炊飯器

「高い、が確かに旨い」東芝炊飯器の最高傑作RC-10ZWHがかまどを超えた!?

更新日:

パナソニックのSR-SPX104がついに生産完了ですね。
大人気の機種だっただけに残念です。

新型の性能も気になるところですが、発売はまだまだ先になりそうです。

そんな中満を持して登場したのが東芝RC-10ZWH。
ちょっと大げさなタイトルにしてみましたが、本当に良い出来です。

 

気になる特徴を順番に見ていきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス336

なんといっても釜がスゴイ!

f35a8295325a51edc5a5ed236724b073_s画像はイメージです

かまどを再現!備長炭羽釜

RC-10ZWHでは東芝初となる羽釜を採用しています。
上の画像の様な胴体に輪っか状の羽が付いているから羽釜ですね。

羽釜が採用された理由は”大火力”の維持。
本体からの熱(電磁誘導)を羽の部分がしっかりキャッチ。

家庭用のコンセントで得られる限られた電気をしっかりとお米に伝えることが出来ます。
”強火で炊くとおいしい”は昔から知られていますよね。

しかもRC-10ZWHは底面7mmの厚釜なので、キャッチした熱を逃さずにお米に伝えます。
持ってみると、ずっしりと重いです。

内釜は重い方がいい。これも良く聞くフレーズだと思います。
実際にはただ重ければいいってことではないんですが、まぁ同じ素材同士なら重い方が良いですね。

重い=厚い=蓄熱性が高い
こういうことです。

釜の深さも普通じゃない!!

画像を見るとお分かり頂ける通り、内釜がすごく大きいというか深いんです。

実はこれも大火力の維持のためなんです。
内釜が小さいと大火力で沸騰を維持したときに吹きこぼれてしまうんでね。

屋外でかまどを使って炊くならいざしらず、キッチンで炊飯器から吹きこぼれては手入れが大変です。
というか、使い物になりませんね。

ですから、これまでの炊飯器は吹きこぼれる前に火力を落とし、吹きこぼれるのを防いでいたんです。
それが、今回非常に深い内釜を採用することで、連続沸騰、連続加熱を実現しているんです。

強火で炊くとおいしい
基本に徹底的に忠実に作られた炊飯器ということですね。

深さだけじゃない。丸みが重要!

もう一つ内釜の形状のお話です。

なんだか丸っこい内釜だと思いませんでしたか?
これもかなり重要なんです。
内釜が丸いことにより沸騰の対流がしやすくなり、ムラなくおいしく炊くことが出来るんです。

しかも底面にはwave加工(凹凸が有る)がしてあり、さらに対流がしやすくなっています。
スゴイこだわりですね。

 

炊き方は圧力炊き

こちらのRC-10ZWHは圧力炊きを採用しています。
今の炊飯機の主流といえる炊き方ですね。

圧力炊きって?

ご存知の方も多いと思いますので、ざっくりと説明します。

圧力炊きは沸騰中に釜を密閉し、圧力を上げて炊く方法です。
圧力鍋と一緒ですね。

特徴は、もちっと粘りの有る炊き上がりです。
日本人の最も好きな食感をあらわす言葉。それは”もちもち”です。

ご飯がパサパサだと日本では嫌われる傾向にありますよね。
モッチリした食感を売りにした食品も数多く販売されています。

固めが好きなんだけど?

圧力炊きはどちらかというと柔らか目の食感になりやすいです。
ですが、ご安心下さい。

こちらのRC-10ZWHにはなんと普通の炊飯だけで4種類の炊き分け機能があります。
しゃっきり・ややしゃっきり・ややもちもち・もちもちから選ぶことが出来ます。

そして、オススメのコースはなんと”ややしゃっきり”です。
圧力を強くかけなくても大火力のパワーで、旨みを充分に引き出せるんですね。
だからこそ”ややしゃっきり”をオススメしているんではないでしょうか。

 

東芝だけの真空炊き!

圧力炊きっていうのはたくさん有りますし、聞いたことがある人も多いと思います。

その逆の真空って言うのは一体何なんでしょう?

お米をお水につけて一晩置いておく

8d3e756a1c2db5ce9b7f0640810b5342_s

実践している方もいるんじゃないでしょうか?
夜の内にお米をといで、一晩お水につけておき、次の日の朝炊く。

これはお米にお水を充分に吸わせ、おいしく炊くためなんです。
普通の炊飯器は炊くのに大体40分程度かかりますが、最初の20分は実はただお米に水を吸わせているだけなんです。

早炊きを使うとその吸水のための20分を省略して、いきなり炊き始めるので硬めに仕上がります。
わざわざ時間をかけてでもお米に水を吸わせた方がおいしく炊き上がるんです。

真空ならたった20分で一晩水につけたのと一緒!

そこで登場するのが真空の力です。
真空は圧力とは逆に、炊飯器のなかの空気を抜いて気圧を下げます。

するとお米の中から空気が抜けて、お水が入っていくんです。
これで、たった20分で、一晩お水につけたのと同等の吸水状態になります。

手軽においしく炊くことが出来る”真空炊き”は間違いなくオススメ機能です。

真空で保温も得意

真空がもう一つ活躍する場面が保温です。

せっかくおいしく炊けたのなら、なるべくおいしい状態をキープしたいですよね。
そんなときに効果を発揮するのが真空です。

炊飯器内の空気を抜いて、保温による乾燥や変色を抑えます。
真空保温はとっても優秀で、なんと最大40時間も保温可能です。

普通の炊飯器の保温時間の上限は12時間です。
なんとその3倍以上の時間を保温しておくことが出来るんです。

さすがに40時間保温すれば多少乾燥や変色はします。
普通の炊飯器の12時間保温と真空保温の40時間で大体同じ程度の劣化です。
これってすごくないですか?

 

かまどVS東芝RC-10ZWH 試食

東芝さんもよほど自信があるのでしょう。
お店にわざわざかまどと炊飯器をを持ってきて、食べ比べをさせてくれました。

56afadaf2ec38f55a1b28d08bb6dbde0_s

 

こんなやつを持ってきて、外で炊いてました。
かまどを置く土台の部分も業者の人が来て1時間くらいで組み立てていましたね。
消防署にも許可をもらったと言っていましたので、なかなか手間がかかっています。

で、食べ比べてみたんですが

最初に頂いたのはかまどで炊いた方
・さすがにおいしい
・ふっくらしている
・自然な甘みと食感
・木のふたのおかげか、ぬか臭さがなく香りもいい

期待を裏切らないおいしさ。おこげも出来ていておいしかったです。

で、次に頂いたのが東芝RC-10ZWHで炊いた方
・衝撃!!同じくらいおいしい
・おねばがきちんと戻されており、旨みのコーティングがされている
・炊きムラは全然なし
・表面に粘りと旨みあり、中はややしゃっきり

かまどに敵うわけなんて無いと思っていたので、びっくりだったのですが本当においしい。
しかもムラのない炊き上がり。

かまどで炊いた方は上の方はややビショっとした食感。
それでいて、底面はおこげが出来るほどしっかり炊けている。というか炊けすぎている。

あれほどおいしいと思ったかまどのご飯が、東芝の炊飯器を食べた後だとムラがすごく気になりました。
結果的には東芝がやや有利な印象。

私だけでなくほかのスタッフの評価も大体同じような内容でした。

かまどのご飯はおいしいです。
でも、かまどの組み立てから炊き上がりまで3時間以上かかっていました。
東芝なら約50分で同じくらいおいしいです。しかも失敗がありません。

 

最高の一膳を目指す!

ここからはちょっと番外編。

この炊飯器を買ってもいい!
そう思った方はかなりご飯にこだわりがある方でしょう。

そこで本当においしいご飯を目指す方法を考えてみたいと思います。
究極の一膳みたいな。

まずは水

おいしいご飯に欠かせないのがおいしいお水。

こちらのサイトなら色々なお水を比較することが出来ます。
【水比較ナビ】人気のウォーターサーバーがすぐわかる

重たいお水を届けてくれるのはありがたいですね。
定期購入なら注文し忘れもありません。

1回だけなら、ペットボトルで買ってきてもOK。

オススメはこれ。キリンのアルカリイオンの水。
アルカリ性はお米の旨みを引き出すと言われています。

大事なのはこれでお米を研ぐこと。
もちろん炊くときにも使いますが、お米が一番水を吸うのは最初に水につける洗うときです。

もったいない気もしますが、最高の一膳のために惜しまず使います。
ぬか臭さがお米に戻らないように手早く研ぎましょう。

そしてお米

おいしいお米はたくさんありますが、やっぱり王道はコシヒカリ。

程よい粘りの強さ、程よい硬さはこの炊飯器にぴったりですね。

なかでも魚沼産はやっぱりおいしい。
この炊飯器と一緒ですね。「高い、が確かに旨い」

ごはんだけでおいしい。でも・・・

おかずがなくてもこの炊飯器で炊いたご飯はおいしかったです。
「これだけで充分。」そう思いました。

ですが、ここで東芝さん。
何種類かお漬物を用意してくれていたんです。

「何これ!うまっ!!おなか裂けるまで食べたい!」
ご飯とお漬物 最高です!!

シャッキリめのご飯には甘めのお漬物よりも、さっぱり系のほうが合う気がします。
かずのこ、うに、わさび。大人の味ですね。

他にも”ご飯の友”はたくさん有りますが、争いが起きる可能性があるので一個だけのご紹介にしておきます(笑)。

RC-10ZWHまとめ

またしても長い紹介になってしまったので、まとめは1文で終わらせます。

これが一番おいしく炊ける炊飯器です。

以上です。最後まで読んでいただきありがとうございます。

「家のご飯が一番旨い」RC-10ZWHを

アドセンス336

アドセンス336

おすすめ記事

1

「省エネ型ってどれ?」 「なんでこんなに値段が違うの?」 「お買い得な機種は?」 エアコン選びって難しいですよね。他の家電だったら本体を見る ...

2

「洗濯機買うの初めてなんだけど、どうやって選んだらいいの?」 「久しぶりに洗濯機の買い替えなんだけど、今はどんなものがあるのかしら?」 そん ...

-炊飯器
-

Copyright© 白物家電ブログ , 2017 AllRights Reserved.