあったらいいかも」

といったときにおすすめのモデルとなっています。
 

1010シリーズ
FL-32H1010

種類 液晶ハイビジョン
4Kチューナー -
おすすめ度(10点満点) 3
倍速 なし
スピーカー出力 16W
ネット動画対応 -
内臓HDD録画 -

おすすめポイント
▶︎お手頃価格のシンプルモデル

32インチでもこの価格と、とても手が届きやすい価格となっています。

他メーカーの32インチと比べても特に画質で見劣りすると言ったこともないですね。

「テレビあんまりみないからシンプルなやつでいいや」といった場合におすすめです。

 

 

▼トップページへ戻る

-テレビ関連

Copyright© 白物家電ブログ , 2021 All Rights Reserved.