テレビ関連

【4K120P対応テレビ】PS5で遊ぶのに適したテレビはどれ? おすすめメーカーは?

2021年は、プレイステーション5で遊ぶことを意識したテレビが数多く発売されます。

中でも注目は、

4K120P入力に対応しているテレビはどれ?

っていうところじゃないかと思います。

そんなわけでこのページでは

プレイステーション5に適したテレビと選び方

について紹介したいと思います。

 

プレステ5で遊ぶ際にあると良い機能

まずは、PS5と接続する際にあると良い機能から紹介していきます。

HDMIの機能

プレステ5と接続する際によく話題に上がるワードとして、"HDMI2.1"というものがあります。

ところが、テレビのカタログなどを見てもHDMI2.1対応と書いていない場合もあります。

というのも、HDMI2.1の規格には様々な機能が含まれており、その全てを網羅しているわけではないからですね。

そんなわけで、カタログやスペック表には対応する機能ごとに個別に記載されています。

 

▼PS5を接続する際に重要になる機能は次のようなものがあります。

4K120P入力

これは動きの滑らかさや、くっきり感に関わる機能です。

多分、これが一番注目される部分じゃないですかね。

これまでのテレビでは4K映像は60Pまでの対応となっていたのに対し、2021年発売のテレビには4K120P対応のモデルが多くラインナップされています。

対象のモデルは後半で紹介しています。
 

ALLM

オートローレイテンシーモード(自動低遅延モード)の略称です。

例えば、

▶︎ゲームの場合は高画質処理よりも低遅延優先

▶︎映画の場合は遅延対策よりも高画質化の処理を優先

というように、入力危機からの情報に連動して、自動で低遅延のモードに切り替えてくれる機能です。
 

VRR

VRRとは、Variable refresh rate(可変リフレッシュレート)のことです。

PS5とテレビの駆動する速さの違いにより、表示が崩れたり、カクついたりするのを防ぐ機能です。
 

eARC

eARCはエンハンスド・オーディオ・リターンチャンネルの略です。

ドルビーアトモスなどの、新しいサラウンド規格に対応したシアタースピーカーを接続する場合に効果を発揮します。

主に、UHDBD(ブルーレイの新し世代)で映画などの見る際に関係してきます。

 

8Kは?

PS5は将来的に8K表示まで対応するようです。

ですが、現時点ではテレビの中での選択肢が極端に少ないため、ここでは触れないことにします。

価格的にも今のところ現実的じゃないですからね・・。

 

4K120P対応テレビはどれ?
おすすめメーカーは?

4K120P入力に対応するテレビは基本的に2021年以降発売のモデルが対象となります。

メーカーとシリーズ名で言うと

ソニー

▶︎液晶テレビ
X95J
X90J
X85J

▶︎有機ELテレビ
A90J
A80J

パナソニック

▶︎液晶テレビ
JX950
JX900
JX850

▶︎有機ELテレビ
JZ2000
JZ1000

シャープ

▶︎液晶テレビ
DN1
DN2

▶︎有機ELテレビ
DS1
DN1

このように、有名メーカー4社では東芝以外は4K120Pに対応するモデルがラインナップされています。

おすすめはソニー

多くの方が予想がつくんじゃないかと思いますが、

おすすめメーカーはやはりソニー

ですね。

▶︎4K120Pに対応する機種が豊富

▶︎4K120P以外にVRRなども対応するモデルが多い

といった特徴があります。

プレステ5でゲームすることを考えるなら、

ソニー最優先で選んでいけばOK

という感じですね。

テレビとしての性能も加味するなら、パナソニックも十分候補になるかと思います。
 

ということで、次はモデルごとの違いを見ていきましょう。
 

ソニー

さすがソニーというところで、4K120P入力に加え、ALLM・VRR・eARCまで対応のモデルが揃っています。

ゲームメインでテレビ購入を考えている方は・・

「そこそこの大きさがあればOK」

「値段もなるべく抑えられるといいなぁ」

こんなケースが多いんじゃないかと思います。

そういった基準でおすすめモデルを紹介していきたいと思います。
 

液晶テレビ
X90Jシリーズ

サイズ展開50・55・65・75インチ

ソニーの液晶テレビの中で上から二番目のグレードとなっています。

テレビの性能&PS5対応で、価格のバランスが一番良いグレードかなぁと思います。

「テレビとしてもそこそこ良くて、PS5とも相性が良いといいな」

「55インチくらいで探してるんだけど」

こんな時におすすめなのがX90Jシリーズです。

50インチモデル
XRJ-55X90J

テレビ性能 おすすめ度 7
種類 VA液晶
視野角 やや狭い
倍速 対応
スピーカー出力 20W
PS5対応状況 4K120P入力 対応
ALLM 対応
VRR 対応(後日)
eARC 対応

サイズが豊富で、50インチから用意されているのが良ポイントですね。

メリット

ソニーの液晶テレビの大きな魅力である全面直下バックライトを備えており、ぱぁっと明るめの画質が魅力となっています。

画質としてはこれで十分と考える方が多くなるんじゃないかという印象ですね。

デメリット

視野角はやや狭く、正面からずれるほど色がボケるというか、白くモヤがかったような色合いになります。

一人でゲームをする時なら問題ないと思いますが、家族と一緒にテレビ鑑賞となると視野角の狭さが気になるかもしれません。

また、スピーカー出力は20Wと、この価格帯のテレビとしては若干物足りないものとなっています。

別でサウンドバーなどを用意する予定があるなら気にしなくてOKです。
 

液晶テレビ
X85Jシリーズ

サイズ展開 43・50・55・65・75インチ

液晶テレビでは3番手に当たるグレードで、ソニーの倍速対応テレビで一番手頃な価格のグレードにもなっています。

なるべく予算を抑えつつ、PS5に見あった性能のテレビを探すならこちらが一番の候補になります。

「自分の部屋用だからなるべく小さめで」

「ゲーム重視でテレビはほとんど見ないから、予算抑え目で」

こんな時におすすめなのがX85Jシリーズです。

 

43インチモデル
KJ-43X85J

テレビ性能 おすすめ度 6
種類  
視野角  
倍速 対応
スピーカー出力 20W
PS5対応状況 4K120P入力 対応
ALLM 対応
VRR 対応(後日)
eARC 対応

このグレードは、前モデルではサイズによってVAパネルとIPSパネルが混在していました。

今回のモデルで同じように混在になるかもしれないので、発売までは不明な部分も少しあります。

ソニーってカタログにパネルの種類が載っていないんですよね・・。

メリット

ソニーの4K120P対応では一番小さな43インチが用意されています。

倍速もしっかり対応していますので、必要最低限の機能は揃っている感じです。
 

デメリット

全面直下バックライトを採用しているX95Jや、X90Jに比べると、やや暗い画質になります。

上位モデルと比べなければ気にならない程度とは思いますが、なんというか普通の画質なんですよね。

テレビとしては、ソニーらしさが足りないというか、これと言って目を引くものがないような気がします。
 
 

液晶テレビ
X95Jシリーズ

サイズ展開は65・75・85インチ

ソニーの液晶テレビではトップグレードとなります。

画質はもちろん音質も強化されますから、テレビ重視ならこのモデルが一番おすすめですね。

テレビとしての性能はとても良いものの、ゲーム用として買うには65インチ以上しかラインナップがなく、手が出しにくいかなぁっていうモデルですね。

「PS5も使うけど、まずはテレビ性能重視で」

「大きくてキレイな画面でゲームしてみたいなぁ」

こんな時におすすめなのがX95Jシリーズです。

65インチ
XRJ-65X95J

テレビ性能 おすすめ度 8.5
種類 VA液晶
視野角 普通
倍速 対応
スピーカー出力 50W
PS5対応状況 4K120P入力 対応
ALLM 対応
VRR 対応(後日)
eARC 対応

流石のトップグレードということで、性能は液晶テレビでは最高峰となっています。

メリット

明るく華やかな画質となっています。映えるっていう感じですね。

X wide Angleが採用されており、VAパネルとしてはトップクラスに広い視野角を実現しています。

また、スピーカーも50Wと、これまでの液晶ブラビアにはない力の入りようになっています。

毎年人気の高い最上位グレードが、さらにパワーアップしたスペックとなっています。

ソニーの液晶テレビで検討しているなら、これが間違いないって言えるモデルですね。
 

デメリット

性能は文句がない内容ですが、サイズが65インチからしかないのが最大のネックですね。

「65インチは大きすぎる」って感じる方も多いんじゃないかと思います。

年々テレビのサイズは大きくなっているとは言え、現状で主流の55インチがあっても良かったんじゃないかって思っちゃいますね。
 
 

有機EL
A90J

ソニーの最上位の有機ELテレビとなります。

サイズ展開は55・65・83インチ

当然画質は最高峰ですし、画面から音が出るスピーカーで迫力もあります。

価格は高いので、良いゲーム環境のみを求めるなら割高な選択肢になるかもしれません。

テレビとしては間違いないモデルですけどね。

「せっかくなら最高画質でゲームもしたい」

こんな時におすすめなのがA90Jシリーズです。

 

55インチ
XRJ-55A90J

テレビ性能 おすすめ度 10
種類 有機EL
視野角 広い
倍速 対応
スピーカー出力 60W
PS5対応状況 4K120P入力 対応
ALLM 対応
VRR 対応(後日)
eARC 対応

トップグレードだけあって、他メーカーを含めてもベスト3に入るくらいのスペックとなっています。

メリット

有機ELの魅力であるくっきりメリハリのある画質なのはもちろん、昨年モデルから映像プロセッサが刷新されたことに伴いやや明るくクリアな印象になっています。

また、ソニー独自の画面から音が出るスピーカー配置も採用されています。

デザインのかっこよさや、画面から音が出る独自性もありさすがソニーというモデルとなっています。
 

デメリット

画面から音が出るのは先進的でかっこいいのですが、多少無理している感じはあります。

他社のトップグレードと比べるとスピーカー出力もちょっと低めです。

また、画質としても画面の中にスピーカーがない方が構造的に有利になります。

もちろん、高画質・高音質というのは揺るぎないのですが、画面から音が出ることはメリットばかりじゃないっていうくらいは言えるかと思います。

 

ソニーのポイント

ここまでを簡単におさらいしておきますと・・

▶︎テレビ性能とPS5対応のバランスが良いのがX90J

▶︎ゲーム重視で、予算抑えめやサイズ小さめで探すならX85J

▶︎テレビ性能重視なら高画質なX95J

▶︎最高を求めるならA90J

こんな感じで選んでもらえれば良いかと思います
 

パナソニック

リビング用テレビの人気メーカーで、ソニーとトップを争うのはパナソニックじゃないでしょうか。

パナソニックの2021年モデルでも、4K120P対応モデルがラインナップされています。

ただし、VRR対応は一部機種となっています。

PS5で遊ぶことを優先するならソニーで良いかと思いますが、

▶︎レコーダーがパナソニック

▶︎転倒防止スタンドが欲しい

こんな時にはパナソニックも候補になるんじゃないかと思います。

ここでは特にVRR対応モデルをピックアップして紹介したいと思います。

液晶テレビ
43JX850

パナソニックの液晶テレビの中では3番手のグレードですね。

4K120P・ALLMは49インチも対応していますが、VRRまで対応しているのは43インチのみとなっています。

ソニーの43X85Jと同等グレードという感じですね。

「レコーダーがパナソニックだから、パナソニックで選びたい」

「パナソニックの色合いの方が好みだ」

こんな時におすすめのモデルとなっています。

液晶テレビ 43インチ
TH-43JX850

テレビ性能 おすすめ度 7.5
種類 VA液晶
視野角 普通
倍速 対応
スピーカー出力 30W
PS5対応状況 4K120P入力 対応
ALLM 対応
VRR 対応
eARC 対応

価格が特別高いわけでもなく、それでいて必要な性能は一通り揃った優種なモデルです。

メリット

転倒防止スタンドが採用されており、揺れても倒れにくくなっています。

スタンドの中に大きな吸盤が入っていて、テレビ台にくっつくようになっているんですね。

また、上位モデルと同じ"ヘキサクロマ"という映像プロセッサがしっかりと使われています。

ソニーのX85Jだと、プロセッサ自体が上位からランクダウンしてしまいますからね。

パナソニックの方が色合いが好みという方もいるんじゃないかと思います。
 

デメリット

パナソニックのテレビと言えば視野角の広いIPSパネルが特徴なのですが、こちらの43JX850はVAパネルが採用されています。

ゲーム目的なら正面に座るでしょうし、サイズ的にあまり横方向から見るケースは少ないはずです。

そう考えばデメリットというほどではないかもしれません。

とは言え、少し調べた人だと"パナソニック=IPSパネル"って思っちゃうかもしれないので、誤解がないといいなって思います。

 

有機EL
JZ2000シリーズ

パナソニックの最上位有機ELがこちらです。

有機ELでは4K120P・ALLMだけでなく、VRRにも対応となります。

画質・音質ともに最高峰スペックですね。

他メーカーを入れても、東芝のX9400Sとトップを争う性能じゃないかと思います。

でも、東芝は4K120P入力に対応してないので、ここではこのJZ2000が最高性能になりますかね。

画質・音質だけで比べるならソニーのA90Jよりも上かなぁって思います。

「一番いいテレビでゲームもしたい」

「スピーカー性能もいいと嬉しいなぁ」

こんな時におすすめなのがJX2000シリーズとなります。

有機EL 55インチ
TH-55JZ2000

テレビ性能 おすすめ度 10
種類 有機EL
視野角 広い
倍速 対応
スピーカー出力 125W
PS5対応状況 4K120P入力 対応
ALLM 対応
VRR 対応
eARC 対応

流石の最上位モデルというスペックですね。

メリット

有機ELテレビはどれもキレイではあるんですけど、その中でもパナソニック独自のダイナミックハイコントラストディスプレイは他メーカーと比べてもやっぱり少しキレイかと思います。

特に人の顔いらなどの色がキレイなんですよね。

スピーカーも前向き+上方向+左右と、音で包み込むような配置となっています。

音のキレイさももちろんですが、臨場感もピカイチですね。

ちなみに音は変な味付けがない聞きやすい音っていう印象ですね。
 

デメリット

性能は文句のつけようのない内容ですが、それだけに価格はお高めですね。

まぁ、ソニーのA90Jと同等の価格帯ですね。

この性能を考えれば仕方ない気もします。

サイズが55・65の2サイズっていうことで、選択肢はちょっと少ないように感じます。

 

有機EL
JZ1000シリーズ

サイズ展開 48・55・65インチ

パナソニックの有機EL2グレードのうち、2番手のモデルがこちらです。

JZ2000のスピーカーを普通のテレビ並みにした感じですね。

現状発表されている中で、唯一4K120P入力に対応する48インチの有機ELがこちらです。

「スピーカーは別に持っている」

「音にはそんなに拘らないけど、画質はいいものが欲しい」

「サイズ小さめの有機ELで4K120P対応はどれ」

こんな時はJZ1000シリーズがおすすめです。

48インチ
TH-48JZ1000

テレビ性能 おすすめ度 9
種類 有機EL
視野角 広い
倍速 対応
スピーカー出力 30W
PS5対応状況 4K120P入力 対応
ALLM 対応
VRR 対応
eARC 対応

48インチは首振り機能はありませんが、転倒防止スタンドは採用されています。

メリット

現状では有機ELとして一番小さな48インチモデルとなっています。

このサイズではソニーA9Sをはじめ、他社では4K120P対応モデルはまだ発売がないんですね。

設置スペースの兼ね合いで48インチじゃないと・・という場合はこちらが一番PS5におすすめの有機ELテレビとなります。

デメリット

JZ1000シリーズでは55・65インチではハイコントラストディスプレイという独自構造パネルが採用されています。

ですが、48インチでは通常の有機ELパネルとなっています。

なんというか、2世代くらい前の有機ELを思い出すような少し暗いというか、寒色系の色合いです。

スペースが問題ないなら55インチがよりおすすめとなります。
 

液晶テレビ
75JX950

パナソニックのプレミアム液晶テレビが950シリーズです。

画質・音質ともに液晶テレビの中ではトップクラスの実力です。

ただ、VRRまで対応しているのは75インチのみとなっています。

液晶75インチ
TH-75JX950

テレビ性能 おすすめ度 8.5
種類 IPS液晶
視野角 広い
倍速 対応
スピーカー出力 60W
PS5対応状況 4K120P入力 対応
ALLM 対応
VRR 対応
eARC 対応

48インチは首振り機能はありませんが、転倒防止スタンドは採用されています。

メリット

プレミアム液晶ディスプレイというだけあって、画質は液晶最高峰ですね。

IPSパネルで視野角が広いため、家族揃ってテレビを見る時もみんながキレイに見ることができます。

また、スピーカーも液晶テレビの中では東芝Zに次ぐ二番目の出力60Wを持ち、しかも上下の配置となっています。

シアタースピーカーを買うほどじゃないけど、せっかくなら音もちょっとは良いといいなぁ」っていう時におすすめです。
 

デメリット

デメリットというわけでもないですが、ソニーの全面直下バックライトモデル(X95J・X90J)に比べるとごく僅かに明るさが控えめに見えるかもしれません。

まぁ、ソニーが非常に明るいだけで、パナソニックも明るさは十分あります。

好みの問題っていうところですかね。

 

パナソニックまとめ

パナソニックはVRRに対応しているモデルと、そうでないモデルがあるので注意が必要です。

▶︎有機ELはJZ2000・JZ1000ともにVRR対応

▶︎液晶では43JX850と75JX950がVRR対応

▶︎有機EL JZ2000はテレビの中でもおすすめ度最高ランク

▶︎液晶JX850は価格と性能のバランスが良い

▶︎液晶JX950は性能はいいけど、VRR対応は75インチのみ

こんな感じになっています。

自室用のテレビっていう括りなら43JX850が本命になりますかね。

 

シャープ

シャープの2021年モデルも、いくつかのグレードでは4K120P入力に対応となります。

ですが、ALLM・VRR・eARCに対応するモデルはありません。

あと、付け加え得ると、最近流行りのドルビーアトモスにも対応してないですね。

ということで、PS5で遊ぶという条件なら特別優先されることはないかと思います。

テレビとしてもやっぱりソニー・パナソニックに勝てる部分っていうのがほぼないですしね・・。

ドルビーアトモス

ドルビーアトモスっていうのはサラウンド規格の1つで、最近対応するコンテンツが増えて来ています。

ゲームというよりは、映画に使われる立体的な音響のシステムですね。

5.1チャンネルとかの進化版っていうイメージでOKです。

PS5でULTRA HD ブルーレイ(UHD BD)の視聴もするかもという場合、ソニー・パナソニックがドルビーアトモスに対応しているのでおすすめです。

ウルトラHDブルーレイっていうのは、ブルーレイの次の世代の記録メディアです。

DVD→ブルーレイ→UHD BD という順で新しくなっています。

あまり知られていないですが、ブルーレイよりもキレイな画質のディスクがすでにあるんです。

 

まとめ

長くなったので簡単にまとめておきます。

▶︎PS5優先ならまずはソニーで検討

▶︎テレビの性能も加味するならパナソニックの一部モデルもおすすめ

▶︎シャープは優先度は低い

こんな感じになります。

少しでも参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

▼トップページへ戻る

-テレビ関連

Copyright© 白物家電ブログ , 2021 All Rights Reserved.