炊飯器

【予算3万円まで!】お手頃価格でおすすめの炊飯器【コスパ重視】

更新日:

残っていれば大チャンス!あなたの好みにあったお値打ち品は?

炊飯器は価格の幅がとても広いですね。
「高いのがいいのはわかるけど、うちの予算は出しても3万円くらいまで。できれば2万円くらいだと助かるなぁ」
こんな方もたくさんいらっしゃると思います。

 

そこで、このページではコストパフォーマンスの高いお買い得品や3万円までの人気の商品を紹介・解説をしたいと思います。

3万円〜の中級から高級機の紹介。基礎知識の解説はこちらです。
【どのメーカーがいいの?】店員オススメ!炊飯器の選び方と各メーカーの特徴
できれば最初にお読みください。

 

 

今回紹介するメーカーとシリーズ

スポンサーリンク

■炊き上がりについて・・
炊き上がりの特徴を
・もちもち(柔らかめ)
・ふっくら(普通)
・しゃっきり(固め)
と表現しますが、お水の量やお米によって炊き上がりは異なります。

また感じ方には大きな個人差がありますので、大まかな目安としてお考えください。

 

注意点

手頃な価格の商品を紹介するために、すでに型落ち・またはその手前の商品が多く掲載されています。完売や量販店で展示がない可能性があります。あらかじめご了承下さい。

 

象印
VN・ZC・NY・BFシリーズ

炊飯器といえば一番最初に象印を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。調理器具専門メーカーとして広く知られ、普及していますね。

機種全体を通して”食べ慣れた安心感のある”炊き上がりだと感じます。一度は食べたことがある感じといえばいいでしょうか。シェアが高いので多くの方がしっくりくる炊き上がりではないかと思います。

 

お手頃価格のIHといえばこれ
象印 NP−VN10

IHタイプ・ふっくら傾向

炊飯器の加熱方式にはマイコンとIHがあります。IHの方が火力が強く、美味しく炊くのに有利なのは以前お話した通りです。商品の数としても圧倒的にIHが主流となっています。

なるべく価格を抑えてIH炊飯器を探すのであれば一番の候補になる機種ですね。特別な機能はない分価格が抑えられています。

✅予算を抑えてIHにしたい
✅保温はあまり使わない
✅お米に自信がある。炊飯器は普通でいい。
そんな場合におすすめです。

 

参考機種
NP−ZC10

圧力IHタイプ・ふっくら傾向

象印の中で一番お手頃の圧力モデルです。おすすめ品ではなく参考として紹介させていただきます。

圧力炊きの魅力といえばもっちりした炊き上がりなのです。
ですが、この機種では炊き上がりの好み選択が”普通かしゃっきり”2段階となっています。

せっかく象印にするのであれば”もちもち”も選べる機種がおすすめです。
玄米を炊きたい方にはいいかもしれませんが、白米だけで使うのであれば1つ下のVNか1つ上のBFの方がコスパが良いかと思います。

 

高級機並みの高性能 コスパ最高
象印 NP−BF10←イチ押し品

圧力IHタイプ・もっちりが得意

象印の魅力が詰まった機種でありながら大きく値下がりしており、とてもお買い得な機種です。
 

炊きわけ5段階

先ほども少し話したのですが、この機種でも好みの炊き上がりのを選択することができます。
しゃっきり・ややしゃっきり・普通・ややもちもち・もちもち
と5段階あります。これくらい段階があると好きな食感がきっとあるのではないかと思います。

「せっかく買っても好みの食感じゃなかったらどうしよう」という不安も減りますね。

 

プラチナ厚釜

プラチナの微粒子が内釜に練りこまれています。プラチナにはお水を”炊飯に適した水質”に変える力があるそうです。

”ご飯はアルカリイオン水で炊くと美味しい”って聞いたことありませんでしょうか?この内釜はお水を弱アルカリ化してくれるんです。わざわざミネラルウォーターを使わなくてもご飯の甘味を引き出してくれるというわけですね。

 

”我が家炊き”でさらに好みの食感に

前回のご飯の固さについて
弱い・良い・強 のアンケートに答えることで、炊飯器が炊き上がりを調節してくれます。5段階の食感選択からさらに好みに近づけて行くことが可能です。
 

✅毎日使うものだから安すぎるのも不安、そこそこいいものが欲しい
✅コスパ重視で選ぶ
✅ちょうどいい固さになかなかならない
そんな場合におすすめの機種です。

さらに型落ちお買い得品 NP−NY10
プラチナ内釜あり/炊き上がり調節3段階/我が家炊きなし

posted with カエレバ

 

 

タイガー
TB・TR・BR・BGシリーズ

象印同様に調理器具専門メーカーとして根強い人気のタイガー。土鍋釜は結構話題になりましたよね中級モデルでは土鍋コーティングが採用されています。
 

参考機種
JKT−B102

IHタイプ・ふっくら傾向

タイガーのお手頃IHモデルです。象印のNP−VN10と比べて同等の機種と言って良いかと思います。象印の方が安い場合が多いので、タイガーにするなら次の機種が良いかと思います。
 

ちょっといい目のIH
タイガー JKT−J100

IHタイプ・ふっくらが得意

タイガーでお手頃機種を探すならこちらがおすすめです。

上面ヒーターで火力アップ

先ほどのJKT−Bタイプは従来通り内釜の底面からの加熱がメインでしたが、こちらの機種では蓋にもヒーターが搭載され、上下から熱を伝えることが可能になっています。

オレンジの枠の部分が蓋ヒーターです。これで炊きムラを減らしてくれるというわけですね。
 

蓋丸洗いOK

この機種では内蓋だけでなく、外側の蓋も取り外して洗うことが可能となっています。

汚れた炊飯器でご飯を炊くのは嫌ですよね。こちらの機種なら水洗いOKで簡単にキレイにできます。この作りはタイガーの中でも1部の機種だけに採用されている利点です。
 

おかずも同時に作れる

この機種にはクッキングプレートというカゴが付属しており、炊飯器にセットすることで炊飯と一緒に蒸し料理ができるんです。
 火加減の調節いらずで手軽におかずを作れますね。この機能が決め手になるわけではないと思いますが、あったら嬉しい機能でもあるかと思います。レシピもメーカーさんのサイトに結構紹介されているので実用性は高いですね。
クッキングプレート使用時は炊ける量が3合までとなりますので、それだけはご注意ください。
 

✅圧力炊きは好みじゃない
✅IHで少しいい目のものが欲しい
✅おかずも一緒に作りたい
こんな場合におすすめの機種です。

 

お手頃価格の圧力炊き
タイガー JPB−R100

圧力IHタイプ・ふっくらともっちりの間

お手頃価格で圧力炊きを取り入れるならこちらがおすすめ。もっちりコースはないですが、タイガーの得意分野はどちらかといとふっくら傾向なのでそれでもいいかと思います。

内釜は土鍋コーティング採用の2層厚釜となっています。

✅価格を抑えて圧力炊きを使ってみたい
場合におすすめです。

 

参考機種
JPC−B100

圧力IHタイプ・ふっくらともっちりの間

内釜5層構造のタイプ。たまたま安く見つかればいいかもしれませんが、あえて選ぶには決め手が足りない気がします。

 

参考機種
タイガー JPC−A100

圧力IHタイプ・ふっくらともっちりの間

内釜が9層構造のタイプ。これでも十分高性能なのですが、次に紹介するモデルの方がコスパがいいですね。本体ブルー・ワインレッド色はこのグレードだけなのでお好みによっては選択肢に入るかもしれません。

 

アマゾンで驚きの価格!
タイガー JPB−G102

圧力IHタイプ・ふっくらともっちりの間

内釜がさらに進化し11層構造となりました。発熱・蓄熱・熱伝導に優れた素材を組み合わせて更なる高火力を実現しています。タイガーは特別な炊き方をしていない王道をいくメーカーなので、内釜の性能が非常に重要です。JPC−Aよりなぜか安いのでどうせならこっちがお得です。

可変圧力

”可変”なので圧力の強さを変えながら炊きあげることができるということですね。炊飯途中は圧力をあげて高温で加熱。炊き上がり手前では圧力を下げてふっくら感を損なわずに仕上げます。

圧力は強すぎるとご飯が潰れてしまいます。熱が十分に通ってお米が柔らかくなってきたら圧力を下げるということです。

多層内釜

先ほども少し触れましたがこの機種では11層構造の内釜が採用されています。
強く・きめ細かく沸騰させることでお米の対流を促し、ムラを抑えて炊き上げます。高級フライパンなんかでも多層構造になっているものが多いですよね。
 

取っ手付き内釜

この機種では触っても熱くなりにくいように、内釜に取っ手がついています。

保温は使わず、炊飯が終わったらすぐに洗いたい方も多いですよね。片付けを後回しにすると面倒ですし、時間が経つと乾燥して洗いずらくなりますよね。この機種なら炊飯後でも内釜を取りやすくなっています。

 

象印とどっちがいいか

象印のNP−BF10とだいたい同じ価格帯ですね。どちらかで迷っている方も多いかと思います。

象印と同じく圧力炊きを採用していますが、
象印→もちもちが得意
タイガー→食感を残して少しもちもち
という印象がありあます。

✅コスパの高い機種を探している
✅もっちりも試したいけど、あまりもちもちしすぎも好きじゃない
✅内釜を洗おうとして「熱っ!!」となることがある
こんな場合におすすめの機種です。

スポンサーリンク

パナソニック
HB・HXシリーズ

SPX6シリーズなど上位モデルが注目を集めるパナソニックですが、初級〜中級モデルはどのような特徴があるのでしょうか?パナソニックといえば”おどり炊き”ですね。この辺の違いを含めて解説します。
 

参考機種
パナソニック SR−HB106

IHタイプ・ふっくら傾向

パナソニックのスタンダードIHモデルです。

全面発熱5段IH

内釜に電気を通すコイルが5段構造になっており、内釜をムラなく高温にします。
他のメーカーではIHの数が公表されていない場合もあり単純には比べられませんが、象印のVNやタイガーのTJよりも少しハイグレードかと思います。その分お値段も少し上がりますね。

いいものではあるのですが、値段の手頃さを考慮すると象印のVNあたりが有利かと思います。質も考慮するならこの次に紹介のおどり炊き搭載HXがおすすめです。

 

”おどり炊き”で旨味を引き出す
パナソニック SR−HX106←イチ押し品

IHタイプ・ふっくらが得意

パナソニックの魅力であるおどり炊きを搭載したモデルです。他のメーカーであれば圧力炊きがついている価格帯ですが、この機種ではあえて圧力炊きを採用していません。
 

全面発熱5段IH

先ほどのHBと同じ説明なので省略します。これに加えておどり炊きも採用しれいるのがこの機種の魅力です。
 

おどり炊き

以前こちらの記事でもお話したのですが、おどり炊きには2種類あるんです。

1つは圧力の力を使った元祖おどり炊きですね。三洋電機から受け継いだ技術です。このHXには圧力炊きはついていませんので、この方法ではありません。

2つ目はIHの力を使ったおどり炊きです。パナソニックの得意分野であるIH(電気)の制御技術でお米を対流させおどり炊きを実現しています。HXシリーズのおどり炊きはこのタイプです。

高級モデルでは両方を組み合わせてWおどり炊きとなっているものもありますね。

HXシリーズは中級機ということでWではなく、IHおどり炊きのみとなってはいます。ですが、パナソニックの魅力が発揮されている機種ではないかと思います。

 

他メーカーと比べて・・

圧力なしのIHでは最高峰の商品ではないでしょうか。いくら圧力炊きが広く支持されているとは言っても、すべての人に好まれるわけではないですからね。こういった選択肢があるのもいいのではないかと思います。

✅ふっくらの炊き上がりが好みだ
✅お米の特徴を楽しみたい
こんな場合におすすめの機種です。

あえて圧力炊きを採用していないことが他メーカーとの差になりますね。圧力炊きはもっちりした炊き上がりで広く好まれる反面
・お米の種類を変えても似た傾向の炊き上がりになる
・圧力をかけすぎるとお米が潰れる場合がある
というデメリットもあります。圧力炊きがついていても良さそうな価格帯でありながら非採用なのにはこういった理由があったんですね。

 

三菱
VEシリーズ

炊飯器で三菱ってあまりピンとこない方もいらっしゃるでしょうか。実は炊飯器には結構力を入れているメーカーさんなんです。約10年前に発売された本炭はその後の高級炊飯器ブームの火付け役と言ってもいいくらい注目を集めました。

しゃっきり好みならこちら
三菱 NJ−VE107

IHタイプ・しゃっきり傾向

お手頃モデルでしゃっきり傾向の機種をお探しでしたらこちらがおすすめです。
 

超音波吸水

ご飯を炊くのにかかる時間ってだいたい50分前後ですよね。でも実は最初の20分程度はお米にお水を吸わせるのがメインであまり強くは加熱していないんです。

早炊きコースはその吸水時間を取らずに炊くので硬い仕上がりになるんです。わざわざ時間をとってでも吸水するのが重要ということです。前日の夜からお米をお水に浸しておく方もいるでしょう。

この超音波吸水は吸水時に微細な振動を加えることにより、吸水の効率をアップさせています。

炊き上がりの特徴は固めというよりは、噛み応えのあるプリプリした食感というのが近いでしょうか。

備長炭コート内釜

ご飯を炊くときに備長炭を入れるといいって聞いたことありませんでしょうか。遠赤外線効果で美味しさが引き出されるんです。
炭火で焼いたお肉やお魚も美味しいですよね。これを目指したのが炭コート内釜です。
 

しゃっきりがお好みなら 

これまで紹介してきた商品の中ではもっともしっかりした炊き上がりを得意とする商品です。みずみずしいながらも粒感の強い食感は”ご飯はしゃっきり派”の方におすすめです。お水がしっかり入っているので時間がたっても乾燥しづらいのも魅力です。

 

✅どちらかというと固めが好みだ
✅お弁当やおにぎりでも美味しく食べたい
✅コンパクトで四角いデザインが気に入った
こんな場合におすすめの商品です。

 

 

日立
XC・WVシリーズ

日立も炊飯器のイメージはあまりないかと思います。それはメーカーさんもわかっていることで、その分性能の割にお買い得な価格設定ですね。

スタンダードIH
日立 RZ−XC10M

IHタイプ・ふっくら傾向

特別な特徴があるわけではないのですが、時期によっては象印のVNよりも安いことも多いです。

象印のVNが内釜3年保証に対してこちらは6年と長くなっています。

✅内釜が丈夫なお買い得機種はないかしら
✅象印VNがない・高い時の候補はどれ?
こんな場合におすすめの商品です。

 

スチームが魅力的
日立 RZ−WV100M←イチ押し品

圧力スチームIH・ふっくらともっちりの間

もともと準高級機種の位置付けなだけになかなかの高性能なんですが、毎年型落ちが近づくとかなり値下がりするんですよね。時期によっては超お買い得です。リンクを張ったWVはすでに型落ちから時間がかなりたっておりアマゾンで驚きの価格です。
 

仕上げ・保温に有利なスチーム

こちらの機種では給水不要のオートスチーム機能を搭載しています。
内蓋が2重になっており、その間で水分を加熱しスチームを作ります。手間なく使えるのが嬉しいですね。

スチームの役割は主に2つあります。
①炊飯最後の”蒸らし”の行程でご飯をふっくらさせる
圧力炊きはご飯が潰れる場合があることは先ほどもお話した通りです。最後にスチームを投入することでふっくら仕上げます。

②保温時の乾燥を抑える
保温の時に定期的にスチームを出すことで、ご飯の乾燥や変色を抑えます。
 

丈夫で蓄熱性の高い打ち込み鉄釜

いくつもの種類の金属を打ち込んで作られた内釜です。内釜の金属と金属の間にごくわずかな隙間が残り、空気の断熱層が出来上がります。熱をしっかり閉じ込めて炊くということですね。
丈夫なのも特徴で業界最長内釜6年保証となっています。金属の中に空気が入っている分少し軽いという利点もあります。

このページに登場する機種の中では最高峰の内釜です。

 

お子様・家具に優しい蒸気カット構造

三菱の蒸気レス(出ない)とは別物で、蒸気カット(減らす)です。とは言っても、画像を見るとかなり効果があることがわかりますね。
蒸気でお子さんが火傷したり(時間によっては熱いです)、家具が湿気で傷んでしまうのを抑えてくれます。設置場所の選択肢も増えますね。

 

圧力・スチームの合わせ技

圧力でもっちりたいてスチームで仕上げる。保温もスチームで美味しさ長持ち。内釜も丈夫で6年保証と充実の内容となっています。

炊き上がりの傾向や性能は象印のBFに近いですね。内釜はこちらの方が丈夫な印象があります。

✅もっちりが好きだけどべたっとするのは嫌
✅保温をよく使う
✅蒸気がきになる
こんな場合におすすめの機種です。

 

おすすめベスト3

最後にまとめもかねておすすめベスト3を発表します。

おすすめ1位
象印 NP-BF10

✅広く好まれるもっちり目が得意
✅プラチナ内釜で旨味を引き出す
✅好みに合わせる細かな炊きわけ

シェアが高いこともあり1番安心の炊き上がりですね。まよったらこれという感じがします。象印の魅力が十分に発揮されたお買い得機種ではないかと思います。

 

おすすめ2位
日立 RZ−WV100M

✅スチームでふっくら・保温も得意
✅丈夫な内釜
✅蒸気カットで設置性も高い

総合力でいえばこの中ではナンバーワンではないでしょうか。炊き上がりは象印に比べやや好みが別れる気がします。それで2位にしました。

手頃な価格で準高級機の実力を手に入れられるハイコストパフォーマンス商品ではないかと思います。

 

おすすめ3位
三菱 NJ−VE107

✅炭コート内釜で旨味を引き出す
✅超音波給水で冷めても美味しい
✅固めが好みの方は意外と多い

パナソニックのHXとどっちを3位にしようか迷ったんですが、こちらの方が方向性がはっきりしているので上位にしました。

この価格で三菱の魅力である炭コート・超音波給水をしっかり採用しているのが決め手です。固めが得意のメーカーなので圧力炊きがないことがネックにならないこともポイントが高いです。

 

炊き上がり別おすすめ品

もっちりが好み→象印BF
ふっくらがこのみ→パナHX
しゃっきりが好み→三菱VE
いろいろ試したい→日立WV
このように選んでいただければいいかと思います。

以上お手頃価格の炊飯器のおすすめ品の紹介でした。最後まで読んでいただきありがとうございます。

中級・高級機種のおすすめ品はこちらで紹介しています。

【どのメーカーがいいの?】店員オススメ!炊飯器の選び方と各メーカーの特徴

炊飯器の種類とオススメ品を紹介。あなたの好みはもっちり?しゃきり? メーカーはどこがいい?機種の特徴は? 「ご飯は毎日食べるから、チョット奮 ...

続きを見る

トップページへ戻る

おすすめ記事

1

「省エネ型ってどれ?」 「なんでこんなに値段が違うの?」 「お買い得な機種は?」 エアコン選びって難しいですよね。他の家電だったら本体を見る ...

2

「洗濯機買うの初めてなんだけど、どうやって選んだらいいの?」 「久しぶりに洗濯機の買い替えなんだけど、今はどんなものがあるのかしら?」 そん ...

-炊飯器

Copyright© 白物家電ブログ , 2017 All Rights Reserved.