白物家電ブログ

最新生活家電で暮らしをもっと快適に!

オーブンレンジ 家電の選び方

「結局どれがいいの?」 オーブンレンジのオススメベスト3【高級クラス編】

更新日:

前回に引き続きオーブンレンジのお話です。
価格の違いは何の違いからくるのかは、なんとなくお分かりいただけたのではないかと思います。

まだ前の記事をご覧になっていない方は
「そういうことか!」疑問解消!?オーブンレンジの選び方 を先にお読み下さい。

それでは本日は、実際にオススメの機種を見ていきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス336


 

とにかく1番良い機種がほしい
そんな方にはコチラ

パナソニック NE-BS100 2段オーブン可

数あるオーブンレンジの中でも総合力ナンバーワンはこの機種でしょう。
コレを買っておけば間違い無いって機種です。
ビストロって名前もご存知の方多いんじゃないでしょうか?

せっかくなので簡単に特徴を説明していきます。

①温めの精度は圧倒的ナンバーワン”64眼赤外線センサー”

前の記事でご説明しましたように、レンジにとって赤外線センサーは非常に重要な役割を果たしています。
レンジは食品の温度を管理する家電なのですから、温度センサーがいまいちではどうしようもありません。

そこで活躍するのがこの”赤外線温度センサー”なんですが、そこそこ高い機種でも一箇所の温度しか測れません。
センサーで感知するエリアをずらしながら、ゆっくりと庫内全体の温度を測るのが普通なんです。
それがなんとこの機種では、64箇所もの温度を瞬時に計測することができるんです。

スゴイです。スゴすぎます。この機能だけでこの商品を買う価値があります
庫内全体の温度を瞬時に測れるので、食品の大きさや、周囲との温度差を感知することができます。

ここまでやれば、食品の温め過ぎや温め不足はそうは起こらないでしょう。
レンジ機能はもっとも多く使う機能だと思いますので、温め機能が充実しているって事は非常に重要ですね。
難しい料理をしなくても、”ただ温めるだけ”でこの商品の良さを実感して頂けると思います。

 

②オーブン機能も充実”光ヒーター&グリル皿”

この商品は温めだけでなく、焼く機能もすごいんです。
中でも特徴的なのが”グリル皿”ですね。

いままでのオーブンレンジは、必要な温度になるまでに結構な時間がかかっていました。
200℃までの余熱で大体15~20分くらいかかっていたんです。

しかしこのグリル皿があることで余熱無しでも、高火力で焼くことができるようになったんです。
グリル皿は普通のオーブン皿と違い、レンジのマイクロ波で発熱する素材でできています。
このグリル皿にしたからマイクロ波、上から光ヒーターを当てることで、余熱無しでも高火力で焼くことができるようになったんです。

これまでのオーブン調理は火力が弱く、充分な焼き色が付きづらいという欠点もありました。
しかしこの”グリル皿”を採用したことで、今までのオーブンレンジよりも火力が強くなり、早く、見た目も良く焼き上げることができるようになったんです。

すごいですね、グリル皿。
でも1つだけご注意点があります。グリル皿使用時は下からのマイクロ波が直接グリル皿にあたる必要があるため、2段で焼くことはできません。
たくさんのお料理をするときは普通の2段オーブンをご利用下さい。

③お料理の時間短縮”10分料理メニューを100種掲載”

上にも書きましたように、オーブンを使ったお料理は時間のかかるものが多かったんですね。
そこでパナソニックが力を入れているのが時短メニューです。

10分で出来上がるお料理がなんと100種類も紹介されているんです。
しかも、ちょっとしたお料理だけでなく、結構本格的なお料理まで10分でできちゃいます。

この機種がとっても高性能だからこそ100メニューも掲載できるんですね。
普段忙しい皆さんにはとっても心強い機能だと思います。

 

ビストロまとめ

この機種にはカラータッチ液晶搭載です。
画面を見ながら簡単操作で、最適の設定をして頂けます。
登録メニューも399と非常に多く、大変使いやすい機種ですね。

いかがでしょうか?パナソニック。
温める・焼くのオーブンレンジの基本機能を、最高まで高めた王道といえる機種だと思います。
反面、今人気の過熱水蒸気を使った健康調理機能はほとんど付いていません。
波型のグリル皿があれば充分油は落とせるという判断なのでしょう。
あくまで基本に忠実な機種ですね。オススメです。

 

スチーム&過熱水蒸気 健康調理機能を使いたい
そんな方にはコチラ

シャープ AXXP100 2段オーブン可

元祖過熱水蒸気。元祖健康調理。
しおがへる、へるしーだからヘルシオ
その名の通り健康調理ならコレがナンバーワン。

こちらも機能をご紹介。

①過熱水蒸気が早くて多い”3ドライブハイパワーエンジン”

ヘルシオのボイラーは最強です。
こういっては何ですが、ヘルシオの過熱水蒸気の生成技術と比べれば他のメーカーの過熱水蒸気なんておまけみたいなものです。
それくらい他社を大きく引き離した過熱水蒸気技術です。
どれぐらいすごいのか、ちょっと動画でご紹介します。

過熱水蒸気のために、これだけ大掛かりな装置を内臓している機種は他にありません。

 

②ヘルシオだからできる”低酸素調理”

せっかく余分な油や塩分を落とせる過熱水蒸気の機能が付いていても、ちょっとしか過熱水蒸気が出ないのでは効果は少ないですね。

ヘルシオは大量の過熱水蒸気で庫内を満たすことにより低酸素状態を作り上げます。
これにより、過熱水蒸気のみで高火力を維持することができますので、最初から最後まで過熱水蒸気で調理することが可能なんです。

実は、この最初から最後までって言うのはヘルシオにしかできません。
他のメーカーの過熱水蒸気機能つきのオーブンレンジでは、オーブンと過熱水蒸気を併用して調理しています。

というか、過熱水蒸気だけで調理するには、火力が足りずできません。
過熱水蒸気のみで調理することにより、最大限の健康調理効果を発揮できるのがこのヘルシオです。

これも動画でご覧下さい。

大量の油がしたたり落ちているのがご覧いただけましたね。

③ヘルシオならではの多彩な温め機能

過熱水蒸気・スチームをすばやく、大量につくれるヘルシオだからこそできる便利な温め機能も見逃せません。
通常のレンジ機能の他に”しっとり温め”と”サックリ温め”の機能があります。

これからの季節中華まんがおいしいですね。お店で売ってるようなふっくら、シットリの中華まんがお家でも簡単にできちゃうのが”しっとり温め”機能です。
スチームを噴きつけながら温めますので、とってもおいしく出来上がります。

てんぷら、フライの温めなら”サックリ温め”にお任せですね。
「今日は疲れちゃったし、お惣菜の揚げ物でも買っていこうかしら」なんてことありますよね。

でもレンジで温めるとベチャっと温まって、揚げ物のサクサク感が台無しですね。
そんなときにこの”サックリ温め”を使って頂くと、買ってきたお惣菜とは思えない食感で出来上がります。

以前この”サックリ温め”を使って温めた、コンビニで普通に売ってるカレーパンを食べさせてもらったんですけど、びっくりするくらいおいしかったです。
食感って大事なんだなぁとつくづく思いました。

コレです、コレ。この普通のカレーパンがとってもおいしくなったんです。

ヘルシオまとめ

お水を使った調理にとことんこだわった商品ヘルシオ。
一点豪華主義のようですが、実はその一点のおかげで全体的に使いやすい機種となっています。

この機種もカラータッチ液晶搭載ですので、「使ってみたいけど、難しくないかしら?」なんて心配している方でも安心です。
スマホのように画面を見ながらピッピッっと押していけば簡単に設定できますよ。
登録メニューは403と、かなり多いですね。
食べ物に気を使う皆様にはもってこいの機種です。いかがでしょうか?

上手においしく焼けるオーブン無いの?
そんな方にはこちら。

東芝 ER-MD500 二段オーブン可

パナソニックのときにも少しお話したんですが、これまでのオーブンレンジって火力が弱くて、あんまりおいしそうに焼きあがらないことが多かったんですね。
そんな悩みを解決する為にあるのが、この東芝石窯ドームです。

こちらも特徴を見ていきましょう。

①オーブン最強はこの機種”石窯ドーム&くるりん熱風”

機種の愛称ともなっている石窯ドーム。コレは庫内の天井がドーム状にカーブしていることから名付けられています。
天井がドーム状であることにより庫内に熱の対流を起こし、庫内全体をムラ無く加熱します。

ほら、ピザ屋さんの釜も天井がドーム状ですよね。
aa76b01a53296ab015e9623d98f7158b_s

この形を再現しているわけです

3792c89644ad897a29215d83f37c4592_s

 

外はこんがり、中はモッチリのおいしいピザをご家庭でも焼くことが出来るんです。

そして、もう1つ。今のところ全ての家庭用オーブンレンジでこの機種にしか付いていない機能が”くるりん熱風”です。
従来の2段オーブンは熱風を庫内にいきわたらせるため、ファンで熱風を送っていました。

でも、それだと同じ方向にばかり熱風が届いてしまうため、”良く焼けているとこ”と”あんまりきれいに焼けていないとこ”ができてしまっていたんです。
そんな困った事態を解消する為に搭載されたのが”くるりん熱風”機能です。

送風用のファンを定期的に逆回転に切り替えることで、庫内全体をきれいに均一に焼くことができます。
「焼き色のちょっとの差ぐらいで、何を大げさな。味は一緒じゃない。」なんて思った方もいらっしゃるでしょうが、食べ物の見た目ってすごく大事なんです。
3353a7ee8257d6b73deedd33caa6a264_sこんな色むらがあるクッキーと

75ee92a9a17d49e5f7101cf8d5bf9a48_s全体がムラ無く焼けたクッキー

ムラの無いほうがおいしそうに見えませんか?(写真を提供してくれた方、本当にごめんなさい。)
こんがり狐色ってのはよく言ったもので、きれいに色が付いて焼けていたほうがおいしそうに見えるんですね。

せっかく自分で作るんだから、見た目も良く焼きたいですよね。
そんなときにはこの機種が1番オススメです。

②得意なのは焼くだけじゃない!”適温スチーム機能”

なんとこの機種、スチームも得意なんです。
オーブンレンジの選び方の記事で
「スチームは温めたり、蒸したりするだけであんまり使い勝手がありません。」
って事を書いたんですが、この機種のスチームは話が別です。

35度~100度までスチームの温度を細かく調節できますので、
温野菜、お肉の蒸し料理、本格せいろ蒸しなどいろいろな種類の”焼かない料理”をおいしく作ることができます。

卵料理もとっても上手で、茶碗蒸しやプリンは本当になめらかでおいしく仕上がります。
依然試食させてもらったんですが、普通の蒸し器では絶対できないなめらかさでした。
温度管理を細かくできるからこその仕上がりですね。

③健康だけじゃない、おいしさもキープの”ハイブリッド調理”

過熱水蒸気による調理は健康的で良いのですが、油や塩分って言うのはある意味”美味しさ”ともいえます。
ですから美味しさを落とし過ぎないように過熱水蒸気をちょっとだけ使い、後はオーブンで焼くのがハイブリッド調理です。
もちろんハイブリッド調理だけでなく、過熱水蒸気多めの調理やオーブン調理も選ぶことができます。

過熱水蒸気だけで焼けるのがヘルシオなら、過熱水蒸気の使用量を選べるのが石窯オーブンです。
まぁ、過熱水蒸気が得意ではないなりの上手い戦い方ですね。

石窯ドームまとめ

とにかく”焼き”にこだわった商品。
お菓子、ケーキ、お肉、お魚、ピザ、などなど焼くお料理ならこの機種が圧倒的ナンバーワン

意外なところでスチームも便利。いろいろな種類のお料理に挑戦したい方にはうってつけの機種ですね。
この機種は残念ながら、カラー液晶画面ではありません。替わりに、かなり細かく説明の書かれたお料理ブックが付いてきます。
「操作は普通のほうが良いや」って方にはこっちのほうが使いやすいかも知れないですね。

おいしく食べてこその高級機種

オーブンの準備ができたら、お取り寄せグルメもいかがですか?
これだけ高性能な機種であれば、料理もこれまで以上においしく仕上がりますよ。

おすすめは
パナソニック→グリルを使ったお肉料理
ヘルシオ→スチームを使った蒸し野菜、蒸し鶏
東芝→オーブンを使ったピザ

このあたりがその機種の良さを一番発揮できる料理だと思います。
ためしにいかがでしょうか?【ぐるなび食市場】

以上最高級おすすめオーブンレンジ3選でした。
生活が変わるレベルで便利で高性能な機種ばかりでしたね。

悩んでいる方は思い切って高級タイプにしてみてください。
高級エアコンと高級レンジだけは本当に裏切らないですよ。
ただ普通に使っているだけで、上質さを感じてもらえると思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。ではまた。

アドセンス336

アドセンス336

-オーブンレンジ, 家電の選び方

Copyright© 白物家電ブログ , 2017 AllRights Reserved.