白物家電ブログ

最新生活家電で暮らしをもっと快適に!

冷蔵庫 家電の選び方

【冷蔵庫比較】日立の良さはもう解った!それで他のメーカーはどうなのよ?

更新日:

はい、本日はタイトルの通り「日立の冷蔵庫が良いのか?それとも他を選んだらいいのか?」
メーカーごとに比較していきたいと思います。

日立冷蔵庫の人気は衰える様子はありませんが、冷蔵庫は1度買ったら10年は使うもの。
「他にもあるなら、そっちも知りたい」と思うのが人情ですね。

そこでメーカーごとにお客様にオススメのポイントを紹介していきます。
※ 2015年4月9日 現行機種に合わせて記事を修正しました

スポンサーリンク

アドセンス336

まず始めに、おさらい”日立冷蔵庫のここがスゴイ”

詳しくは以前の紹介記事
①高さかわるん棚で冷蔵室内の棚の高さを調整できる。お鍋やペットボトルの収納もOK。
②冷凍室3段収納で、冷凍ものを整理整頓。
③選べるデザインで、キッチンにあわせた冷蔵庫選び。
④真空チルドで、生鮮食品もおいしく保存。
⑤スリープ野菜で新鮮保存 ←NEW!

こんなところですね。この4つの特徴に魅力を感じる方は日立がオススメ。

例えばこの機種がオススメ

ではそれ以外のメーカーと比べてみましょう。

スポンサーリンク

アドセンス336

 

こんな方にはパナソニックがオススメ!

冷凍室、野菜室が広くて使いやすい冷蔵庫がほしい。

パナソニックはワンダフルオープン機構で引き出しを全開まで開けることができます。
奥のほうに入れた食材も見やすいですね。
また、トップユニット方式の採用で冷凍室、野菜室がとっても広いんです。
img01_2ワンダフルオープン  img02_2

トップユニット方式

冷蔵庫の上の段は届かないから、少し背が低い冷蔵庫がほしい。

冷蔵庫の1番上の棚の奥の方って、女性の方は特に届きづらいし、見づらいですよね。
パナソニックは少し背の低いタイプもラインナップしてますので、上の段まで届きやすいですよ。

しかも、トップユニット方式なので届きづらいスペースをわざわざ残しておかずに冷却機を配置。
冷蔵庫上部の使いづらいスペースを無くして、冷凍室野菜室を広くしているんですね。

野菜の鮮度が長持ちの冷蔵庫がほしい。

冷蔵庫業界のトレンドは鮮度長持ち保存。
日立とパナソニックは今年から、野菜の鮮度長持ち機能を搭載しています。

省エネによる電気代の削減はもう頭打ち状態。
減らせる部分は”食材の廃棄”。「長持ちさせて捨てる分を減らしましょう」が今のトレンドです。

日立と比べると パナソニックvs日立

・冷蔵室はやっぱり日立が使いやすい。
パナソニックの冷蔵室は棚の高さがほとんど変えられません。棚を外すことはできますが、棚が丸々1段減ると置ける面積がぐっと減ってしまいます。半分だけ棚の高さを変えられる日立が有利。

・優れもののトップユニット方式 弱点は運転音
冷蔵庫も僅かながら、運転音があります。日立 パナソニックの2社の運転音は大体同程度なんですが、トップユニット方式であるパナソニックは冷却機の位置が耳の高さに近いため、音が聞こえやすくなってしまうんです。

・引き出しは互角
トップユニット+ワンダフルオープンで広く使いやすいパナソニック。
冷凍室3段収納で整理整頓日立。

結論 引き出しのパナソニック。買い置きが多い方にオススメ!

例えばこの機種がオススメ

 

こんな方には三菱電機がオススメ!

料理の準備が楽になる冷蔵庫がほしい。

三菱最大の武器”切れちゃう瞬冷凍”は料理の下ごしらえ、作り置き、お弁当作りにも大活躍。
おいしく冷凍、便利に使える。忙しいあなたにオススメの機能。
index9
切れちゃう冷凍で忙しい朝にもおいしいお弁当作り。  index1

カレーなんかもジャガイモがスカスカにならずおいしく冷凍できます。

飲み物がおいしく飲める冷蔵庫がほしい。

三菱冷蔵庫の製氷機能は最強です。吸水経路が全て外して洗えるのは三菱だけ。(AQUAなんて知りません)
三菱冷蔵庫は、どんなミネラルウォーターでも氷を作います。

通常ミネラルウォーターを使用する場合、硬度100以下と指定が入ります。これは水のなかのミネラル分が吸水経路に付着して、汚れや詰まりの原因となるからなんです。

でも、三菱なら吸水経路を全て外せるのでどんな硬度のミネラルウォーターも使えます。
しかもドアポケット底面に通気用の穴が空いているので、冷気がしっかりドアポケット下段まで届き飲み物までしっかり冷やしてくれます。これって実は三菱とシャープだけなんです。

設置場所は限られているけど、できるだけ大容量の冷蔵庫がほしい。

三菱のスマートキューブ技術ですっきり置いて、大容量を実現。
簡単に言うと壁が薄いので、本体の箱の大きさが一緒なら三菱のほうが中が広いってことです。

限られたスペースで、より多くの食品を収納できる。
日本の住宅事情を考えると、結構大事なことだと思います。

日立と比べると 三菱vs日立

・冷蔵室は互角
日立の”高さかえられるん棚”に対して三菱の”動くん棚” ネーミングセンスもどっこいどっこい。
日立のほうがレイアウトが大きく変わり、背の高いもの向き。
三菱は高さはそんなに変わらないけど食品を乗せたまま動かせるので楽。後チョットの調節向き。

・冷凍技術は三菱最強
切れちゃう瞬冷凍はとっても便利。家庭用冷蔵庫で過冷却現象を利用した冷凍は三菱だけ。
でも切れちゃう瞬冷凍は小さい引き出しだけ。普通の大きい引き出しは、3段の日立が便利。

・収納量も三菱
スマートキューブでコンパクト大容量。でも設置スペースがギリギリでない限り勝負の分かれ目にはならないですね。

結論 技術力の三菱。冷凍、製氷は他の追随を許さない。
切れちゃう冷凍は作り置き派のあなたに必ず役立ちます!

例えばコレです!

 

こんな方には、東芝冷蔵庫がオススメ!

冷凍よりも野菜重視の冷蔵庫がほしい。

東芝冷蔵庫”べジータ”名の通り野菜の保存は東芝で決まり!
高湿度保存で野菜の鮮度長持ち。野菜の敵は乾燥なんです。
cont2_01_img     cont2_02_img

ちなみにこの”べジータ”は二つの冷却機を搭載しています。
通常冷却機は1つ。冷気を一箇所で作り、各部屋に届く冷気の量を調節することで、温度を調節しているのです。

この方式ですと温度のムラが出やすい為、冷えすぎたときに食品が傷んでしまうんですね。
それがこのべジータなら、冷凍・冷蔵それぞれ専用の冷却機を配置。
温度を上手に管理して保存するので、新鮮長持ちなんですね。野菜だけでなく冷蔵も長持ちなんです。

真ん中野菜室の冷蔵庫がほしい

そして更に野菜のお話なんですけど、大型冷蔵庫で真ん中野菜室は東芝だけ。(今のところ)
引き出しが上下あれば、上の段の方が当然出し入れしやすいわけですね。野菜重視の方は上が野菜の東芝に決まりです。

今使っている冷蔵庫が”真ん中野菜室”の場合、そのままの配置の方が使いやすいですよね。
そのままの配置が良い場合は東芝を選べばOK!

余談ですが、パナソニックが新たに真ん中野菜室の冷蔵庫を発表したようですね。
シニア向け家電シリーズ「Jコンセプト」なんだか流行らなそうな予感です。

日立と比べると 東芝vs日立

・冷蔵室は東芝僅かに有利
2つの冷却機採用で、温度管理が上手い東芝は冷蔵も得意。しかしどちらも高湿度保存で、おいしさ長持ち。
真空チルドは大変優れておりますが、あの小さなお部屋だけなので若干東芝有利ですかね。甲乙つけがたいですけど。

・野菜室はやや東芝有利
日立もスリープ野菜が有りますので、かなり良い勝負です。
ただ、東芝の方が野菜室にはこだわっていますよ。書くと長くなるので省略しますが・・

・製氷室は日立
東芝は真ん中野菜の為、製氷室がかなり下のほうにあります。

使用頻度は野菜のほうが多いでしょうから、下が製氷室でも問題ありませんが吸水経路が長いこと長いこと。パイプは外して洗えるんですが、こんな長いパイプどうやって中まで洗うの?

結論 とにかく野菜なら東芝。一点特化が清々しい。
おいしいサラダを食べたい、健康志向のあなたにぴったり!

オススメはコレ!

 

こんな方にはシャープ冷蔵庫がオススメ!

冷蔵庫を開けるとなんか独特の臭いがする、消臭力の高い冷蔵庫がほしい。

pc_logoプラズマクラスターはシャープだけ。プラズマクラスターで冷蔵室、野菜室を除菌消臭。
わざわざ冷蔵庫用の消臭剤を買わなくてもOKです。でも最近の冷蔵庫はみんなそうなんですけどね。

ホントに効果あるの?って思う方もいるんじゃないでしょうか?
除菌は目には見えませんので、実感しにくいですが、消臭はすぐに効果が感じられるくらい効き目がありますよ。

安くて良い冷蔵庫がほしい。

シャープの冷蔵庫は正直そんなに人気が有りません。それはメーカーさんも重々承知。
他のメーカーよりも比較的低価格で、細部にこだわって作っているのがシャープです。

細かい特徴になるんですが、一部ご紹介。

①ドアポケットに穴があいているのは三菱、シャープだけ。
先ほどもお話した通りです。
②冷凍室、野菜室のボックスが1番四角い。これちょっと解りづらいですね。図で解説。
ke-suこのようにシャープのほうが収納力が高いのです。

じゃあなぜ他のメーカーがこうしないのかというと、ケースが正方形に近いと重ねてもかさばってしまうので輸送コストが高くなってしますからですね。台形だと重ねた場合大分高さが減らせます。

③センターピラーレスで開け閉めしやすく、ドアポケットが広い。
観音開きの冷蔵庫は左のドアの裏側に、ばたばた動く細い棒が付いています。扉を閉めたときの隙間をふさぐためのものなのですが、ここを持って開けることはできません。

横から扉をつかんでしまうと、センターピラーが固定されドアが開きません。慣れの問題ですけど、きちんと持ち手部分を持たなくてもシャープなら開きます。しかもセンターピラーがない分ドアポケットも少し広くなります。

と、このように細部にお金を掛けて作られているんですね。

日立と比べると シャープvs日立

・冷蔵室は日立やや有利
日立の高さかえられるん棚に似た作りのシャープ(ガラスドアシリーズのみ)。
脱臭ならシャープ。真空チルドなら日立。鮮度モチは日立やや有利。

・野菜室はシャープ有利
シャープの潤い保存&プラズマクラスターで野菜の保存はややシャープ有利。でもシャープの野菜室は上のケースをいちいちロックしないといけないので面倒ですね。

・細かい気遣いはシャープが得意
地味ですが使いやすい作りのシャープ。でも本当に地味な機能ばかりなのでインパクトが無い。
いぶし銀的、無口な職人さんのような冷蔵庫ですね。

結論 地味だけど意外と良いぞシャープ。安くて良い冷蔵庫ならシャープ。

コレが結構使いやすい!

 

まとめ

ここまで日立対主要4社で比べてきました。
どのメーカーにもきちんと良さがあるんですね。

たくさんあって悩んじゃう方もいるでしょうから最後に選び方のアドバイス。

売れ行きランキングや口コミなど様々な情報が簡単に手に入る昨今ですが、結局は自分がほしいものをかうのが1番です。

特に希望の機能や条件が無ければランキングなどを参考にするのも良いですが、今の冷蔵庫に不満がある方は、その不満を解消できるような冷蔵庫がいいでしょう。

例えば、冷蔵庫のニオイが気になって買い替えを検討中だとします。

「なんかシャープが良さそうだけど、人気が無いから他のメーカーのほうが良いのかなぁ?」
なんて思う方は多いでしょうがお客様がシャープに魅力を感じたのなら、それを覆せるほどの他メーカとの差は有りません。

どのメーカーも大体おんなじ性能です。90パーセントは一緒です。上の説明はあとたった10パーセントの違いでしかありません。

気に入ったものを選んでいただくのが1番です。お金を払うのはお客様です。

店員の意見を無視して好きなものを買ってもいいんですよ。でも、悩んだときには、われわれ売り場スタッフにご相談ください。
それではまた。

追記
新型冷蔵庫も発売され大きく性能が変化しています。ご紹介は以下のリンクからどうぞ。

 【店員必見】各メーカー出揃い!新型冷蔵庫の主要変更点まとめ【暗記必須】

最新の冷蔵庫人気ランキング【楽天】を追加しました。

アドセンス336

アドセンス336

-冷蔵庫, 家電の選び方

Copyright© 白物家電ブログ , 2017 AllRights Reserved.