洗濯機

【手頃な7kg容量】縦型洗濯機のお買い得品は?おすすめノンインバーター機種紹介

投稿日:

家族で使えるお手頃価格の洗濯機は?インバーターって何?

前回の記事では、インバーター搭載機種がおすすめということでお話をしてきました。

ですが、

「うちは、日中洗濯するから音は気にしなくてもいいかな」
「おしゃれ着はクリーニングに出せばいいや」

という方は、低コストのノンインバーター洗濯機も候補に入っているかと思います。

そこで今回はノンインバーター洗濯機のおすすめ品を紹介します。

縦型洗濯機の基礎知識

インバーターのおさらい

まずは簡単にインバーターについておさらいしておきましょう。

インバーター搭載機種とそうでない機種にはこのような違いがあります。

価格よりも質重視ならインバーター搭載機種がおすすめになります。ですが、ノンインバーター機種でも、正しい知識を持って選べば、手頃な価格で”我が家にぴったり”の商品を見つけることができるんです。

ノンインバーター機種は主に
▶︎音は気にならない
▶︎洗濯槽の手入れも自分で行う
▶︎予算優先
という場合に適した洗濯方式となります。

水道代にも違いが出るのですが、インバーターありの機種との価格差が逆転するほどの差にはならないことが多いです。ですから、水道代以外のポイントでどちらがいいかを決めればいいということですね。

インバーターや風呂水利用による節水効果の詳しい解説が知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

まずは洗濯機の基礎知識のおさらいをして、そのあとでおすすめ品紹介という流れで進めていきます。

 

容量を決める

洗濯量の目安


大人1人の1日分の洗い物の量は約1.5kgと言われています。

▶︎一人暮らしでも週に2回程度のお洗濯
▶︎4人家族なら1日分
これでだいたい6kgの容量となります。

容量ギリギリはあまりよくないので、少し余裕を持たせるということで7kg容量が安心です。

また、毛布などの大物洗いをする場合にも7kg以上の容量が推奨されています。

こういった理由から、7kgタイプがおすすめとなります。ファミリーはもちろん、単身・2人でお使いでもおすすめのサイズです。

このページでは7kg容量を中心に紹介していきます。

 

 
一人暮らし用の洗濯機をお探しの方はこちら
【比較】新生活にオススメの家電①【洗濯機の選び方】

「洗濯機って自分で買ったことないんだけど、どうやって選ぶの?」 新生活シーズンということで、こんな風に思っている方もたくさんいるんじゃないで ...

続きを見る

 

送風乾燥機能とは?

最近の洗濯機にはほぼ全機種と言っていいくらい送風機能がついています。

送風”乾燥”と聞くと乾燥機のようなイメージを持つ方もいるかもしれませんが、残念ながら洗濯乾燥機とは全くの別物です。

送風乾燥は洗濯乾燥機のように温風が出るわけではありません。

洗濯機の蓋部分に通風用の穴が空いていて、洗濯槽に風を取り込みながら洗濯槽を回転させます。

イメージ的には”風通しのいい脱水”程度の効果です。仮に長時間使って水分がとんでも、衣類が冷えているので湿った手触りになります。

もともとは洗濯槽を乾燥させるための送風機能でした。

「洗濯槽を乾かすことができない」というわけにはいかないので、どちらにしても送風機能は必要なんですね。

なら「せっかくなら衣類に使ってもいいじゃない」という発想でついているのが送風乾燥機能です。

実際には使わない方も多く、使うとしても部屋干し前の補助程度の効き目となっています。

 

これで基礎知識のおさらいが終わりました。

スポンサーリンク
7kgノンインバーターおすすめ品紹介


それでは実際におすすめの機種を見ていきましょう。並び順がそのままおすすめの順番です。

東芝 AW−7G5

お手頃価格になっていることが多い機種ですが、基本性能は意外と充実しています。

3万円台低価格洗濯機の中では常に売れ行き上位に来る機種です。洗濯タイマーは6・9時間後の2通りから選択可能です。
 

洗い方の特徴
パワフル浸透洗浄


最初に少ないお水に洗剤を溶かし、高濃度の洗浄液で洗い始めることでしっかりと洗剤の力を引き出します。

十分に衣類に洗剤液が浸透したら、徐々に水を増やしながら洗ってくれるんです。

室温センサーも搭載しており、寒い時でもしっかり汚れが落ちるように時間をコントロールしてくれます。冬でも安心の機能ですね。
 

便利さの特徴
からみまセンサー


パルセーター(洗濯機の底にある回転羽根)の部分にあるセンサーで衣類の偏りを察知します。偏りが多い場合に衣類が絡まっていると判断し、脱水前に「ほぐし」を行う機能です。

一度に多くの量の衣類を洗濯される方は衣類の絡まりは気になりますね?

絡まったままだと洗濯機からも出しづらいですし、干す時も面倒ですよね。
 

東芝はこんな時におすすめ

「予算はなるべく抑えたいけれど、だからと言ってあんまり性能が低いのもなぁ・・」

こんな時には東芝AW−7G5がおすすめです。
▶︎高濃度洗浄
▶︎風呂水ポンプ
▶︎絡みまセンサー
これだけ揃っているのに、売れ行きが良いおかげでお買い得価格になっているのをよく見かけます。

6kgタイプとさほど変わらない価格ということもしばしばありますね。個人的には6kgタイプとの価格差が8,000円以内なら迷わず7kgと考えています。

コストパフォーマンスがもっとも優れた機種といえばこの機種になるでしょう。

 

日立 NW-70A

「白い約束」というだけに、この中なら洗浄力は一番ではないでしょうか。その分音が大きめなのと、わずかに使用水量が多いのでおすすめ2位としました。

洗濯タイマーは6・9時間後の2通りから選択可能です。
 

洗い方の特徴
シャワー浸透洗浄

少ない水で溶かした高濃度洗剤液を衣類に浸透させます。

ここまでは東芝と同じですね。それでこの洗浄液を衣類にかけながら洗うわけなんですが、日立の方が細かくシャワー状に洗剤液をかけてくれるんです。

より衣類全体に洗剤液が浸透するようになっているのが日立です。

お子さんの運動着など汚れがひどいものを洗う機会が多いご家庭では日立がおすすめです。

 

便利さの特徴
ほぐし脱水&風脱水

東芝の絡みまセンサーと同じですね。脱水後にパルセーターを小刻みに回し、衣類をほぐします。

風脱水モードを使えば、送風とほぐしを同時に行い部屋干しに適した仕上がりとなります。梅雨時期や冬には活躍してくれそうな機能ですね。
 

日立はこんな時におすすめ

「洗濯機といえば一番大事なのは洗浄力。価格は抑えても洗浄力は高い機種は?」

▶︎子供の運動着が・・
▶︎ワイシャツの襟袖の汚れが・・

洗浄力重視ならNW−70Aがおすすめです。おすすめ2位の理由は使用水量と運転音がわずかに大きいことですね。価格もAW−7G5より高い場合が多いです。

風呂水ポンプを搭載していますので、残り湯を上手に使えば使用水量の問題はカバーできますね。

バランス重視ならAW−7G5。洗浄力重視ならNW−70Aという選び方になります。汚れが多いお洋服を洗う機会が多いなら日立。”1回着たら洗う”という普段通りのお洗濯なら東芝が有利ということになります

 

シャープ ES−GE7A

インバーター機種並みの使用水量の少なさが魅力の商品です。その理由はシャープ独自の”穴なし洗濯槽”にあります。そのメリット・デメリットは?

タイマーは24時間後まで1時間ごとに設定可能となっています。
 

洗い方の特徴
穴なし洗濯槽で節水

シャープ以外の洗濯機をお使いの方は洗濯槽を覗いてみていただくとわかるのですが、洗濯槽にたくさんの穴が空いていますよね。

これは主に脱水の時に水きれをよくするためのものなんですが、シャープにはその穴がないんですね。

⭕️メリット①節水性が高い

普通の穴あり洗濯槽の場合は、もう一回り大きな洗濯槽(外槽)に水をためていきます。

お料理で使うボウルとザルと同じ関係ですね。
ザルで水切り▶︎内槽で脱水
ボウルで貯水▶︎外槽で貯水

穴なし洗濯槽の場合は内側の洗濯槽に直接水を貯める構造になっており、だからこそ大幅な節水が可能となっているんですね。先ほどの話でいうと、小さめのボウルで洗って脱水もするということです。

穴なし洗濯槽▶︎目に見える部分だけに水を貯めている

穴あり洗濯槽▶︎目に見えない洗濯槽の裏側にも水を貯めている

このような違いができます。
 

⭕️メリット②カビが衣類に付着しない

さらに、穴なし洗濯槽には”洗濯槽の裏側のカビや汚れが内側に入ってこない”というメリットもあります。

洗濯槽の内側と外側が繋がっていない構造なので、洗濯の内側まで汚れが侵入してくることがありません。

ただし、注意が必要で、洗濯槽の裏側が汚れないわけではありません。

脱水のお水は洗濯槽の裏側を通って排出されます。つまり、普通の洗濯機と同様に洗濯槽の裏側にカビや汚れがつく可能性はあります。

「内側に入ってこなければいい」という考え方もできますが、ニオイの原因にはなりますので、他の洗濯機同様に洗濯槽のお手入れは必要となります。夏になると「なんか洗濯機がニオう・・服につかないか心配」ということもあるようです。

節水・洗濯槽裏の汚れが衣類に付かないとメリットが多い穴なし洗濯槽ですが、やはりデメリットもあります。
 

❌デメリット①脱水の効率が悪い

洗濯槽の穴は先ほども書いたように脱水の水はけをよくするためにあるものです。

シャープの穴なし洗濯槽では、脱水の時の水切りを洗濯槽上部と底面の2箇所で行っています。

脱水具合に問題ないと感じる方が大半ではありますが、他のメーカー→シャープで買い換えた場合に、少し脱水が弱く感じることもあるようです。
 

❌デメリット②音が響きやすい

洗濯は”洗い→すすぎ→脱水”と3つの行程に分かれています。

通常、洗濯の行程では洗濯槽が水に包まれている状態になります。これが音を響きづらくする役割も果たしているんですね。

水中の音が聞こえにくということは、皆さんなんとなく経験あるかと思います。それが穴なし洗濯槽の場合、洗い行程の時にも洗濯槽が水に浸っていることがないわけです。

ですから、インバーターがついていないこともあり、”洗い行程”と”脱水行程”の運転音に差があまり出ないということになってしまうんです。

洗い時の運転音は日立と同率で一番大きいですね。どの機種にしても脱水はある程度音が大きいのですが、穴なし洗濯槽は洗い〜脱水まで音が大きい時間が長くなってしまいます。洗濯機を動かしている間ずっと音が大きいのはデメリットと感じる方も多いでしょう。

以上が穴なし洗濯槽のメリット・デメリットとなります。
 

便利さの特徴
ほぐし脱水

こちらも定番の絡みを抑えた仕上げ機能を搭載しています。

東芝のようにセンサーを搭載しているわけではないのですが、脱水の最後の方に低速回転を取り入れることで、衣類をほぐして仕上げます。
 

シャープはこんな時におすすめ

「音は気にならないから、なるべく節水な機種はないかなぁ」

こんな時にはシャープのES−GE7Aがおすすめです。

▶︎穴なし洗濯槽で節水
▶︎カビの衣類への付着抑制
と、他にはない魅力を持った機種となっています。シャープが好きでずっと使い続けている方も多いですね。

おすすめ3位の理由は私の好みかもしれません。穴なし洗濯槽のような一点特化よりも、バランスが良い機種がやはり広く好まれるというか、使いやすい機種だと考えたからです。

 

パナソニック NA-F70PB11

バランスの良いスペックと豊富な選択コースが魅力のパナソニックらしい機種となっています。香りしっかりコースを使ってみたいかどうで評価が変わる機種ではないでしょうか。

洗濯タイマーは6・9時間後の2通りから選択可能です。

 

洗い方の特徴
ビッグウェーブ洗浄


節水型洗濯機に近い洗い方で、衣類とお水をパルセーターで押上げながら洗浄を行います。

衣類をしっかり動かすことで、洗いムラを低減させています。少ない水位の時でも効果的に洗浄できるのが魅力です。

これに洗剤の力をより早く引き出す”即効泡洗浄”と、上からの”パワフルな水流”が加わったものがインバーター機種の洗浄方法となります。

手短に言うと、上位モデルに近い洗い方ということですね。
 

便利さの特徴
香りしっかり・つけおきコース

🔻香りしっかりコース
柔軟剤を投入する最適なタイミング(すすぎの最終)をブザーでお知らせしてくれます。

柔軟剤を投入すると、その後約15分間つけおき・攪拌を行い、柔軟剤の香りをしっかり衣類につけることができます。
 

🔻つけおきコース
特に汚れがヒドい時に、しっかりと洗うつけおきや頑固汚れコースはどの洗濯機にもついています。

中でもパナソニックのつけおきコースは非常に念入りに洗浄を行ってくれるんです。”つけおき→攪拌(槽回転)”を4回も繰り返し、トータル約85分間しっかり汚れを落とします。
 

パナソニックはこんな時におすすめ

「香水つけるのはやりすぎな気がするけど、いい匂いはしてたいよね」

「何回も洗わないと汚れが落ちない・・、もっと洗い時間増やせないかしら」

こんな時にはNA-F70PB11がおすすめです。

▶︎香りしっかりコース
は、パナソニック独自のコースとなっています。以前に比べ、柔軟剤の種類ってだいぶ増えましたよね。いろいろな香りのものがあったり、ニオイ防止効果があったりと、ニオイに気をつける方が増えているようです。香水と違ってふんわり香るくらいの効き目なのが好まれる理由でしょうね。

おすすめ5位の理由はその価格です。バランスが良い性能ではあるもの、同じバランス型の東芝の方がお買い得なことが多くなっています。

香りしっかりコースを頻繁に利用するのであればその価値はあるかと思いますが、大多数の方が使う機能でもないと感じたので4位としました。

 

 

まとめ

最後に選び方のポイントをおさらいしましょう。

東芝がトータルのバランスが一番いいので、東芝基準で比較していきます。

▶︎特に重視する項目がなく迷っているなら東芝。

▶︎洗浄力重視なら日立が有利。音は大きい。

▶︎節水重視ならシャープ。穴なし洗濯槽が気に入れば。

▶︎普通の洗濯コース以外も多用するならパナソニック。価格は少し高め?

と、このようになります。

以上、ノンインバーター洗濯機の解説とおすすめ品紹介でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

トップページへ戻る

おすすめ記事

1

「省エネ型ってどれ?」 「なんでこんなに値段が違うの?」 「お買い得な機種は?」 エアコン選びって難しいですよね。他の家電だったら本体を見る ...

2

「洗濯機買うの初めてなんだけど、どうやって選んだらいいの?」 「久しぶりに洗濯機の買い替えなんだけど、今はどんなものがあるのかしら?」 そん ...

-洗濯機

Copyright© 白物家電ブログ , 2017 All Rights Reserved.