暖房

【早く暖まりたい!】カーボン・グラファイト・シーズヒーターのおすすめ品

投稿日:

朝や帰宅時の冷え切った室内がつらい!早く暖かくなる暖房は?

暖房を入れていなかった部屋ってとても寒いですよね。 壁や家具など家全体が冷たくなっているので、暖房が効くまでにも時間がかかってしまいます。

「何か早く暖まる方法ないかなぁ・・」
「ファンヒーターつけたけど物足りない・・」

こんなこともあるかと思います。

そこで本日はスピード優先の電気暖房シリーズを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スピード系電気暖房の特徴

今回紹介するのは
▶︎カーボンヒーター
▶︎グラファイトヒーター
▶︎シーズヒーター
の3種類です。

これらはスピード重視型の電気暖房となります。詳しい解説は以前の記事でしているのですが、簡単に特徴をおさらいしておきましょう。

どれも部屋(空気)を暖めるのではなく、体を直接暖める種類の暖房となっています。

⭕️速暖性が高い
❌部屋が暖まるわけではない
といった特徴がありましたね。

使いどころとしては・・
▶︎帰宅時に早く暖まりたい
▶︎寝起きが寒い
▶︎ソファーの近くで補助として

こんな場合に適した暖房と言えます。

その中でも少し違いがあるので、違いをまとめたものがこの表になります。

ハロゲンヒーターは今はあまり見かけないので省略して、それ以外の3種からそれぞれおすすめ品を紹介したいと思います。

 

選び方のポイント

人を直接温める系の電気暖房を選ぶ時のチェックポイントを紹介します。

暖かさ(消費電力)

カーボン・グラファイト・シーズと種類はあるものの、基本的には電気を使った分だけ暖かくなります。

つまり消費電力が大きいものほどハイパワーと言うことができます。もちろんその分電気代はかかります。”電気代=暖かさ”と考えればわかりやすいでしょうか?

電気を使える上限や、他の家電のための余力を考慮して1200W程度がMAXです。

 

出力切り替え

運転のパワー調節のことです。多くの機種は強弱の2段階調節となっていますが、中にはもっと細かく調節可能なモデルもあります。

上記の通り、電気暖房は電気代がかかりやすい家電です。必要な分だけ使うようにすることが唯一の省エネ方法です。

細かい出力調節があればムダな電気の使用を抑制することができるだけでなく、ちょうど良い暖かさを選ぶことができ快適です。
 

首振り機能

人を直接温めるのですから、ヒーターが自分の方を向いていないと暖かさを感じることができません。扇風機と同じと思っていただければOKです。

部屋の温度は変わらないので、何人かで使う場合には首振り運転が必要となります。

暖かくなる範囲を調節するたの機能と言えます。
 

以上の3点が選び方の基礎となります。それでは実際にどんな機種があるのか見てみましょう。

 

カーボンヒーターのおすすめ品

比較的手頃な値段で種類も多いのがカーボンヒーターです。電源オンから暖かくなるまでの目安は数十秒程度となります。

ヤマゼン DCT−J065

 

シンプル機能でコンパクトな機種となっています。

▶︎キッチンの足元
▶︎ソファー・椅子の足元
など、低い場所を温めのが得意な機種です。

背が低いので、冬以外は押入れに収納したいという時にも邪魔になりにくいサイズです。持ち運びにも適していますね。
 

コイズミ KKH-0961

型落ちモデルなのですが、お買い得価格でアマゾンでベストセラーとなっています。

「メインの暖房じゃないしなるべく手頃な価格がいいなぁ」

そんな場合にぴったりの機種となっています。シンプルにしてスタンダードな機能を備えたお買い得品です。これで十分と考える方も多いでしょう。

ちなみに新しいモデルが出ていますが、型番(年式)以外は一緒です。残っているうちはこちらがお得です。

 

トヨトミ EWH−CS100H

2種類のヒーターを組み合わせた機種となっています。

出力調節は強弱の2段階ではなく、ヒーター1本か2本かの切り替えになります。

1本→比較的早く暖まるカーボンヒーター

2本→カーボン+体の芯から温めるシーズヒーター

と、切り替えが可能です。シーズヒーターは非常に暖かい反面、立ち上がりが遅い弱点があります。2種類のヒーターを組合わせることで、早く・しっかり暖まることができるようになっています。

 

コロナ DH−C917

▶︎型落ちモデルを表示

出力調節が10段階とカーボンヒーターではもっとも細かく調節できる機種となっています。

▶︎必要な分だけ使って省エネ
▶︎ちょど良い暖かさ
▶︎出力を絞ってエアコンと併用

こういった使い方がしやすい機種と言えます。

電源を入れてすぐの時には自動的に出力を上げ、温まってきたら調節した強さに合わせる制御となっています。

電気暖房を使ったことがある方は、ついつい早く温めたくてフルパワーにした経験があるのではないでしょうか。この機種なら最初から好みのパワーに合わせておいても、フルパワー時と同様に立ち上がります。賢いですね。

本体はスリムな縦長型で、首振りしても邪魔になりにくい利点があります。

大きめの持ち手が上部についており、屈まなくても持ち上げることができるようになっています。リビング、キッチンと場所を変えて使いたい時に便利ですね。

 

グラファイトヒーターのおすすめ品

カーボンヒーターよりも少し価格が上がるものが多いですが、その分どんな暖房よりも早く暖かさを感じることができます。

帰宅時の冷え切った体を暖めたいという時に最適な機種と言えます。つけた瞬間に暖かいという部分以外はカーボンヒーターと同じ使い方になります。

コイズミ KKS−0673

▶︎カラーバリエーションを表示

サクラクレパスとのコラボ商品で、クーピーペンシル型のデザインになっています。カラーバリエーションも豊富で、全部で5色が発売されています。

真ん中がバイオレットで右端がピンクです。紛らわしいのでお気を付けください。

本体は背の低いコンパクトな機種となっています。ソファーの近くにおいて足元の補助にするのに邪魔にならなくて良いですね。

可愛いデザインなので子供部屋用にお求めの方も多いです。メインの暖房としてではなく、机の近くにおいてお勉強の時に寒くないようにする使い方がおすすめです。

 

山善 DCTS−A091

グラファイトヒーターが気になっているけど、値段が気になっている方も多いかもしれませんね。

なるべく手頃な価格のグラファイトをお探しでしたらこちらがおすすめです。強弱2段階+自動首振り運転ありと基本は抑えた機種となっています。

 

アラジン AJ−G9DF

アラジンの高機能グラファイトヒーターで、安心センサーとチャイルドロック機能が搭載されています。

🔻安心センサー

センサー上にものを感知すると自動で電源がオフになります。
燃えやすいものの近くで使わないのはもちろんですが、何かの表紙にカーテンなどが触れても電源を自動で切ってくれます。

また、チャイルドロック機能が有効になっている時には、誤作動での電源オンを防ぐことができるようにもなっています。安全性の高い機種と言えますね。

光沢のあるブラックのボディーに出力4段階切り替え搭載・リモコン付属と、高級志向のモデルとなっています。

オフタイマーも1・2・5時間から選択可能で、切り忘れ防止に役立ちます。

エコ運転機能も搭載しており、設定時には自動で揺らぎ運転を行います。扇風機のリズム風のようなものです。電気暖房でも使用状況によっては結構暑くなることもあります。運転を和らげつつ節電ができるのは嬉しいですね。

 

シーズヒーターのおすすめ品 

ヒーターの立ち上がりまでやや時間がかかるものの、一度運転が安定すれば本当に暖かいです。体の中からポカポカになります。

私の個人的な感想ですが、カーボンヒーター・グラファイトヒーターは強く運転しすぎるとジリジリと焼けるような暑さになるのに対し、シーズヒーターは日向のような優しい暖かさに感じます。

日立 HLH−M251S 

▶︎カラーバリエーションを表示

足元でコンパクトに設置できるシーズヒーターと言えばこちらがおすすめです。残念ながら生産終了となっていますが、アマゾンにはまだ在庫が残っているようです。

出力は250Wと控えめです。その分長くつけていても暑くなりすぎず、電気代が抑える運転が可能です。そばにおいてじんわりあっためてくれる暖房と言えます。

一人でいる時や椅子に座って足元が寒い時などに、近くに置いていても邪魔になりにくいのが魅力です。

 

コロナ DH−917R

▶︎型落ちを表示

コロナ”コアヒート”のスリムタイプです。

解説は何度かしているので手短にします。なんといっても特徴は10段階出力調節です。これがあるかないかで使いやすさがだいぶ変わってきます。

▶︎適度な暖かさにする
▶︎電気の無駄使いを避ける
こういった上手な使い方をしやすいのが10段階調節の利点です。1人での利用であればメインの暖房としてもそこそこ活躍できますし、補助として出力を絞ればエアコンなどと併用も可能です。

スリムタイプなので、
▶︎1人で使う
▶︎キッチンや脱衣所などの狭い場所で使う
などの場合に適しています。

こちらの機種も揺らぎ運転を搭載しており、自動で強弱をつけた運転を行ってくれます。

体が十分に温まったら揺らぎ運転に切り替えればさらに節電可能ですね。この機種なら本当に体の芯からあたたまるので、使う機会があると思います。

2人以上で使いたい場合は・・

コロナ DH−1217R

▶︎型落ちを表示

コアヒートのワイドタイプです。機能はスリムタイプとほぼ共通ですが、こちらはヒーターが2本搭載されており、さらに横向きで運転することも可能です。

家族で使いたいという時にはこちらがおすすめです。範囲が広いとは言っても、やはり画像のように本体の前に並んだ状態でないと暖かさは感じにくいです。2〜3人程度が限度かと思います。

 

ダイキン ERFT11US

▶︎色違い・型落ちを表示

セラムヒートの愛称で人気のダイキンのシーズヒーターです。コロナのコアヒートと非常に近い特徴の機種ですが、出力切り替え12段階とさらにきめ細かな調節が可能となっています。

コアヒートとセラムヒートでどちらが暖かいか気になる方も多いかと思います。どちらも体感してみましたが、個人的には差は感じられませんでした。

その時の価格やデザインの好みで選んで問題ないかと思います。

 

まとめ

体を直接温める系の暖房器具の紹介でした。

🔻カーボンヒーター
コスパ優秀。手軽に電気暖房を使いたい方におすすめ。

🔻グラファイトヒーター
とにかく早く温まりたい方におすすめ。

🔻シーズヒーター
なるべく暖かいものをお探しでしたらこちらがおすすめ。

簡単にまとめてみました。最後まで読んでいただきありがとうございます。

トップページへ戻る

おすすめ記事

1

「省エネ型ってどれ?」 「なんでこんなに値段が違うの?」 「お買い得な機種は?」 エアコン選びって難しいですよね。他の家電だったら本体を見る ...

2

「洗濯機買うの初めてなんだけど、どうやって選んだらいいの?」 「久しぶりに洗濯機の買い替えなんだけど、今はどんなものがあるのかしら?」 そん ...

-暖房

Copyright© 白物家電ブログ , 2017 All Rights Reserved.