冷蔵庫

2人だったらこれくらい?新婚さんにおすすめの冷蔵庫【容量別の特徴】

更新日:

容量によってこんなに違う!?
10年使うための冷蔵庫の選び方!

冷蔵庫の設計上の使用年数は10年です。これはエアコンと並び家電の中ではもっとも長い部類に入ります。

10年という長い年月使うわけですから、将来のライフスタイルの変化まで対応できるものを選びたいですよね。

一般的に2人で使うとなると200〜400Lくらいの大きさの冷蔵庫から選ぶ方が多いかと思います。

実はこのくらいのサイズの冷蔵庫には、容量ごとに想定される使い方に違いがあるんです。

そこで本日は選び方のポイントと容量ごとのおすすめ品を紹介したいと思います。

解説する項目と目次

扉の開きにご注意ください。リンクは全て通常(右)開きです。

冷蔵庫の基礎知識

容量の基準


一般的な計算方法では2人で使う場合の必要容量は200〜300Lと言われています。

ですが、この計算方法はお買い物の頻度や希望の機能・使い方を考慮していません。ライフスタイルによっておすすめの機能が変わりますし、それに伴い候補になるサイズが変わってきます。

今回は機能と容量を関連付けてタイプ別に紹介したいと思います。
 

独立野菜室あり・なし

野菜室(5°C前後)と冷蔵庫(3°C前後)は温度が違います。野菜は温度が低すぎるのもよくないので、冷蔵室よりも高めの温度が設定されているんですね。

独立した野菜室がないタイプの冷蔵庫でも、冷蔵室の中にお野菜を収納するスペースはあります。ですが、独立した野菜室の鮮度保持には敵わないわけです。ですから、お野菜を保存することが多い方は野菜室があるモデルがおすすめです。
 

自動製氷機能あり・なし

今ではすっかりおなじみになった自動で氷を作る機能ですが、コンパクトサイズの冷蔵庫にはついていないものも多いです。

飲み物・お酒に氷を使いたい方は自動製氷がおすすめです。

自動製氷にも種類があります。
🔻独立製氷室
単独の製氷室を持つタイプ。氷へのニオイ移りづらく、吸水経路も洗いやすいものが多い。

🔻冷凍室内製氷スペース
冷凍室内に氷をためていくタイプ。氷へのニオイ移りがしやすく、吸水タンクと製氷皿が遠いため洗えないものが多い。
 

本体サイズ

このページで紹介する冷蔵庫は全て片開き(シングルドア)のモデルです。片開きの冷蔵庫の幅は60cmがスタンダードサイズとなっていますが、容量によって大体の基準サイズが異なります。

🔻2ドアタイプ
60cm以下のものもあります。幅54cm前後が多い。

🔻3ドア以上
ほとんどが幅60cm。高さと奥行きの違いで容量が変わってきます。

多くの建物では幅60cmの冷蔵庫が設置できるようにスペースが確保されています。ですが、例外も当然あるので、購入前にサイズの確認をするのは必須です。

サイズ確認の時は冷蔵庫置き場だけでなく、搬入経路の確認も必要です。特に屋内階段を使う場合階段の幅や廊下の幅は必ずチェックが必要です。その他に手すり、下駄箱、キッチンカウンターなどが障害になるケースは多々あります。

🔻通り道
最低でも本体幅プラス5cm程度の余裕がないと搬入できないこともあります。理想としては商品幅プラス10cmの搬入経路が欲しいですね。その他段差なども注意しないといけません。

🔻設置スペース
設置する際には機種にもよりますが、本体幅プラス5〜10ミリ、高さプラス5cm程度の隙間が必要になります。後ろはぴったりくっつけて大丈夫です。

 

ここまで基礎知識を紹介してきました。この後の商品紹介がわかりやすくなりますので、できれば頭に入れておいてください。

それでは具体的な容量ごとの特徴とおすすめ品を見ていきましょう。

スポンサーリンク

300L未満タイプ【概要とおすすめ品】

多くの機種は独立した野菜室・自動製氷機能がなく、幅が60cm未満の機種もあります。

レイアウトは
✅2ドアタイプ
✅3ドアタイプ
の2種類です。

2ドアタイプ(野菜室なし)
例 AQUA AQR−D28F

容量 275L 自動製氷 なし
年間電気代 12,420円 独立野菜室 なし
本体サイズ/冷凍室位置 幅560 奥行き656 高さ1,615mm 冷凍室:下
2ドアタイプの特徴

 スタイリッシュなデザイン 
引き出しがなく、色も1カラーで統一されているのですっきりしたデザインですね。こういったシンプルなデザインはいろいろなキッチンに調和しやすいですね。
 

 独立野菜室なし 
野菜は冷蔵室内のケースに収納するタイプです。あまり野菜の保存は得意とは言えません。
 

 大きな冷凍室 

下半分が全て冷凍スペースとなっています。冷凍食品の買い置きに適したレイアウトですね。
 

おすすめパターン

あまり自炊しない

共働きなどあまりおうちで料理をしない方もいらっしゃいますよね。お惣菜を買ったり外食が多いという方は野菜室はそれほど優先度は高くないでしょうか。そんな場合はこういったレイアウトが使いやすいですね。

 

こまめに買い物

仕事帰りに毎日スーパーによるという場合もこれくらいのサイズで問題ないですね。お野菜の保存は得意ではないので、小分けに買うことをおすすめします。

 

予算優先

新婚・新生活となれば必要なものは冷蔵庫だけではないですよね。家電だけでなく、家具や雑貨なども揃えないといけません。

他のものとバランスをとって冷蔵庫の予算を抑えるのも一つの選択肢です。

 

300L未満・2ドアタイプ
おすすめベスト3

2ドア おすすめ1位
シャープ SJ−PD27C
容量 271L 自動製氷 なし
年間電気代 13,095円 独立野菜室 なし
本体サイズ/冷凍室位置 幅545 奥行き650 高さ1,560mm 冷凍室:下

シンプルタイプに脱臭イオン搭載のお買い得モデルです。こちらも下半分が全て冷凍室になっています。

 お手頃価格になりやすい 
機能的には上のAQR−D28F同様シンプルなタイプです。その分価格が手頃な場合が多くおすすめです。カラーもすっきりホワイトと、スタイリッシュなブラウンの2色が用意されています。
 

 イオンで消臭 
シャープということでプラズマクラスター機能はしっかり搭載されています。主にニオイの抑制効果が期待できます。これくらいのサイズの冷蔵庫は脱臭機能があまり強くないので、あると嬉しい機能かと思います。
 

2ドア おすすめ2位
AQUA AQR−SD28F
容量 275L 自動製氷 あり(冷凍室内)
年間電気代 13,230円 独立野菜室 なし
本体サイズ/冷凍室位置 幅560 奥行き656 高さ1,615mm 冷凍室:下

ヘアラインの入ったブラックがかっこいい自動製氷モデルです。他に冷蔵庫には珍しいルージュ色(赤系統)もあります。

 自動製氷機能搭載 
2ドアタイプでは唯一の自動製氷タイプです。独立製氷室ではないものの、吸水タンクと製氷皿の距離が近く、清潔に保ちやすいのも魅力です。
 

おすすめ3位
AQUA AQR−D27F

すでに上の例で出てきた機種なので、リンク・説明は省略します。メーカー気にせずお買い得といえばこちらですね。

ところでAQUAってどうなの?

ちなみにAQUAは元三洋電機で、現在は中国に本社をおくハイアールが運営する家電ブランドです。

三洋電気がなくなる時に半分はパナソニックに吸収されましたが、残りの半分はハイアールに吸収されまいた。ハイアールという名前は日本では浸透していないですよね。そこで、せっかくなら新しい名前でということで、三洋電機時代のヒット商品である”ドラム式洗濯機アクア”にちなんだブランド名で展開されているんです。

元三洋電気ということで品は悪くはないのですが、三洋消滅以降あまり性能が向上していない印象があります。あえて選ぶことはないかもしれませんが、お買い得価格になっている・デザインが気に入ったなど理由があれば十分候補に入るかと思います。

 

3ドアタイプ(野菜室あり)
例 日立 R−27HV

容量 265L 自動製氷 なし
年間電気代 9,990円 独立野菜室 あり
本体サイズ/冷凍室位置 幅540 奥行き665 高さ1,520mm 冷凍室:下

300L以下では数少ない3ドアタイプ。自炊派で小さめをお探しでしたらこちら。幅が54cmとコンパクトです。

300L未満 3ドアタイプの特徴

 野菜室がある 
先ほどから何度か書いているように、野菜の保存には野菜室が一番適しています。
✅野菜を買うことが多い
✅野菜をダメにしてしまうことが多い
こんな方には独立した野菜室があるモデルがおすすめです。少しでも長持ちさせて無駄を減らしたいものですよね。

おすすめパターン

大きな容量は必要ないけど冷蔵・冷凍・野菜とバランスよく保存したい方はこのクラスがおすすめです。
 

自炊が多いけど買い置きはあまりしない

野菜室がありますので、自炊派の方にもおすすめです。容量は大きくはありませんが、冷蔵・冷凍・野菜とバランスよく収納が可能です。
 

コンパクトで3ドアを探している

「本当はもっと大きな冷蔵庫が欲しいけど、冷蔵庫置き場や搬入経路の都合で小さいのしか入らない」

そういったケースって少なからずあるんです。そんな時はなるべく大きな冷蔵庫に近い機能・性能で探したいですよね。そんな時にはコンパクト3ドアが候補になります。

 

300L未満3ドアタイプのおすすめ品

300L未満で3ドアの機種は少ないです。ランキング形式ではなく順番に紹介します。

3ドア おすすめ①
日立 R−S2700GV
容量 265L 自動製氷 あり(冷凍室内)
年間電気代 9,990円 独立野菜室 あり
本体サイズ/冷凍室位置 幅540 奥行き665 高さ1,520mm 冷凍室:下

300L未満の冷蔵庫で一番高性能といえば間違いなくこの機種でしょう。カラーは落ち着いた雰囲気でありながら明るい色のシャンパンと、濃い色で高級感のあるブラウンの2色です。

 日立といえば真空チルド 
お肉・お魚の酸化を抑えて、美味しさ長持ちのチルド機能が搭載されています。お食事の時間がずれてしまう場合でも乾燥を抑えて保存できます。

 高級感あるガラス扉 
大型冷蔵庫を中心にどんどん増えてきているガラスドアを採用しています。
ガラスドアには
✅光沢があり高級感がある
✅汚れが拭き取りやすい
✅擦り傷・凹みがつかない
といった利点があります。割れないか心配という方もいるかもしれませんが、強化ガラスなので心配は無用です。尖ったもので力一杯叩いたりしない限りは割れることはないですよ。
 

3ドア おすすめ②
AQUA AQR−271F
容量 272L 自動製氷 なし
年間電気代 10,125円 独立野菜室 あり
本体サイズ/冷凍室位置 幅600 奥行き667 高さ1,419mm 冷凍室:真ん中

自動製氷は無いものの独立野菜室があるお手頃価格のモデルです。シルバーの他にホワイトがあります。明るい色でお探しでしたら間違いの無い2色ですね。

 耐熱トップ 
冷蔵庫の天板が耐熱加工になっています。上にオーブンレンジなど、ものを乗せてもOKな冷蔵庫では一番大きなサイズの冷蔵庫です。

天板が耐熱になっていない普通の冷蔵庫は、上部を解放しないといけません。つまりレンジだけではなく、何もおいてはいけないということなんですね。スペース的に何かを冷蔵庫の上に乗せないといけない場合はこちらが候補になります。

冷蔵庫自体の高さが約140cmあります。この上にレンジなどを乗せると結構な高さになるので、使いやすい高さかどうか事前に確認していただくことをおすすめします。

 

300〜400Lタイプ【概要とおすすめ品】

300L未満の機種に対して
✅野菜室がある機種がほとんど
✅自動製氷機能付きも豊富
✅大きくても割安なものも多い
といった違いがあります。

例 300〜400L
AQUA AQR−361F
容量 355L 自動製氷 なし
年間電気代 12,420円 独立野菜室 あり
本体サイズ/冷凍室位置 幅600 奥行き672 高さ1,729mm 冷凍室:真ん中

自動製氷こそ無いもののシンプルで使いやすいレイアウトの冷蔵庫です。お手頃価格になっていることも多いのも魅力の一つですね。シルバーの他に光沢のあるブラックも用意されています。

 真ん中2段冷凍 
写真で見ていただくとわかるかと思いますが、冷凍室が2部屋に分割されています。役割は一緒なんですが、上段には製氷皿を置くスペースが設けられています。

上の段は小物類、下の段は大物類と整理しやすいのが利点ですね。

300〜400Lの特徴

 独立野菜室 
このクラスからは独立野菜室が標準となります。何度か書いているように、野菜の保存は冷蔵室ではなく野菜室が適しています。

 自動製氷付き機種も豊富 
300L未満では1機種しかなかった自動製氷機能も、300Lを超えると多くの機種に搭載されています。自動製氷自体は冷蔵庫全体からみればもはやスタンダードな機能です。車でいうパワーウインドウみたいな位置づけですね。

おすすめパターン

自炊はするけど買い物はこまめに

野菜室があるので自炊派の方におすすめです。容量は少ないわけではありませんが、2人でこれくらいの容量があっても特別大きいと感じる方は少ないようです。

お休みの日にまとめ買いをするならもう少し大きなサイズがおすすめです。仕事帰りにこまめに買い物に行く方にはちょうどいいサイズではないかと思います。

 

家族が増えるかも・・

お子さんができたり、親と一緒に暮らしたりと家族が増える可能性がある方は、最低でもこれくらいの容量があった方がいいかと思います。

そうでなくても、お弁当を持って行くようになるなど食材を買う量が増えるかもしれないという方はこれ以上のサイズが理想です。

 

予算を抑えつつも容量は確保したい

300L未満に比べると売れる数も多いため、お買い得な価格になっていることが多々あります。時期におよりますが、自動製氷付きでも10万円未満、自動製氷なしなら7万円くらいから購入できるのが強みです。

「他にも買うものあるから冷蔵庫ばかりにお金をかけられない。でも小さいと不便だしなぁ・・」
こんな風に考えている方におすすめのサイズです。コストパフォーマンスという点では一番かもしれません。

 

300〜400L 自動製氷なしのおすすめ品

このサイズで自動製氷なしのタイプは少ないので2機種だけ紹介します。

300〜400L 自動製氷なし
おすすめ品 シャープ SJ−W352C
容量 350L 自動製氷 なし
年間電気代 11,745円 独立野菜室 あり
本体サイズ/冷凍室位置 幅600 奥行き667 高さ1,690mm 冷凍室:真ん中

左右どちらからでも開けることができる”どっちもドア”構造のお買い得モデルです。カラーは落ち着きのあるゴールド系1色となっています。

 どっちもドア 

どちらからでも開く冷蔵庫って知っている方も多いかと思いますが、これって実はシャープだけの機能なんです。1社でしか採用していない割に知名度は高いかと思います。それだけ使い勝手が良いということですね。

✅引越しがあるかもしれない
✅リビング側からもキッチン側からも出し入れする
こんな場合はどっちもドアが安心です。
 

300〜400L 自動製氷なし
おすすめ品 AQUA AQR−361F

上の例で紹介した機種なのでリンク・詳細は省略します。

🔻シャープSJ−W352Cと迷ったら
価格帯・サイズが近いこともあり、この二つでどちらにしようか悩む方もいらっしゃるでしょう。決めるときのポイントは・・

シャープ→どっちも開くドアが魅力
AQUA→冷凍2段収納が魅力

シャープのSJ−W352Cも冷凍室内部にケースがあり、2段で収納は可能です。どっちもドアが有利に働く置き場所であればシャープがおすすめです。そうでなければお好みのカラー・その時の価格で選んでOKかと思います。

 

300〜400L 自動製氷あり
おすすめベスト3

このサイズからは通常モデルと高級モデルに分かれてきます。今回は予算も考慮して、通常モデルを優先してランキング形式で紹介します。

300〜400L自動製氷あり
おすすめ1位 東芝 GR−K36S
容量 363L 自動製氷 あり(冷凍室内)
年間電気代 10,395円 独立野菜室 あり
本体サイズ/冷凍室位置 幅600 奥行き667 高さ1,690mm 冷凍室:真ん中

”ベジータ”の名前が表すように、東芝といえば野菜の保存が得意なメーカーさんですね。ピンクゴールドは落ち着きがありつつ可愛らしいカラーです。オーソドックスな色を好むかたはシルバーも用意されています。

🔻1つ小さいサイズ GR−K33S

posted with カエレバ

 新鮮湿度野菜室 
野菜室の機密性をよくすることで、野菜の鮮度を長持ちさせています。野菜の敵は乾燥ですからね。水分を従来より多く保持できる構造になっています。

✅野菜の廃棄が気になっている
✅サラダなど生野菜が好きだ
こんな場合はこの機種がおすすめです。

🔻1つ上のグレードだと・・
東芝 GR−K36SXV

容量 363L 自動製氷 あり(冷凍室内)
年間電気代 10,395円 独立野菜室 あり
本体サイズ/冷凍室位置 幅600 奥行き667 高さ1,690mm 冷凍室:真ん中

上記のGR−K36Sの特徴に加え
✅ガラス扉
✅冷蔵室前段ガラス棚
✅潤い補給カセットでさらに野菜長持ち

となります。

ガラスの方が傷に強く、お手入れもしやすいです。デザインもこだわりたい方や見た目も綺麗に保ちたい方にはこちらがおすすめです。

 

300〜400L自動製氷あり
おすすめ2位 三菱 MR−C37A
容量 363L 自動製氷 あり(冷凍室内)
年間電気代 10,395円 独立野菜室 あり
本体サイズ/冷凍室位置 幅600 奥行き667 高さ1,690mm 冷凍室:下

使いやすくてデザインも良いドアが特徴のスタンダードモデルです。東芝よりも薄めのピンクゴールドと、光沢のあるホワイトの2色があります。

🔻1つ小さいサイズ MR−C34A

posted with カエレバ

 フリーアクセスドア 

取っ手(つかめるようになっている)部分が広く、開閉しやすいドアとなっています。持ち手部分が窪んでいて、サイドに一本ラインが入ったような見た目です。すっきりした印象になりますね。

🔻1つ上のグレードだと・・
三菱 MR−CX37A

容量 363L 自動製氷 あり(冷凍室内)
年間電気代 9,855円 独立野菜室 あり
本体サイズ/冷凍室位置 幅600 奥行き660 高さ1,820mm 冷凍室:下

三菱の大きな魅力となる”氷点下ストッカー”を搭載した中型ハイグレードモデルです。ホワイトに加え、横ラインの入った濃い茶色がラインナップされています。濃い色は汚れが目立ちやすい気もしますが、高級感があり、綺麗に保っていると本当にかっこいいですね。

 氷点下ストッカー 
チルドに近い機能なのですが、さらに温度を下げて保存します。お肉・お魚がギリギリ凍らない温度まで下げることで、美味しさを長持ちさせています。日立の真空チルドに近い役割のお部屋ですね。

✅冷凍はしたくないけどなるべく長持ちさせたい
時に活躍する機能です。冷凍すると、解凍する手間もかかりますし、食感や風味が損なわれてしまう食品も多いですからね。氷点下ストッカーなら凍らないので、すぐに使うことができます。

 

300〜400L自動製氷あり
おすすめ3位 パナソニック NR−C37FM
容量 365L 自動製氷 あり(冷凍室内)
年間電気代 9,720円 独立野菜室 あり
本体サイズ/冷凍室位置 幅590 奥行き645 高さ1,798mm 冷凍室:下

パナソニックの売りである”エコナビ”機能で自動で省エネ。カラーはヘアラインが入りカジュアルな雰囲気のあるブラウンと、明るめのゴールドの2種類です。

🔻1つ小さいサイズ

posted with カエレバ

 エコナビ 
パナソニックといえばエコナビですね。使用状況を冷蔵庫が自動で判断し、省エネ運転を行ってくれます。電気代が急激に下がるわけではないのですが、設定いらずで省エネしてくれるのは嬉しいですね。

 急速冷凍 
このクラスの冷蔵庫では貴重な急冷凍機能を搭載しています。一気に温度を下げることにより、食感・美味しさを保つ効果があります。

 スリムデザイン 
300L以上の冷蔵庫にはめずらしい本体幅59cmとなっており、左右の放熱スペース(壁との隙間)を含めても60cmに収まる設計になっています。

割合としては少ないですが、システムキッチンや、作り付けの棚がある場合にはこのサイズでないと設置できないケースもあるようです。その他、搬入経路の都合で少しでも幅が少ないものをお探しでしたらこちらが候補になります。

🔻1つ上のグレードだと・・
パナソニック NR−C37FGM

容量 365L 自動製氷 あり(冷凍室内)
年間電気代 9,720円 独立野菜室 あり
本体サイズ/冷凍室位置 幅590 奥行き636 高さ1,802mm 冷凍室:下

上記の特徴に加え
✅ガラス扉採用
のモデルとなります。ガラス扉の利点はなんども書いているので省略しますね。

 

300〜400Lまとめ

独立した野菜室を持ち、ある程度まとめ買いにも対応できるこのサイズは需要も高く、種類も豊富です。選び方のポイントは・・

自動製氷機能は欲しいか?

✅自動じゃなくてもいい
✅氷は買う
✅価格の安さを優先したい
こんな場合は自動製氷なしタイプがおすすめです。
 

自動製氷を使いたい場合は

✅300L前半のサイズ↔︎後半のサイズ
✅通常モデル↔︎高級モデル
どちらにするかを考えればいいですね。

容量の大体の目安なんですが、50L違うとスーパーマーケットの買い物カゴ1個分程度の収納量の差がでます。
 

高級モデルにする場合は

✅東芝・パナ→ガラス扉
✅三菱→氷点下ストッカー
がグレードアップするポイントとなります。

見た目の良さも性能のうちですから、多少高くてもガラス扉にするという選択肢もありではないでしょうか。

氷点下ストッカーは食材を使い切らないことが多いご家庭におすすめの機能です。

 

メーカーの特徴は?

AQUA:2段冷凍室
シャープ:どっちもドア
東芝:野菜の保存が得意
三菱:スタイリッシュデザイン
パナ:エコナビ&急冷凍
この辺りが決め手となります。あとは色の好みと、その時の価格を考慮して決めていただくのがベストですね。

 

まとめ

ここまで400L未満の冷蔵庫をサイズ別に紹介してきました。

選ぶポイントは・・
✅自炊をするか?
✅自動製氷は欲しいか?
✅買いものの頻度は?
これらを考えることによってある程度サイズも絞れてくるわけですね。

🔻300L未満2ドアタイプ
自炊はあまりしない。買い置きも冷凍もの中心。こんな場合は2ドアタイプがおすすめです。

🔻300L未満3ドアタイプ
買い物の頻度が高く、自炊派の方はこちらのタイプがおすすめです。

🔻300L以上自動製氷なし
自炊が多く、ある程度容量を確保したい。なるべく予算は抑えたい場合におすすめです。将来家族が増えるかも・お弁当を持っていくようになるかも・・という方はこれ以上のサイズが安心です。

🔻300L以上自動製氷付き
食べ物だけでなく、飲み物もよく買う方にはこちらがおすすめです。

 

これ以上のサイズはさらにおすすめ

✅便利な保存方法が知りたい
✅もっと省エネなものってないの?
✅もう少し大きいと安心
✅清潔機能にも優れた機種は?

そんな風にお考えの方は、これよりも大きな400Lクラスのものがおすすめになります。2人で400L以上の冷蔵庫でも大きすぎるということは全くないですからね。

むしろここからが本番と言ってもいいくらいです。

この辺りからメーカーごとの特徴がより色濃くでてくるようになります。ここで紹介すると長くなりすぎるので、また別の記事にまとめようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

トップページへ戻る

おすすめ記事

1

「省エネ型ってどれ?」 「なんでこんなに値段が違うの?」 「お買い得な機種は?」 エアコン選びって難しいですよね。他の家電だったら本体を見る ...

2

「洗濯機買うの初めてなんだけど、どうやって選んだらいいの?」 「久しぶりに洗濯機の買い替えなんだけど、今はどんなものがあるのかしら?」 そん ...

-冷蔵庫

Copyright© 白物家電ブログ , 2017 All Rights Reserved.