白物家電ブログ

最新生活家電で暮らしをもっと快適に!

掃除機 家電の選び方

安くて、軽くて、良く吸って、静かな掃除機はあるのか?【その1紙パック編】

更新日:

吸引力、価格、軽さ、静かさなど掃除機選びのポイント別におすすめ機種を紹介!

掃除機は価格の幅も広く種類も豊富です。
単純にオススメをご紹介すると、どうしても高額機種に偏ってしまいます。
テレビやネットで話題になるのも高級機種ばかりですね。

でも高級掃除機だけが掃除機じゃあありません。
売り場でどんな掃除機をお探しかお客様に聞いてみると、こんな答えが返ってきます。

「安くて、良く吸って、軽くて、静かなやつ」

ええ、まぁ、なんというか、残念ですけど今のところそんな夢の掃除機は無いんです・・・
でも、それじゃあ話は終わっちゃうんで、条件をもっと絞ってそれぞれの分野ごとにおすすめを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス336

※お願い
①出来れば最初に
現役店員が詳しく解説 掃除機の選び方 Part1 掃除機の種類を選ぶ
をお読み下さい。 掃除機の基礎を解説しています。

サイクロン編はこちら

安くて、軽くて、良く吸って、静かな掃除機はあるのか?【その2サイクロン編】

サイクロン掃除機の性能ごとにオススメ品を紹介! 欲しかった掃除機が見つかります! 前回紙パックタイプの掃除機をご紹介しましたので、今回はサイ ...

続きを見る

ついでに独断と偏見で点数もつけてみたいと思います。
良かったら、参考にして下さい。

 採点項目 
価格、吸引力、本体重量、運転音、独自機能
それぞれ5点満点で採点します。

 価格 
2万円以下 5点 以降1万円上がるごとに-1点
価格.COM最安値基準です。

 吸引力 紙パック式の場合 
600W以上 5点 以降50W減るごとに-1点
 吸引力 サイクロン式の場合 
W数があてにならないので勝手に点数化します。

 本体重量 
2.5kg未満 5点 以降0.5kg増えるごとに-1点

 運転音 
最小時で50db以下 5点 以降3db上がるごとに-1点

 使いやすさ 
パワーブラシ 2点 自走式ブラシ 4点
その他の便利機能で採点

 独自機能 
私の好みで点数つけちゃいます。
その掃除機を買う決定打になる 5点
あってもいいんじゃない? 3点
フーン? 1点

 計30点満点 
こんな感じで採点してみたいと思います。

それじゃあまず

紙パック式 価格重視タイプ

紙パック式 価格重視のオススメ品その1
日立 CV−PC9

項目 点数
安さ 13,000円~ 5
吸引力 650W 5
軽さ 3.4㎏ 2
静かさ 60db 1
使いやすさ パワーヘッド 2
独自機能 エコ運転 1
    計16点

オススメポイント
①強力パワー650W
この価格で業界最大級650W。安くてよく吸う掃除機の決定版です。

②自動省エネ機能
センサーで床質を検知。自動でブラシの回転数を増減してくれます。
まぁ、掃除機の電気代なんてたいしたこと無いので、そんなに重要では無いですが。

③お手ごろ価格
2万円以下でパワーヘッド。たたみ、じゅうたん、カーペットどこでもおまかせ。

 こんな人にオススメ 
価格重視でお探しならコレ。吸引力は充分。
それ以外は良くも悪くも普通の掃除機。掃除機に多くを求めない方はこちらでどうぞ。

 

紙パック式 価格重視のオススメ品その2
三菱 TC−FXF7P

項目 点数
安さ 15,000円~ 5
吸引力 500W 3
軽さ 2.4㎏ 5
静かさ 58 2
使いやすさ パワーヘッド 2
独自機能 軽量本体 3
    計20点

オススメポイント
①軽量2.4㎏
パナソニックのjコンセプトモデルや日立の軽パックなど軽量モデルが増えてきましたが、どれも価格はちょっと高めですね。
こちらの三菱Be-kシリーズはお値段お手頃でもなかなかの軽量仕様となっています。
他の大型機に比べると吸引力は若干下りはしますが、問題なく実用の範囲です。

②パワーヘッド
パワーヘッド搭載ですので絨毯、畳、カーペットなんでもお任せです。

 こんな人にオススメ 
お家の中で掃除機を持ち歩く場合はコレ。
取っ手部分も上の方についているので、縦にコンパクトに持ち歩けます。

日立のCV−PC9はパワー重視の方にオススメ。
こちらは軽量重視の方にオススメのモデルとなります。

 

紙パック式 運転音重視タイプ

紙パック式 運転音重視のオススメ品その1
CV−BD500

項目 点数
安さ 48,000円~ 2
吸引力 360W 1
軽さ 2.3㎏ 5
静かさ 51 4
使いやすさ 自走
+カーボン
5
独自機能 クリーン排気 5
    計22点

オススメポイント
① クリーン排気
0.3マイクロメートル以上のゴミを99.9パーセント捕集します。
クリーン排気の紙パック掃除機は意外と少ないです。価格をなるべく抑えて排気がキレイな物を選ぶならこちらがおすすめです。

②軽量2.3kgの本体
運転音が静かなだけでなく本体も軽量コンパクトとなかなか優秀な機種です。

本体2.3kgはパナソニックのMC−JP510Gの2kgについで2番目の軽量ボディーとなっています。
お部屋の移動や階の移動が多い方には非常にオススメです。

③静音&自動エコ
これも紙パックタイプでは珍しい静音設計です。
自動エコ機能で必要な分だけパワーを発揮しますので、ゴミが少ないときは自動的に静かになります。
センサー精度はパナソニックには及ばないですが、実用の範囲内と言えるでしょう。

 

 こんな人にオススメ 
排気もキレイ、軽量で音も静かと大変優秀な機種です。
価格もこのスペックにしては大健闘だと思います。

唯一自走式ヘッドでないのが残念ですね。 
後ほど紹介するVC−PD700とどちらにするかは予算次第ですね。

 

紙パック式 軽量重視タイプ

紙パック式 軽さ重視のオススメ品その1
三菱 TC−FXF8P

項目 点数
安さ 17,000円~ 5
吸引力 500W 3
軽さ 2.4㎏ 5
静かさ 58 2
使いやすさ 自走ヘッド 4
独自機能 軽量本体 2
    計21点

オススメポイント
①軽量2.4㎏
上でご紹介したTC-FXF7Pと一緒です。
軽くてお手頃価格でお探しでしたらこちらで決まりです。

②自走式ヘッド
せっかく本体が軽くても、掃除がけが軽くなくちゃあ魅力半減です。
FXF7Pとは違いコチラは自走式ヘッド採用。

持ち運ぶのも軽く、お掃除も軽い力でスイスイ。
女性に人気の一台です。

 こんな人にオススメ 
今の掃除機が重くて嫌だって人はコレ。
持ち運びラクラクで階段掃除にも大活躍。

なぜか下位モデルのTC-FXF7Pとほとんど価格が変わらないことが多いです。せっかくならこちらでどうぞ。

 

紙パック式 軽さ重視のオススメ品その2
パナソニック MC−JP520G

項目 点数
安さ 43,000円〜 2
吸引力 300W 1
軽さ 2.0㎏ 5
静かさ 57 2
使いやすさ 自走
+親子ノズル
5
独自機能 最軽量 5
    計20点

オススメポイント
①最軽量本体2.0kg
本体なんと2.0kg。2Lペットボトルとほぼ同じ重さです。
片手でも簡単にもてます。掃除機の移動が多い方はぜひこちらで。

②自走式ヘッド+親子ノズル
ヘッドも他の自走式ヘッド搭載機種よりもやや小ぶりなコンパクトタイプです。
パナソニック独自の足で外せる親子ノズルは使い勝手が非常に良いですね。

③ハウスダスト発見センサー搭載
目に見えない小さなゴミもセンサーで見分けて自動で運転を強弱してくれます。
快適かつ無駄の無いお掃除で、しかも取りこぼしも無し。個人的には非常に好きな機能です。

 こんな人にオススメ 
軽くて使い勝手の良い掃除機を探している方にはとてもオススメの機種です。
落ち着いたデザインで高級感もあり、特に年齢層が高めのお客様によく売れています。
まぁ、もともとそういうコンセプトの商品なんですけどね。

 

紙パック式 バランス重視タイプ

紙パック式 バランス重視のオススメ品その1
お手頃価格モデル パナソニック MC−PK17G

項目 点数
安さ 17,800円〜 5
吸引力 600W 5
軽さ 2,7㎏ 4
静かさ 60 1
使いやすさ パワーヘッド 5
独自機能 親子ノズル 3
    計23点

オススメポイント
①そこそこ軽くてハイパワー
2,7kgの本体はそこそこ軽量タイプと言っていい部類です。
それでも吸引仕事率は600wと大型機に負けていません。

②お手頃価格でもパワーヘッドと親子ノズル
残念ながら自走式ではありませんがこの価格でパワーヘッド搭載なら十分お買い得です。
パナソニック独自の魅力である親子ノズルも付いています。

 こんな人にオススメ 
とにかくバランスが良く使いやすいモデルです。
目立った機能はないものの必要にして十分な性能があります。
この価格帯では一番人気かつバランスが良い機種ですね。

日立のCV−PC9が重いと感じたらこちらが候補になるでしょうね。

 

紙パック式 バランス重視のオススメ品その2
中級モデル 東芝 VC−PF9

項目 点数
安さ 18,000円~ 5
吸引力 640W 5
軽さ 3.2㎏ 3
静かさ 61 1
使いやすさ 自走式
+カーボン
5
独自機能 無し 0
    計19点

オススメポイント

①自走式+カーボン採用ヘッド
この価格で自走式。そしてカーボン採用で軽い。
本体こそはそんなに軽量じゃないですが、掃除がけはとっても楽。

②吸引力640W
この価格で吸引力640W。日立に続きナンバー2。

③お手入れ簡単ヘッド
ブラシの脱着は他のどのメーカよりも簡単。
レバーを上げて、蓋を取るだけ。
これでこまめにブラシの水洗いが出来ますね。

 こんな人にオススメ 
自走式では一番お手頃な部類ですね。
同じ自走式搭載でお手頃価格といえば三菱のTC−FXF8Pがあありましたが、東芝の方が重い分ハイパワーですね。ペットを飼っているご家庭や毛足の長いカーペット・ラグなどお使いのご家庭にはこちらがオススメです。
軽い力でお掃除できる自走式&カーボンの組み合わせでお買い得機種といったらこの機種ですね。

軽量とは言いがたいものの、掃除機を持って1階、2階を行き来するってわけじゃなければ、本体は充分コンパクトな部類に入りますよ。

 

紙パック式 バランス重視のオススメ品その3
高級モデル 日立 CV−PD700

項目 点数
安さ 35,000円~ 3
吸引力 370W 1
軽さ 2.3kg 4
静かさ 57db 2
使いやすさ 自走
+カーボン
5
独自機能 ジェット吸引
+コンパクトボディ
5
    計20点

オススメポイント
①ジェット吸引スマートヘッド
ヘッド上部の細い隙間から空気を取り込み床面に吹き付けます。
これにより床の目地に入ったホコリなども浮かせて吸い取ります。

②超クリーン排気
0.3マイクロメートル以上のチリをなんと99.999%捕集します。
先ほど登場したCV−PD500が99.9%捕集ですからチリの量が1000分の1ということになります。
紙パック掃除機ではダントツの排気性能です。

③4方向吸引
日立独自の4方向吸引です。ヘッドの前後左右どこからでもゴミが入っていきます。
軽い力でサッと動かし、広い範囲を吸う。楽ですねぇ。

 こんな人にオススメ 

総合してみたときにスペックがもっとも高い機種はこちらになるんじゃないでしょうか?
特に軽量モデルで静音性・排気性能に優れた機種は他にありません。
予算が許すのであれば最もオススメの機種となります。

 

紙パック編まとめ

 総合的なオススメ度は 

※点数順でなく個人的なオススメ順です。

1位 日立 CV−PD700 20点

紙パックタイプきっての高級機種はさすがの高性能です。
吸引仕事率は低いもののヘッドの良さでしっかり吸ってくれます。
軽い、静か、よく吸うとこの記事のテーマに一番合っている機種だと思います。

 

2位 パナソニック MC−PK17G 23点

今回の採点方法では1番高得点になりました。
価格とハイパワーが魅力でそこそこ軽量と地味ながらも優秀な機種です。
親子ノズルが便利なので東芝よりも順位を上にしました。

 

3位 東芝 VC-PD9 19点

目だった独自機能こそありませんが、低価格、高吸引力、自走式と3拍子そろった1台。
高級掃除機の入門モデル?みたいな位置づけですね。

 

以上項目別に見たオススメの掃除機”紙パック式”編でした。

アドセンス336

アドセンス336

-掃除機, 家電の選び方

Copyright© 白物家電ブログ , 2017 AllRights Reserved.