白物家電ブログ

最新生活家電で暮らしをもっと快適に!

冷蔵庫 家電コラム 家電の選び方

【店員必見】各メーカー出揃い!新型冷蔵庫の主要変更点まとめ【暗記必須】

更新日:

冷蔵庫の処分セールも最終盤を迎え、各メーカーの新型主力機種が出揃ってまいりました。

新型と旧型の違いはメーカーのサイトやカタログではなかなか解りづらいもの。
だからこそ、家電店の店員としてはここは抑えとかないといけないポイントですね。

そんなわけで、本日は自分のために各社主力商品の変更点をまとめてみることにしました。

スポンサーリンク

アドセンス336

 

日立

変更点① シリーズ統合

昨年のXシリーズ(プレミア電動ドア)とMシリーズ(ミラーガラス)が統合され、Xシリーズに一本化。
Xシリーズにミラー、グラデーション、新色のシャンパンゴールドを加え3色展開に。

Xシリーズは引き続き電動タッチオープンドア+電動引き出し。
Gシリーズは電動引き出し廃止に。

Xシリーズの例

Gシリーズの例

変更点② 潤い野菜室が更に進化。今年はスリープ野菜を新搭載。

日立のHPを読むと「野菜の呼吸による炭酸ガスが~~」なんて難しい説明が書いてあるんですが、要は”野菜を眠らせて老化を防ぐ”ってコトみたいですね。
映画で見るようなコールドスリープ状態ってコトですね?カッコいい。

 

変更点③ Gシリーズはやや機能ダウン

Gシリーズは電動引き出し廃止。フリー卵ケース別売りになってしまい、卵ケースはドアポケットの1箇所に。元々は高級プレミアムシリーズのGシリーズでしたが、今年はXシリーズが高級タイプ、Gシリーズが通常タイプの路線でいくのでしょうか?

気になる電気代は? (電気代値上がり後の基準で計算)
旧モデル RG5700D 年間消費電力量 190kwh/年
電気代 年間約5130円

新モデル RG5700E 年間消費電力量 180kwh/年
電気代 年間約4860円

うーん、省エネはもう頭打ち状態ですね。電気代は安いに越したことは無いですが、差は微々たる物ですね。

 

個人的な感想

Gシリーズのフリー卵ケースを無くすってのはいただけないですね。高級モデルなのにそんなところでケチるなんてどうかしてます。電動引き出しはどうなんでしょう?なくてもいいかな?

新機能のスリープ野菜室はケースのロックが必要で面倒かと思いきや、指一本でも開けられるくらい簡単に開き、野菜室を閉めれば勝手にロックされる親切設計。シャープとは違いますね。

デザイン面ではミラータイプのふちの色がシルバーからブラックに変わり、より引き締まった印象になりましたね。暗くて青みがかったガラスに黒い縁、今まで出一番カッコいいです。

 

パナソニック

変更点①シリーズ細分化

前年プレミアムモデルのXGシリーズは廃止。
スマホ連携を残し、パーシャルにアルミ皿が追加されたのがXPVシリーズ。
スマホ連携を無くし、パーシャルにアルミ皿が無いのがPVシリーズ。

XPVシリーズの例

PVシリーズの例

変更点②日立に続きパナソニックもミラーガラス採用

新たなラインナップXPVシリーズはオニキスミラーデザイン。

日立のミラーガラスのパクリではあるのですが、正直こっちのフルフラットのほうがカッコいいですね。

でもフルフラットだと壁ギリギリの設置はできませんのでご注意下さい。(角が四角いドアは開けたときに横に出っ張るんです。)

 

変更点③シャキシャキ野菜室

日立に続きパナソニックも野菜室を改良。とはいってもパナソニックは野菜室に湿度調節用のフィルターを追加しただけのようですね。

電気代は?
旧モデル NR-F568XG 年間消費電力量 200kwh/年
電気代 年間約5400円

新モデル NRF-560XPV 年間消費電力量 200kwh/年
電気代 年間約5400円

まったく一緒ですね。

個人的な感想

基本的にはミラーデザインが増えただけといった印象。

XPVシリーズのクイックパーシャルはアルミ皿があるってだけ。
シャキシャキ野菜室も湿度調節カートリッジをつけただけ。

大きな変更は無しですね。
デザインは個人的にナンバーワン。

 

三菱

JXシリーズ 

 

WXシリーズ(ガラスドア)

変更点①シリーズ増加

従来のJXシリーズに加えWXシリーズを追加。
JXシリーズとWXシリーズの違いは

WXシリーズ
ガラスドア。でもデザインがJXと変わらないことと、色合いのせいでガラスドアだと解りづらい。せっかくのガラスなのに残念。

動くん棚は廃止。替わりに真ん中の棚が左右で高さを変えられる様になってます。

wxシリーズの例

JXシリーズ
通常ドア。去年よりもフラットなデザインですっきりした印象。

JXシリーズの例

変更点②新機能氷点下ストッカー

JX,WXシリーズ共通の新機能。チルドルームの下に新しく氷点下室を追加。
まぁ、パーシャルみたいなもの。チルドと分ける意味はあるんでしょうか?

 

変更点③動くん棚廃止&位置変更

私の好きだった動くん棚は死んでしまいました。残念。

JXシリーズ
動くん棚は最上段のみ。一番上の棚の高さを変えられても、大きいものはしまいませんよ。
無理です。持てません。

しかも動くん棚を一番低い位置にすると、2段目との間隔が異常に狭いです。まず手が入りません。
動くん棚は”動かさないで一番高く”がこれからのスタンダード。さよなら動くん棚。

WXシリーズ
動くん棚廃止。うん、もういらないからね。無くて良いね。

電気代は?
旧モデル MR-JX61X 年間消費電力量 230kwh/年
電気代 年間約6210円

新モデル① MR-WX61Y 年間消費電力量 220kwh/年
電気代 年間約5940円

新モデル② MR-JX61Y 年間消費電力量 220kwh/年
電気代 年間約5940円

去年よりやや省エネ。WX、JXでの違いは無し。

 

個人的な感想

機能を増やしすぎて逆に使いづらいパターン。
冷凍 約-18℃
切れちゃう瞬冷凍 約-7℃
氷点下ストッカー 約0~-3℃
チルド 約0~2℃

「最適な温度で冷やしておいしさ長持ち!」って誰がいったいわかるんだろう?
しかも、氷温室を増やしたせいで、全ての部屋・棚が狭い
まず冷やすべきはあなたの頭ですよ、三菱さん。来年頑張って下さい。

 

 東芝

変更点①マジック大容量 (FVシリーズのみ)

三菱のスマート大容量と一緒です。
605Lで幅68.5㎝ (去年幅75㎝)
555Lで奥行き69.9㎝ (去年奥行き73.5㎝)
508L、458Lで幅65㎝ (去年幅68.5㎝)
ということで設置性がアップしています。

FVシリーズの例

FXシリーズの例

変更点②冷蔵室の棚にガラス棚採用 (FX、FV共通)

ガラス棚は見た目の高級感アップだけでなく、汚れもふき取りやすく清潔性アップ。

 

変更点③電動オープンガラスドア (未発売のFVシリーズのみ)

ガラスドアで初の電動オープン採用。物理ボタンではないので反応が良いか不安でしたが、先に発売されたGRH-43GXVで試した限りではかなり精度は高いですね。

今年の電動オープンはタッチ部分を押している間はドアは開かず、手を離してから開くようになりました。
電動オープンドアに手を押し返される危険が減りましたね。

電気代は?
旧モデル GR-G56FXV 年間消費電力量 200kwh/年
電気代 年間約5400円

新モデル① GR-H560FV 年間消費電力量 未定

新モデル② GR-H56FX 年間消費電力量 210kwh/年
電気代 年間約5670円

東芝はFXとFXで電気代に微妙に差が有りますね。本体に価格差を考えると微々たるものですけど。

個人的な感想

FXシリーズはガラス棚になっただけですね。

FVシリーズが未発売のため詳しいことはこれからなんですが、ガラス電動オープンは”これぞ高級モデル”って雰囲気でなかなか良さそうですね。

クラウドに接続でサポートを受ける機能はいらない気はしますが、故障時のトラブル診断・修理依頼までトータルで見てくれるならアリかもしれません。今後に期待ですね。

 

シャープ

変更点①シリーズ増加

従来のGFシリーズに加え、メガフリーザー搭載のGTシリーズが登場。(未発売)
未発売の上シャープの製品HPもショボイので、詳細不明。野菜はどーするのコレ?

GFシリーズの例

GTシリーズの例

変更点②GTシリーズに新機能”新鮮極み冷凍”

申し訳ありません。上と同じ理由で詳細不明です。解り次第書き直します。

電気代は?

旧モデル SJ-GF60Y 年間消費電力量 240kwh/年
電気代 年間約6480円

新モデル SJ-GF60A 年間消費電力量 220kwh/年
電気代 年間約5940円

若干省エネになってますね。でもGF50YとGF50Aだと、190kwhから220kwhへ電気代が高くなっています。

なんででしょうね。新鮮極み冷凍の影響かと思いましたが、GFには新鮮極み冷凍はありませんでした。
解り次第書きます。

個人的な感想

シャープの紹介だけ短いのは決して手抜きじゃないですよ。情報がまだ無いんです。
もう少しお待ち下さい。

新シリーズのGTはどうなんでしょう?やっちゃった感が半端無いです。
でも、もしかすると潜在的な需要はあるかも。

それにしても何で501Lと474Lの2ラインナップなんでしょうか?サイズが近すぎます。

さていかがでしたか?各社の変更点をご覧いただきました。

全体として大きな変更店は少ない年ですね。
順調にモデルチェンジしたのが東芝FV、日立。
頑張り過ぎてこけたのが三菱。
ほぼ変更無しのパナソニック。
こけそうなのに、全力で走ってるのがシャープって感じですかね。

家電店スタッフのかたは要チェックの記事でした。
指摘や意見など有りましたら、コメント頂けると幸いです

アドセンス336

アドセンス336

-冷蔵庫, 家電コラム, 家電の選び方

Copyright© 白物家電ブログ , 2017 AllRights Reserved.