テレビ関連

【今お買い得なテレビ】店員の間でも話題! 旧型でお得なおすすめのテレビ

春から続いたモデルチェンジも最終盤にかかり、お店には新型がずらっと並ぶ季節になりました。

新型には新型の魅力はあるものの、価格的にはちょっと手が出にくい時期かもしれません。

そんな状況ですが、旧モデルでいくつか残っているテレビもあります。

その中でも、特にテレビコーナーのスタッフの中でも・・

「このテレビよくここまで値下がりしたね」

「今、値段見てびっくりした!」

「この性能でこの価格ならお得じゃない?」

と言ったように、評判が良いモデルというのがあるんですね。

というわけで、このページでは・・

今の時期、スタッフの間でも話題に挙がる、性能の割にお買い得なテレビ

を紹介していきたいと思います。

おすすめの基準

このページでは・・

リビング用としておすすめのテレビ

について紹介していきます。

性能・価格・人気などを加味して「これはお得!」って思えるもので紹介していきます。

もともと低価格路線のモデルは入っていませんのでご了承ください。

完売の場合も!

このページでは2021年7月に書いています。

店頭の在庫状況や、ネットショップなどの販売状況を踏まえて書いていますが、

▶︎すでに生産完了で取り寄せ不可

▶︎すでに家電店に展示がない

▶︎今後すぐに販売終了の可能性あり

などのモデルが含まれています。

販売終了・在庫切れの場合はご容赦いただければと思います。

 

テレビのモデルチェンジ時期
お買い得な時期は?

リビング向けテレビの多くのモデルは、春から夏にかけて少しずつモデルチェンジしていきます。

夏に大きなイベントが多いので、それまでに

「新型のテレビが揃ってますよ。いかがですか?」

っていう状態に整える感じですね。

そんなわけで・・

価格もしっかり下がっていて、それでいて豊富な選択肢があるのは大体4〜6月頃っていう感じですね。

ゴールデンウィークあたりは、かなりいいタイミングだと思います。

そうは言っても、

「夏のボーナスが出たらテレビでも・・」

っていう方も多いんじゃないかと思います。

ただ、夏のボーナスが出る頃になると、旧モデルのお買い得品はだいぶ数が減っている状況なんですね。

そんな方のために、このページでは旧型のお買い得モデルを中心におすすめ品を紹介していきたいと思います。
 

人気のメーカーは?

テレビのメーカーで有名どころなのは・・

ソニー・パナソニック・東芝・シャープの4社でしょうか。

あと最近ではハイセンス・LGなどの海外メーカーもちょこちょこ見かける感じですね。

人気メーカー

リビング用として人気なのは・・

1位 同率 ソニー・パナソニック

少しひらいて

2位 東芝

また少しひらいて

3位 シャープ

こんなところでしょうか。

お客様人気の1位がソニーで、スタッフからの支持が一番多いのがパナソニックという印象があります。

その結果、ソニー・パナソニックが2トップという格好ですね。

ソニーはデザインがカッコ良く、加えて何かしらの目を引くポイントがある製品作りっていう雰囲気です。

パナソニックは実用的な機能が多く、それでいて全体的にハイレベルっていう感じですね。

 

よくある質問

テレビの紹介に入る前に、最近のテレビの状況を少し説明しておきたいと思います。

よくある質問は・・

Q. 4Kは必要? 放送している?

A. 4K放送は2年以上前からスタートしています。4K放送は高画質で、BS局での放送です。

4Kテレビは、リビング用テレビとしてはもうすでに標準的になっています。

 4Kではないリビング用テレビを探す方が難しいので、「テレビはもう4Kなんだ」くらいに思ってもらえればOKです。
 

Q. サイズはどれくらい?

A. リビング用として一番売れ筋のサイズは、55インチですね。

ついで65インチ・49インチが同じくらいの人気となっています。

思ったよりも大きく感じるかもしれませんが、

テレビのサイズ おすすめ畳数
49インチ 6畳
55インチ 8畳
65インチ 10畳

今の基準はこれくらいになっています。

10年前なら40インチ台でも"大画面"という雰囲気がありましたが、今では55インチで"普通"になってしまってるんですね。

10年前よりも、ずっと大きめのモデルが中心になっている状況です。
 

Q. 予算はどれくらい?

A. テレビ購入のご予算は皆さんそれぞれではあるのですが、一番多いケースは大体15万円前後でしょうか。

「以前もそれくらいの予算で購入したから、今回も同じくらいで」っていう方が多いですね。

以前と同じ予算でも大きなサイズが購入できることも、画面サイズが大型化している理由になっています。
 

Q. ネット動画を見たい

A. リビング用として候補に上がるようなテレビは、大半のモデルがネット動画対応となっています。

YouTubeやNetflix・プライムビデオなど、ネット動画を利用する方も多くなってきました。

それに伴って、40インチ以上の多くのテレビは動画アプリ対応になっています。
 

ポイント

まとめると、

▶︎(見るかどうかに関係なく)必然的に4Kテレビを選ぶ流れになる

▶︎ネット動画はほぼ対応している

▶︎サイズは55インチを中心に人気

こんな感じになっています。
 

液晶テレビのおすすめ品

それでは本題に移って、お買い得でおすすめのテレビを見ていきましょう。

すでにお近くの家電店に展示がない場合もあるかと思いますが、ご了承ください。

おすすめ① ソニー
KJ-55X9500H

種類 液晶テレビ(VA)
倍速
視野角
スピーカー出力 30W
ネット動画 豊富
おすすめ度 8.5/10

現在の状況

去年のモデルではありますが、55・49インチは今のところ販売中という状況です。

ただし、49インチは仕様が異なり、視野角が狭め・スピーカー出力も小さく(20W)なります。

そういう意味でも55インチがおすすめです。

残念ながら、65インチ以上はすでに見つけるのが難しい状況です。

ポイント

今リビング用で最も売れているテレビはこれじゃないでしょうか。

去年のソニーの液晶テレビの中で、一番上の性能のモデルとなっています。

メリット

⭕️全面直下バックライト&X-Wide Angle採用

一般的なテレビに比べバックライトの量が多く、明るくパッとした映像を得意としています。

一目見た時の印象の良さは、液晶テレビではトップクラスでしょう。

ソニーらしい、華やかで目を引く画質となっています。
 

⭕️広い視野角のX-Wide Angle

X-Wide Angleが採用されており、VA液晶の中では広い視野角を確保しています。

VA液晶テレビは本来視野角が狭くなりがちで、正面からズレると色が白くぼやっとしてしまうんですね。

斜めから見た時に、多少は色が変わってはしまいますが、大きく気にならない程度の視野角が確保それています。

有機ELやIPSパネルほどの視野角の広さではないにしても、VAの中では優秀っていう感じですね。
 

⭕️Android TV

Android OSが搭載されており、スマートフォンのような使い勝手になっています。

YouTubeやNetflixなどの主要な動画アプリはもちろん対応で、それ以外にもテレビ向けのアプリをダウンロードして使うことができるようになっています。

また、Google Chromecast・Apple AirPlayにも対応しており、スマホとの連携も得意なモデルとなっています。
 

デメリット

❌スピーカーはやや物足りない

出力30W(55インチ以上)は、リビング用テレビとしては至って普通のスピーカーという感じですね。

悪くはないものの、最上位液晶についているにしてはちょっと物足りないように感じます。

他メーカーの同等品で比べると、東芝Z740XSなら80W、パナソニックJX950なら60Wありますからね。

普段使いには問題なくても、映画や音楽番組にはちょっと音が軽いというか、チャカチャカした音に聞こえる場合があります。
 

❌HDD録画は1つまで

外付けHDDを使った録画に対応していますが、2番組同時録画には対応していません。

同時録画は1番組までとなっています。

これも上位モデルとして考えれば物足りない印象があります。

東芝・パナソニック・シャープは2番組同時に対応していますからね。
 

おすすめパターン

「明るい画面が好き・見やすいと感じる」

「色々な動画アプリを楽しみたい」

「スッキリしたスタンドデザインが良い」

こんな場合におすすめのテレビとなっています。

反対に、音にも期待・録画をよく使う、こんな場合はちょっと物足りなく感じるかもしれません。

音にしても、録画にしても、別でスピーカーやレコーダーを購入することで解決します。

「機器が揃っているところで使うと本領発揮」っていう作りがソニーらしいところですね。

そういう"家電好き"向けなところが、メリットにもデメリットにもなっていると感じます。

49インチ

49インチも、今の所は販売中になっています。

KJ-49X9500H

55インチとは仕様が異なり、

▶︎X-Wide Angleなし

▶︎スピーカー出力20W

▶︎サイド補助スピーカーなし

このようになっています。

「設置できるサイズが限られている」

「正面からしか見ない」

こんな場合は候補になるかと思います。

 

 

おすすめ② パナソニック
TH-75HX900

種類 液晶テレビ(VA)
倍速
視野角
スピーカー出力 30W
ネット動画 対応
おすすめ度 7.5/10

現在の状況

この記事を書いている時点(7月初旬)で、ちょうど生産完了になったところです。

在庫限りの状態で、数もそんなに多くはありません。

在庫があったらラッキーという感じです。

ポイント

パンソニックの液晶テレビの中で、2番手の位置付けとなるシリーズです。

驚くほど値段が下がっており、75インチながらも20万円台前半で買うことができます。

さらに今ならパナソニックのキャッシュバックキャンペーンがあり、購入後に3万円戻ってくるんですね。

期間もあるので、キャンペーンの詳細は、パナソニックホームビューイングHPをご覧ください。

 

メリット

⭕️倍速対応

倍速パネル採用で、動きもくっきり滑らかにうつすことができます。

馴染みのない言葉かもしれませんが、"倍速"は、テレビの画質に関わる機能で一番重要なポイントです。

これくらい大きな画面なら、なおさら倍速の必要性は高まると思います。
 

⭕️驚きの価格

スペック的に特別高性能というわけではないのですが、倍速あり・ネット動画も有名どころは対応と、一通りは揃っているモデルです。

それでいてここまで値下がりするとは驚きです。
  

デメリット

❌目立った機能は無し

パナソニックの売りである店頭防止スタンドやIPSパネルは採用されていません。

必要な機能は一通り揃ってはいますが、目立った特徴もないっていう感じですね。

❌新品在庫は運

ネットショップを含めても、すでに在庫は少ない状況かと思います。

値段が高くて売れ残っている様子のとこはあるんですけどね・・。

あくまで価格が魅力なので、25万以下で見つからないならちょっと微妙です。

お住まいの地域に新品在庫があるかは、運になってしまいます。
 

おすすめパターン

「大型テレビに憧れる」

「ワイドリビングを縦に使っている」

「ちょうどいい性能の大画面を探している」

こんな時におすすめのモデルとなっています。

繰り返しになりますが、価格の安さあってこそのおすすめです。

在庫が見つからない・見つかっても25万円を超えるような場合は、別の候補を考えていただく方がいいかと思います。

見つからない時は

75HX900が見つからない場合に、代わりの候補となるモデルはこの辺りでしょうか。

ソニー
KJ-75X8550G

種類 液晶テレビ(IPS)
倍速
視野角
スピーカー出力 20W
ネット動画 豊富
おすすめ度 7.5/10

ソニーの中級液晶テレビっていう位置付けのモデルです。

HX900同様、こちらもしっかり倍速対応になっています。

75HX900と比べると・・

HX900→X8550G

外付けHDD録画が同時2→同時1

スピーカー出力が30W→20W

Android無し→あり

こんな違いがあります。

多くの家電店ではすでに取扱終了かと思いますが、なぜか記事作成時点でエディオンネットショップに掲載があります。

購入の場所を問わないならこちらもお得と思います。

ちなみにこちらも25万以内ならお得っていう感じです。

 

おすすめ③ パナソニック
TH-49HX850

種類 液晶テレビ(IPS)
倍速
視野角
スピーカー出力 30W
ネット動画 対応
おすすめ度 8/10

現在の状況

すでに生産完了になって少し経っていますが、まだ在庫が見つかる範囲かと思います。

もともと売れ筋機種なだけあって、市場に出回っている在庫が多いんじゃないかと思います。

 

ポイント

パナソニックの液晶テレビでは上から三番目のグレードとなっています。

とはいえ、2番手のHX900とはサイズが違うだけで、性能は共通しています。

そんなわけで、実質2番手という感じですね。

視野角の広いIPSパネル・倍速パネル・転倒防止スタンドが揃って10万円ちょっとということで、結構お買い得じゃないかと思います。

メリット

⭕️IPSパネル&ヘキサクロマ

視野角が広いIPSパネルが採用されています。

視聴場所による色合いの変化が小さいため、家族揃ってテレビを見るのに向いています。

また、ダイニングやキッチンなど、正面方向以外から見ることが多い場合にもおすすめです。

映像エンジンも上位モデルと同じヘキサクロマドライブが採用されており、発色が良いかなぁって思います。
 

⭕️転倒防止スタンド

スタンド部分に大きな吸盤が入っており、テレビ台にピタッと吸着するようになっています。

地震があった時や、小さなお子さんがテレビに掴まってしまった時にも、倒れにくいというメリットがあります。
 

デメリット

❌色合いはほんの少しクセあり

色は鮮やかで綺麗ではあるのですが、やや黄色が強く出る傾向にあります。

特に顔のアップやアニメなどはちょっと色が濃く感じるかもしれません。

なんというか、ちょっとコッテリ目の画質です。

あっさり目の画質がお好みなら、ソニーのX9500Hか、後継モデルのJX850がいいかと思います。
 

おすすめパターン

「定位置以外からもテレビを見ることが多い」

「転倒防止に魅力を感じる」

こんな場合におすすめです。

あまり派手な機能はないですが、「高性能じゃなくていいけど、あんまりしょぼいのもちょっとな・・」っていう時に候補になるモデルです。

こちらのモデルには43インチもあります。

TH-43HX850

こちらもすでに生産完了となっています。

49インチよりは少し在庫が薄めで、なくなるのは早いんじゃないかと思います。

49インチとの値段の差がそれほどないので、49インチ優先がおすすめです。

 

有機ELのお買い得品

次は有機ELのおすすめ品を紹介していきます。

有機ELは、ほぼモデルチェンジが終わっており、旧型のお買い得品は少なめになっています。
 

おすすめ① パナソニック
TH-65HZ1800

種類 有機ELテレビ
倍速
視野角
スピーカー出力 80W
ネット動画 対応
おすすめ度 9.5/10

現在の状況

65インチは現行となっており、在庫切れの場合でも取り寄せ可能な状況です。

55インチはすでに生産完了で、新品を探すのはちょっと難しいかもしれません。

 

ポイント

昨年3グレードあった有機ELのうち、真ん中の性能のモデルです。

スタンダードモデルのHZ1000と画質は同じで、スピーカー性能がよくなったモデルですね。

性能も良く、価格も大きく下がっている状態で、お得感のある有機ELの大本命のモデルとなっています。

メリット

⭕️高画質有機EL

パンソニックの有機ELは、変なクセがなく、色もキレイな印象があります。

幅広く好まれる画質といえばいいでしょうか。
 

⭕️80Wで上下配置のスピーカー

スピーカー出力が80Wあり、これはテレビの中でも上位に位置する性能です。

また、スピーカーが上下の2箇所に配置されています。

下側のスピーカーは、しっかり前方向に音を出し、上スピーカーは天井の反射を利用して耳元に音を届けるようになっています。

「テレビのスピーカーってなんか聞こえにくい・・」っていう方におすすめしたいモデルです。
 

⭕️便利&安心

こちらも転倒防止スタンドが採用されており、揺れに強くなっています。

スタンド部に吸盤が入っていて、テレビ台に吸着するようになっているんですね。

また、こちらのスタンドは、手動で首振り(スイーベル)できるようになっています。

テレビの向きを少し変えたり、配線の抜き差しの時に接続口を見やすくしたりと、何かと便利な機能となっています。

 

デメリット

画質・音質・お得感ともにハイレベルで、特にデメリットはありません。

あえていうなら、ここまで来たら一番上のJZ2000が気になり出すくらいでしょうか。

 

おすすめパターン

「画質もそうだけど、音もある程度良いものが欲しい」

「良いものをお得に買いたい」

こんな時におすすめです。

このページの中で、一番推せるモデルと思っています。

価格的には34万円くらいなら大チャンスです。

発売時の価格は約50万円でしたからね。よくここまで下がったものです。

55インチ

55インチは探しにくいかと思いますが、一応リンクを貼っておきます。

残っていたらラッキーですね。

TH-55HZ1800

今見たところだと、Amazonでは販売中のようですね。

20万円くらいなら激安だと思います。

 

おすすめ② ソニー
KJ-55A8H

種類 有機ELテレビ
倍速
視野角
スピーカー出力 30W
ネット動画 豊富
おすすめ度 9/10

現在の状況

直近で入荷終了になったところですが、まだ展示している家電店も多いんじゃないかと思います。
 

ポイント

ソニーの2グレードある有機ELのうち、二番手に当たるグレードですね。

有機ELのスタンダードモデルっていう雰囲気ですね。

新型のXRJ-55A80Jがすでに発売済みとなっています。

新型のA80Jは、HDMIの4K120P対応に進化しているので、プレステ5で遊ぶ予定の方には新型をお勧めします。

 

メリット

⭕️画面から音が出る

ソニーの有機ELは、画面から音が出るスピーカー配置になっています。

真っ直ぐ前に音が出るので、一般的なテレビよりも聞こえやすいメリットがあります。
 

⭕️アプリが豊富でスマホ連携も◎

液晶のX9500Hと同様に、Android TVが採用されています。

アプリも多く、スマホとの連携も良いですね。

Google Chrome castと、AirPlayの両方に対応しているのは、今のところソニーだけとなっています。

 

デメリット

❌スピーカーは30W

スピーカー出力は30Wと、まぁ普通のテレビ並みというところですね。

もちろん普通のテレビよりは明瞭な音だと思います。

画面から音が出るっていう、驚きのある特徴がある割には・・っていう印象です。

人の声は聞きやすいので、普段使いには不足は感じないと思います。

音楽を鳴らすと、ボーカルはよく聞こえて、演奏(特に高音・低音)が弱いなあっていう感じです。

他社の同価格帯のテレビに比べると、若干パワーが落ちる感じですかね。

 

おすすめパターン

「予算を抑えつつ、ソニーの有機ELが欲しい」

「豊富な動画アプリや、スマホ連携に魅力を感じる」

「なんとなくソニーがいいかな」って考えている方は結構多いです。

それだけブランド力があるわけですね。

そんなメーカーの、しかも有機ELテレビがお買い得となれば、人気が出るのも当然の流れですね。

価格的には19万円を切っていればかなりお得かと思います。

 

おすすめ③ パナソニック
TH-55HZ1000

種類 有機ELテレビ
倍速
視野角
スピーカー出力 30W
ネット動画 対応
おすすめ度 9/10

現在の状況

この7月に入って生産終了となりましたが、55インチはまだギリギリ在庫が見つかるかなぁっていうところです。

65インチは厳しいかなぁと思います。

ポイント

パナソニックの3グレードある有機ELの、3番手に当たるグレードです。

これもスタンダード有機ELのグループですね。

すでに新型のJZ1000シリーズが発売しています。

JZ1000の方が色合いがやや良くなっていますが、大差ではないかと思います。

メリット

⭕️スタンダードクラスでも高画質

パナソニックのテレビは、発色が良いのが魅力です。

特に人の肌の色が綺麗に見えるので、キレイ・見やすいと感じる方が多いんですね。

また、動きの滑らかさや、ノイズ処理のうまさもよーく見てると感じます。
 

⭕️転倒防止&首振りスタンド

HZ1800と同様に、スタンド部分に吸盤が入っており、揺れても倒れにくくなっています。

手動で首振りもできるので、反射や映り込みを避ける時にも便利です。

 

デメリット

❌あくまでスタンダード

画質も良く、便利でもあるのですが、際立った特徴みたいなものはないです。

あくまでスタンダードという印象ですね。

それだけに価格勝負になりやすいです。
 

おすすめパターン

「画質が良かったら嬉しいけど、すごく高性能ではなくて良い」

「別付のスピーカーを持っているから、スピーカーは普通でいい」

こんな時におすすめです。

際立った特徴がない代わりに、価格は非常にお得なところまで下がっています。

今年発売の液晶テレビよりも、この有機ELの方が安い状況ですからね。

発売時の価格は30万くらいだったと思います。

それが今では17万円くらいまで下がっていますから、お得感はかなり強いですね。

 

まとめ

旧モデルのお買い得品を紹介させていただきました。

生産終了、もしくはその直前のモデルで掲載しています。

そのため、このページを見るタイミングによっては完売・展示なしということもあるかと思います。

その際は、ご容赦いただければと思います。

メーカー的にはソニー・パナソニックが人気もあり、旧モデルがいくつか残っているので狙い目です。

簡単にですが、少しでも参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

▼トップページへ戻る

-テレビ関連

Copyright© 白物家電ブログ , 2021 All Rights Reserved.